新着記事

室内の「隠れダスト」に要注意! 花粉症患者の約7割がオフィスでも花粉症の影響を体感している

春が近づいてくると、花粉症の方々は憂鬱な気分になるのかもしれません。ソフトバンクロボティ…

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

高齢者ほど薬効成分が効きやすい理由ポリファーマシー(多剤服用)という言葉が知られるようになり…

『拳銃(コルト)は俺のパスポート』

ニヒルでハードボイルドな宍戸錠=エースのジョー|『拳銃(コルト)は俺のパスポート』【面白すぎる日本映画 第39回】

文・絵/牧野良幸宍戸錠さんが今年の1月に亡くなった、享年86歳だった。宍戸錠さんの死…

加齢により減少する唾液の分泌量を増すセルフケア|『ずっと健康でいたいなら唾液力をきたえなさい!』

免疫力の強い身体をつくる「唾液力」の鍛え方

文/鈴木拓也「唾液の役割とは?」と聞かれたら、大半の人は「食べ物に含まれるデンプンを…

「ミニ水筒」が大ブーム! 愛用者たちが選ぶ人気の「水筒」タイプは?

最近はペットボトルではなく、水筒を持ち運ぶ人が増えてきました。そこで、マイボイスコム株式会社…

チャーリー・パーカー『The Complete Dean Benedetti Recordings Of Charlie Parker』

録音技術の進歩はジャズを変えはしなかった【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道42】

文/池上信次前回紹介したSPレコードの「3分しばり」ですが、正確には「再生メディア」の限界が…

江戸・東京の粋を体験・感性を磨く「ものづくりのまち」台東区へ《プレゼントあり》[PR]

台東区は日本の伝統技術が今も息づく街だ。中でも有名なのは、下町情緒が残る…

医師206名に聞いた「新型コロナウイルス」対策と予防法

新型コロナウイルスの流行に伴い、マスク不足が問題になっています。医師人材総合サービスを提供す…

白菜と春雨の中華炒め

【管理栄養士が教える減塩レシピ】甘みを感じる「旬の白菜」をたっぷり使ったご飯が進むおかず2品

写真・文/矢崎海里鍋の具材として大活躍の白菜。年中出回っていますが、11月~2月に旬を迎…

ドクターエルCC|骨盤を立たせて疲労軽減。ほどよい硬さが心地よい

運転姿勢を整える用品。シートに敷くタイプで、近年主流の背もたれや座面の「ヘリ」が高いバケット…

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

切手

  1. (左)青色の2ペンス切手、(右)赤色の1ペニー切手。青と赤の2枚が展示されているのは世界でもブルーペニー博物館のみ。  

    世界最高額の幻の切手「ブルー・モーリシャス」に秘められた驚きの歴史とドラマ

         

    文・写真/永井葉子(モーリシャス在住ライター/海外書き人クラブ)「ブルー・モーリシャス」は切手マニアなら誰もが知る幻の世界最高額の切手。切手収集家の間ではその希少さ、美しさ、重要性の点で切手界のピラミッドの頂点に立つことから、切手界のレ…

  2.  

    羽生結弦ファンには見逃せない!感動のシーンが切手になって登場!

         

    2018年9月18日より全国の郵便局で、羽生結弦選手の2014-15~2017-18シーズンの活躍が…

  3.  

    浮世絵も寺社も仏像も!「日本美術もの切手」特選ギャラリー

         

    昭和22年、逓信省(現総務省、日本郵政)は切手の美術的、文化的価値を広め、切手蒐集の普及を図るべく「…

  4.  

    美術史家・山下裕二さんが語る「切手収集」にハマった理由

         

    談/山下裕二(美術史家)僕は昭和33年(1958)の生まれなので、切手がブームを迎えていたの…

  5.  

    懐かしい切手の魅力にどっぷりひたれる!訪ねてみたい3つの「切手の博物館」

         

    『サライ』2月号の特集は「『切手』に再会」。多くの人が少年のころ夢中になったであろう切手の魅力に改め…

  6.  

    御朱印集めの次はこれ!? 旅行の記念に集めたい郵便局の「風景印」とは

         

    取材・文/山内貴範切手の再使用を防ぐため、郵便局で押される消印。ひと口に消印といっても様々な…

  7.  

    切手は未使用より「使用済み」が面白い!蒐集家に珍重される「エンタイア」とは何か

         

    取材・文/山内貴範切手蒐集のジャンルの一つに、「消印集め」がある。消印とは、切手の再使用を防…

  8.  

    気の遠くなるような執念の作業!「龍切手のシート復元」達成した切手蒐集家の情熱

         

    出版輸送株式会社会長の手嶋康さん(79歳)は、日本屈指の切手蒐集家だ。1万点をゆうに超えるコレクショ…

  9.  

    ご対面に蒐集家も興奮!100円切手の“銀鶴”の本物に会える「春日大社 千年の至宝」展

         

    写真・文/山内貴範黒っぽい“鳥”が描かれた100円の普通切手。オフィスや家庭に届く郵便物で、誰も…

  10.  

    サライ2月号は作家「藤沢周平」と「切手」の2大特集です

         

    今号は、ことし没後20年となる作家「藤沢周平」の人物特集に、懐かしの「切手収集」の趣味特集を…

PAGE TOP