新着記事

尾戸焼の酒器セット|酒を愛する土佐人たちの宴を盛り上げる伝統の酒器

尾戸焼は約350年前、土佐藩の藩窯に創始した。江戸時代には四国・土佐の国焼きとして広く知れ渡…

アクセサリーソケットを活用

車内でアロマテラピーから炊飯までできる、アクセサリーソケット活用術【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

写真・文/鈴木珠美車内にあるアクセサリーソケットは、車内環境を快適に楽しくするもの。アクセサ…

ダイエット

「食事制限ダイエット」で目標を達成した人が明かす成功の秘訣

高齢化社会を迎えている現在、ダイエット、健康食品・サプリメント、運動など、健康志向は高まるば…

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

現代においてリーダーに求められる資質は旧来とは異なってきている。現代のリーダーには「EQ」が…

イニシャル入りロックグラス|いつもの一杯を極上の一杯にするマイグラス

オンザロックの氷がカランカランと心地よく響くクリスタルガラス。その涼やかな音はウイスキーの味…

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

文/印南敦史「定年後にはあれをしよう、これをしよう」と、いろいろ思いをはせるのは楽しい。しか…

【家事に関するアンケート調査】普段行う家事で女性より男性の方が上位なのは「ゴミだし・分別」「風呂掃除」など。

30代から50代の女性の6割以上が日常の家事を負担に感じている

最近では家事を積極的に行う男性も増えているといいます。マイボイスコム株式会社(https…

オーダースーツ

経営者はなぜ「オーダースーツ」を着るのか?

人が視覚から得ることのできる情報は全体の55%といわれており、第一印象の良し悪しに関しては出…

BLACK LAGOONラベル シングルモルト・ウイスキー|9月19日12:00 発売開始!

架空の犯罪都市ロアナプラを舞台に、二挺拳銃の異名をとって大暴れするいい女。『月刊サンデーGX…

マイルス・デイヴィス『クッキン』

「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道24】

文/池上信次第24回ジャズ・スタンダード必聴名曲(14)「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」…

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

切手

  1.  

    羽生結弦ファンには見逃せない!感動のシーンが切手になって登場!

         

    2018年9月18日より全国の郵便局で、羽生結弦選手の2014-15~2017-18シーズンの活躍がフレーム切手セットになって登場!「羽生結弦 2014-15シーズン~2017-18シーズンメモリアルフレーム切手セット」(株式会…

  2.  

    浮世絵も寺社も仏像も!「日本美術もの切手」特選ギャラリー

         

    昭和22年、逓信省(現総務省、日本郵政)は切手の美術的、文化的価値を広め、切手蒐集の普及を図るべく「…

  3.  

    美術史家・山下裕二さんが語る「切手収集」にハマった理由

         

    談/山下裕二(美術史家)僕は昭和33年(1958)の生まれなので、切手がブームを迎えていたの…

  4.  

    懐かしい切手の魅力にどっぷりひたれる!訪ねてみたい3つの「切手の博物館」

         

    『サライ』2月号の特集は「『切手』に再会」。多くの人が少年のころ夢中になったであろう切手の魅力に改め…

  5.  

    御朱印集めの次はこれ!? 旅行の記念に集めたい郵便局の「風景印」とは

         

    取材・文/山内貴範切手の再使用を防ぐため、郵便局で押される消印。ひと口に消印といっても様々な…

  6.  

    切手は未使用より「使用済み」が面白い!蒐集家に珍重される「エンタイア」とは何か

         

    取材・文/山内貴範切手蒐集のジャンルの一つに、「消印集め」がある。消印とは、切手の再使用を防…

  7.  

    気の遠くなるような執念の作業!「龍切手のシート復元」達成した切手蒐集家の情熱

         

    出版輸送株式会社会長の手嶋康さん(79歳)は、日本屈指の切手蒐集家だ。1万点をゆうに超えるコレクショ…

  8.  

    ご対面に蒐集家も興奮!100円切手の“銀鶴”の本物に会える「春日大社 千年の至宝」展

         

    写真・文/山内貴範黒っぽい“鳥”が描かれた100円の普通切手。オフィスや家庭に届く郵便物で、誰も…

  9.  

    サライ2月号は作家「藤沢周平」と「切手」の2大特集です

         

    今号は、ことし没後20年となる作家「藤沢周平」の人物特集に、懐かしの「切手収集」の趣味特集を…

PAGE TOP