新着記事

【医学部受験経験者1,004人への調査で判明】受験勉強法と必勝ツール

受験生の皆さんは、入試に向けて、毎日必死に勉強していることでしょう。しかしながら、医学部合格…

愛犬の終活を迎える時に、準備しておきたい大切なこと

最後の日々を後悔しないために「愛犬の終活」で準備したい大切なこと

取材・文/柿川鮎子お散歩友達の8歳のゴールデン・レトリーバーが、がんを宣告されてしまいました…

親と心を通わせ合うために|『精神科医が教える 親のトリセツ』

親と心を通わせ合うためのヒント|精神科医が教える「親のトリセツ」

高齢の親に対してはつい、「頑固・わがまま・融通が効かない」などというようなイメージを持ってし…

室内の「隠れダスト」に要注意! 花粉症患者の約7割がオフィスでも花粉症の影響を体感している

春が近づいてくると、花粉症の方々は憂鬱な気分になるのかもしれません。ソフトバンクロボティ…

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

高齢者ほど薬効成分が効きやすい理由ポリファーマシー(多剤服用)という言葉が知られるようになり…

『拳銃(コルト)は俺のパスポート』

ニヒルでハードボイルドな宍戸錠=エースのジョー|『拳銃(コルト)は俺のパスポート』【面白すぎる日本映画 第39回】

文・絵/牧野良幸宍戸錠さんが今年の1月に亡くなった、享年86歳だった。宍戸錠さんの死…

加齢により減少する唾液の分泌量を増すセルフケア|『ずっと健康でいたいなら唾液力をきたえなさい!』

免疫力の強い身体をつくる「唾液力」の鍛え方

文/鈴木拓也「唾液の役割とは?」と聞かれたら、大半の人は「食べ物に含まれるデンプンを…

「ミニ水筒」が大ブーム! 愛用者たちが選ぶ人気の「水筒」タイプは?

最近はペットボトルではなく、水筒を持ち運ぶ人が増えてきました。そこで、マイボイスコム株式会社…

チャーリー・パーカー『The Complete Dean Benedetti Recordings Of Charlie Parker』

録音技術の進歩はジャズを変えはしなかった【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道42】

文/池上信次前回紹介したSPレコードの「3分しばり」ですが、正確には「再生メディア」の限界が…

江戸・東京の粋を体験・感性を磨く「ものづくりのまち」台東区へ《プレゼントあり》[PR]

台東区は日本の伝統技術が今も息づく街だ。中でも有名なのは、下町情緒が残る…

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

メイド・イン・ニッポン

  1.  

    タカシマヤウォッチメゾンの担当者に聞いた!国産時計の意外な売れ筋とは?

         

    職業や人生観、趣味などによっても、身につける腕時計は大きく異なるもの。人生の節目に購入することが多い商品ですから、納得いくまで吟味して選びたいものです。東京・日本橋にある「タカシマヤウオッチメゾン」は、東京駅八重洲口から徒歩約5分と…

  2.  

    名建築家の要求に応えた成形合板によるセクシーな曲線!天童木工の「モンローチェア」

         

    高度経済成長真っ只中である昭和30~40年代。日本の地方から、世界に通じる家具が生産されてい…

  3.  

    ノーベル賞晩餐会のカトラリーは日本製!新潟・燕「山崎金属工業」の洋食器【特集メイド・イン・ニッポン】

         

    今年もまたノーベル賞の発表が近づいてきました。ノーベル賞の発表は毎年10月上旬に行なわれます…

  4.  

    そして世界初のクオーツ腕時計は生まれた!伝統と革新を重ねるセイコーの腕時計づくり

         

    セイコーの技術者たちは、正確に時を刻む時計の追求に余念がありませんでした。昭和40年…

  5.  

    1964年の「東京オリンピック」は時計の歴史においても革命的なイベントだった

         

    17日間にわたって熱戦が繰り広げられた、「リオデジャネイロオリンピック」が幕を閉じました。4…

  6.  

    関の職人集団が生み出す世界レベルの美しい刃物!三星刃物の洋包丁【特集メイド・イン・ニッポン】

         

    岐阜県関市は、包丁の国内生産量の約5割を占める刃物の名産地として知られる。市内には約400も…

  7.  

    世界一正確な鉄道ダイヤを支える、世界一正確な時計技術【特集メイド・イン・ニッポン】

         

    東京都墨田区、白鬚橋の近くに、時計ファン垂涎の博物館「セイコーミュージアム」があります。和時…

  8.  

    取材記者も愛用!日本が誇る究極の実用時計「グランドセイコー」4つの魅力

         

    9月号の『サライ』の特集「世界にかがやくメイド・イン・ニッポン」で、日本が誇る腕時計「グラン…

PAGE TOP