新着記事

アクセサリーソケットを活用

車内でアロマテラピーから炊飯までできる、アクセサリーソケット活用術【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

ダイエット

「食事制限ダイエット」で目標を達成した人が明かす成功の秘訣

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

イニシャル入りロックグラス|いつもの一杯を極上の一杯にするマイグラス

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

【家事に関するアンケート調査】普段行う家事で女性より男性の方が上位なのは「ゴミだし・分別」「風呂掃除」など。

30代から50代の女性の6割以上が日常の家事を負担に感じている

オーダースーツ

経営者はなぜ「オーダースーツ」を着るのか?

BLACK LAGOONラベル シングルモルト・ウイスキー|9月19日12:00 発売開始!

マイルス・デイヴィス『クッキン』

「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道24】

シニアライダーの8割以上がバイクマナーに自信アリ!!|シニアライダーに関する実態調査

シニアライダーは孤独を好む!? 約9割はソロツーリング派

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

御朱印集めの次はこれ!? 旅行の記念に集めたい郵便局の「風景印」とは

取材・文/山内貴範

切手の再使用を防ぐため、郵便局で押される消印。ひと口に消印といっても様々なバリエーションがある。

珍しい消印が押されているだけで、未使用切手の数倍の値段で取引される例も珍しくないが、希少品を集めるのは上級者向けだ。初心者でも手軽に消印の楽しさを味わう方法はないだろうか。日本屈指の切手蒐集家である手嶋康さん(79歳)は、こうアドバイスする。

「たとえば近年、ご当地ブームですよね。旅行の記念に、各地の郵便局が独自に作っている“風景印”を集めてみるのはどうでしょうか。その土地の名所が描かれているので、旅行ついでに集める楽しさがありますよ」(手嶋さん)

「盛岡内丸郵便局」の風景印には盛岡城跡にある石川啄木の歌碑と、背後に雄大な岩手山が描かれている。

「盛岡内丸郵便局」の風景印には盛岡城跡にある石川啄木の歌碑と、背後に雄大な岩手山が描かれている。

 

風景印は通常の消印よりも一回り大きく、赤茶色のインクで捺印される。集める方法はとても簡単。郵便局の窓口で郵便を差し出すときに「風景印を押してください」とお願いするだけだ。地域の代表的な郵便局であればたいてい準備されているので、はがき代52円を用意するだけで簡単に集められる。

「私も切手展に参加したときは、記念に現地の郵便局の風景印を押して、自分宛に郵便を出すことがあります」と、手嶋さん。旅の思い出になるし、切手蒐集家にとってはそのままコレクションにもなるわけだから、一石二鳥というわけだ。

筆者の実家・秋田県羽後町の「西馬音内郵便局」の風景印は、重要無形民俗文化財の「西馬音内盆踊り」の絵柄だ。

筆者の実家・秋田県羽後町の「西馬音内郵便局」の風景印は、重要無形民俗文化財の「西馬音内盆踊り」の絵柄だ。

小学館近くの「パレスサイドビル内郵便局」にも風景印がある。昭和41年(1966)に日建設計の林昌二氏の設計で完成した「パレスサイドビル」の全景が描かれる。

サライ編集部がある東京・一ツ橋近くの「パレスサイドビル内郵便局」にも風景印がある。昭和41年(1966)に日建設計の林昌二氏の設計で完成した「パレスサイドビル」の全景が描かれる。

筆者はライターという仕事柄、日本各地を取材で回る機会が多い。新年早々、岩手県盛岡市に出張したので、盛岡城近くの盛岡内丸郵便局に立ち寄って風景印を入手した。全国の風景印を集めたら壮観だろうし、旅行する楽しみが増えそうだ。

近年、社寺仏閣の御朱印集めがブームになっているが、次は“風景印ブーム”が来るかもしれない!

取材・文/山内貴範
昭和60年(1985)、秋田県羽後町出身のライター。「サライ」では旅行、建築、鉄道、仏像などの取材を担当。切手、古銭、機械式腕時計などの収集家でもある。

※ 発売中の『サライ』2月号では、「切手」を特集しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 羽生結弦ファンには見逃せない!感動のシーンが切手になって登場!
  2. 浮世絵も寺社も仏像も!「日本美術もの切手」特選ギャラリー
  3. 美術史家・山下裕二さんが語る「切手収集」にハマった理由
  4. 懐かしい切手の魅力にどっぷりひたれる!訪ねてみたい3つの「切手の…
  5. 切手は未使用より「使用済み」が面白い!蒐集家に珍重される「エンタ…
PAGE TOP