新着記事

スタンダードの「供給源」|ブロードウェイ・ミュージカルとグレイト・アメリカン・ソングブック【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

ブロードウェイ・ミュージカルの名曲をジャズマンが演奏する理由【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

食の安全。自分の身を自分で守るためには|『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』

危険な食品添加物から自分の身を守る|『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』

お葬式の費用は半数が100万円から200万円以下

わからないことだらけのお葬式の費用|約5割が「一般葬」で100万円から200万円払っている!

自宅で焼酎パーティを開きたくなる美濃焼の焼酎サーバー

東京の伝統工芸の魅力を発信!『進化する粋 東京手仕事展』日本橋三越本店で開催中

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みずみずしい新生姜を使った甘酢漬け&豚バラ巻き

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みずみずしい新生姜を使った甘酢漬け&豚バラ巻き

【ビジネスの極意】なぜ部下は経営理念を理解できないのか?

【ビジネスの極意】なぜ部下は経営理念を理解できないのか?

ビジネスシーンの口臭に要注意!|「特に口臭が気になった相手」第1位は50代男性!

焦がさず焼けて煙らない!画期的な立体囲炉式炭火コンロ

ピアノサロン・クリストフォリのコンサート

ベルリンのトルコ人街にあるクラシックライブハウス、「ピアノサロン・クリストフォリ」で一期一会の音楽と出会う

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

気の遠くなるような執念の作業!「龍切手のシート復元」達成した切手蒐集家の情熱

出版輸送株式会社会長の手嶋康さん(79歳)は、日本屈指の切手蒐集家だ。1万点をゆうに超えるコレクションには、現存日本最古の郵便物をはじめ、明治初期の郵便黎明期に発行された“龍切手”など、日本の郵便史を物語る蒐集家垂涎の品物が揃う。

コレクションを前にインタビューに答える手嶋さん。「切手蒐集は楽しい趣味。ぜひ若い人たちも仲間に加わっていただきたいですね」と話す。

コレクションを前にインタビューに答える手嶋さん。「切手蒐集は楽しい趣味。ぜひ若い人たちも仲間に加わっていただきたいですね」と話す。

手嶋さんが切手を集め始めたのは、戦後間もない昭和22年(1947)、小学生時代のこと。友達が集めていたことがきっかけだったそうだが、いつの間にか友達以上に没頭していたという。そして、ライフワークといえる“龍切手”の蒐集を本格的に始めたのは、昭和41年(1966)の結婚がきっかけだった。

そんな手嶋さんは、今は亡き奥さんへ感謝の思いを忘れたことがないという。

「旦那の趣味を奥さんが理解してくれないという話はよく聞きますが、僕の場合は妻が一番の理解者でした。これまでにフィラ日本、JAPEXなどの切手展で賞をいただきましたが、妻と一緒に会場へ足を運ぶことも多かったです」

まさに、それぞれの切手には、手嶋さん自身の思い出が刻まれているといえるだろう。手嶋さんが切手に費やした金額は家が何軒も建ってしまうほどだが、これほどのコレクションは、お金があるだけで作り上げられるほど簡単なものではない。

その切手にかける情熱の一端を、手嶋さんが作り上げた“龍切手の復元シート”を例に見てみよう。

手嶋さんが200文切手のシートを復元しようと思い立ったのは、1点も完全なシートの現存が確認されていないため。根気強く切手を買い集めて完成させた。

手嶋さんが200文切手のシートを復元しようと思い立ったのは、1点も完全なシートの現存が確認されていないため。根気強く切手を買い集めて完成させた。

なんと、使用済みの200文切手でも復元シートを完成させた手嶋さん。まさに根気と情熱によって作り上げられたコレクションだ。

なんと、使用済みの200文切手でも復元シートを完成させた手嶋さん。まさに根気と情熱によって作り上げられたコレクションだ。

龍切手の原版は、原画を参考に、1シートに収められた40枚分を1枚1枚手彫りで作成していた。40枚すべての図柄が微妙に異なるため、どの位置にあった切手であるか特定できる。

そこで、手嶋さんはオークションや切手商で1枚ずつ買い集めては元の位置に収めるという、気の遠くなる作業の末、ついに200文切手のシートを復元することができた。

「復元シートは他の龍切手でも作成を試みていますが、35年経っても完成しないシートもあります。お金があるからと言って闇雲に買い漁る蒐集家もいますが、それでは達成感が得られず、すぐに飽きてしまうでしょう。コツコツと根気強く集めることが大切だと思います」と、手嶋さんは蒐集の秘訣を語る。

切手一筋で収集を続けてきた手嶋さんのコレクションを拝見し、“継続は力なり”という言葉の重みが強く感じられた。

取材・文/山内貴範
昭和60年(1985)、秋田県羽後町出身のライター。「サライ」では旅行、建築、鉄道、仏像などの取材を担当。切手、古銭、機械式腕時計などの収集家でもある。

※ 発売中の『サライ』2月号では、「切手」を特集しています。

IMG_7701

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 羽生結弦ファンには見逃せない!感動のシーンが切手になって登場!
  2. 浮世絵も寺社も仏像も!「日本美術もの切手」特選ギャラリー
  3. 美術史家・山下裕二さんが語る「切手収集」にハマった理由
  4. 懐かしい切手の魅力にどっぷりひたれる!訪ねてみたい3つの「切手の…
  5. 御朱印集めの次はこれ!? 旅行の記念に集めたい郵便局の「風景印」…
PAGE TOP