新着記事

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

会社組織の一員として「上司とそりが合わない」「上司が無理な指示を出す」といった上司への悩みが…

波佐見焼のおひつ2色セット|冷やご飯が、ふっくら炊き立てによみがえる

小高い山に囲まれた盆地に瓦屋根の静かな町並みが広がる長崎県波佐見町。この地で400年以上にわ…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

写真・文/矢崎海里食欲の秋の代表的な味覚のひとつとして、さんまが挙げられます。8…

スミカマの槌目模様の包丁|欧米で脚光を浴びる老舗が古風な包丁を近代的にアレンジ

刃物の産地として有名な岐阜県関市に、海外からも厚い支持を集める企業がある。従業員は30人ほど…

個人的に世界遺産にしたい場所ランキング! 伊勢神宮に阿蘇、東京タワーなど……未登録なのには理由があった?

世界遺産にしたい場所ランキング| 伊勢神宮に鎌倉、東京タワー……登録されないのには理由があった!?

世界遺産に認定したい絶景は日本にもまだまだたくさんあると思います。阪急交通社が行った…

健康オイル、何を選ぶ?

健康オイル、何を選ぶ?|体に良い油の選び方

文/中村康宏油は悪いものだと信じられていた時代もありましたが、良質な油や脂肪の摂取が…

朝5時起床。定番スタイルに着替えてから、朝食は6時半頃。「その日のスケジュールを確認しながら、小一時間かけて朝食を摂り、家を出るのは8時半頃です」と服部幸應さん。

【朝めし自慢】服部幸應(服部学園理事長、服部栄養専門学校校長・73歳)「具だくさんの味噌汁と葱入り卵焼き、果物を欠かしません」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆“早寝・早起き・朝ごはん運動”を推奨する食育の第一人者。多忙…

ごはんはどうだ! 銅製釜飯セット|銅製羽釜のご飯は旨さ格別 最高の熱伝導で短時間に炊き上がる

人類が初めて利用した金属といわれる銅は、熱伝導や抗菌性に富むだけでなく、100%リサイクルが…

チレス・エン・ノガダ

赤白緑のトリコロールに彩られた甘いトウガラシ料理!?|メキシコ独立記念日の味「チレス・エン・ノガダ」

文・写真/長谷川律佳(海外書き人クラブ/メキシコ在住ライター)国じゅうが国旗カラーに満ちる9…

救ってくれたのは同じ悲しみを経験した犬仲間と今の愛犬

救ってくれたのは同じ悲しみを経験した犬仲間と今の愛犬【愛犬との別れ、ペットロス体験記】

文/鈴木珠美愛犬が天国に旅立ち、辛いペットロスを体験した飼い主さん。それぞれどのようにペ…

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ大賞

  1.  

    第16回「サライ大賞」発表!読者が選んだシニア世代に優しい商品とは

         

    今年1年間、『サライ』の本誌および公式サイト『サライ.jp』で紹介された商品や人物などから、サライ世代に最も意義のある製品やサービス、人を選定する「サライ大賞」。読者による投票と3名の審査員による選考が行なわれ、大賞と各部門賞が決定した。…

  2.  

    2018年度 第17回「サライ大賞」の読者投票を受付中です。

         

    『サライ』は、シニア世代に優しい商品やサービスを応援します。機能性やデザイン性、使いやすさに…

  3.  

    2017年度 第16回「サライ大賞」の読者投票を受付中です。

         

    『サライ』は、シニア世代に優しい商品やサービスを応援します。使いやすく、デザイン性にも優れた…

  4.  

    大賞はロボホンに決定!「第15回 サライ大賞」の大賞と部門賞を発表します

         

    ■読者が選んだ「サライ世代に優しい商品」を発表!過去1年間の『サライ』の記事や広告の中から、…

  5.  

    2016年度 第15回「サライ大賞」の読者投票を受付中です。

         

    『サライ』は、シニア世代に優しい商品やサービスを応援します。使いやすく、デザイン性にも優れた…

PAGE TOP