新着記事

れんこんと鶏手羽元のビール煮

【管理栄養士が教える減塩レシピ】冬至は旬のれんこん料理で運を呼び込もう!

写真・文/矢崎海里12月22日は冬至。冬至は1年で最も日が短い日です。冬至には柚…

40~50代の「卒母」世代の9割が実感する髪の悩みと対策法

加齢により髪の悩みが増える時期が、母親として子育てがひと段落する「卒母」(そつはは)のタイミ…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(12/16~12/22)射手座~魚座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(12/16~12/22)獅子座~蠍座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(12/16~12/22)牡羊座~蟹座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

【ビジネスの極意】会社を劇的に変えた「10円のサプライズ」

【ビジネスの極意】会社を劇的に変えた「10円のサプライズ」

会社の雰囲気がよければ、業績は上がるのか? 一概にそうとは言えないかもしれないが、少なくとも…

川中島にある信玄と謙信像。川中島合戦はお互いにとって不毛な戦いだった。

大河ドラマ『麒麟がくる』満喫リポート|【戦国史のおさらい(1)】「桶狭間合戦」のきっかけを作った 武田×今川×北条の「三国軍事同盟」

大河ドラマ『麒麟がくる』は、天文16年(1547)から始まる。天文年間は、「THE 戦国」真っ只…

乾燥シーズンに増える手指のお悩み…「あかぎれ」「さかむけ」「切りキズ」に悩む人が多い都道府県はどこ?

既婚女性 4,700名に聞いた「あかぎれ」「さかむけ」「切りキズ」に悩む人が多い都道府県はどこ?

「あかぎれ県」全国TOPは栃木県!「さかむけ県」1位は熊本県、「切りキズ県」1位は三重県に!…

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その2~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その2~

取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が…

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その1~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その1~

取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が…

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

スペイン

  1. 奈良原一高《フィエスタ セビーリャまたはマラガ》<スペイン 偉大なる午後>より 1963-65年 (C)Ikko Narahara  

    写真集『スペイン 偉大なる午後』がニュープリントでよみがえる【奈良原一高のスペイン――約束の旅】

         

    取材・文/池田充枝1950年代後半、極限状態での生を見つめる<人間の土地>や<王国>などのシリーズによって、戦後日本の新しい写真表現を切り開いた奈良原一高(1931-)。経済成長とオリンピックに日本が沸いていた1962年から…

  2.  

    日本ではあまり知られていない本家本元のパエリアとは?

         

    文・写真/田川敬子(海外書き人クラブ/スペイン在住ライター)ここバレンシアはパエリアの故郷。…

  3. 最終的に色付けをしてできあがり  

    ユネスコの無形文化遺産、スペイン・バレンシアの「火祭り」|火祭りアーティストとはいったい何?

         

    文・写真/田川敬子(海外書き人クラブ/スペイン在住ライター)3月になりバレンシアは色めき立っ…

  4.  

    コカ・コーラはスペインで生まれたという噂を探る

         

    文・写真/田川敬子(海外書き人クラブ/スペイン在住ライター)アイエロ・デ・マルフェリは、バレ…

  5.  

    カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

         

    文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

  6.  

    なぜスペインには「日本」という苗字の人々が存在するのか?

         

    文・写真(クレジットのないもの)/田川敬子(スペイン在住)スペイン語で日本を意味する…

  7.  

    この道を自分の足でどこまでも!憧れの「スペイン・サンティアゴ巡礼」基本のき

         

    写真・文/溝口シュテルツ真帆(在ミュンヘン)どこまでも続く異国の風景のなか、聖地に向…

PAGE TOP