新着記事

北斎が!フェルメールが!あの名画が買える『大人の逸品 美術館』が誕生

文/編集部サライ読者にはすっかりお馴染みであろう小学館の通販サービス『大人の逸品』のサイト内…

500マイルの極上ドライブ。スコットランド最大ルート“NC500”の5つの魅力

文・写真/石橋貴子(スコットランド在住ライター/海外書き人クラブ)“スコットランドが…

帆布ミニ縦型ショルダーバッグ|街歩きにいい小振りなショルダーバッグ

鞄の産地、兵庫県豊岡市の鞄ブランド「鸛帆布」から小振りなショルダーバッグが届いた。厚手の10…

てんぷらは東京の郷土料理【食いしん坊の作法 第11回】

文/山本益博「てんぷら」は語源からもわかるように外来の料理が次第に和食になっていた日…

LUMIX DC-FT7|どんな季節でも野外撮影を楽しめるタフなデジタルカメラ

文/編集部パナソニックから、アクティブな撮影を楽しめるタフ性能のコンパクトデジタルカメラ『L…

ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|フルーツティー

ホテルオークラ東京の開業以来、50年にわたり腕をふるった元総料理長のレシピ本『ホテルオークラ元総料理…

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトークショーが…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

うつわ

  1. 和のうつわの根本を永平寺に尋ねる|食事をいただく禅の作法とは

    和食の原点は、中国より伝わった禅宗の精進料理にあるといわれる。豆腐・納豆・素麺等、生粋の日本食と今は思われている食文化もじつは禅院を経由して広まったようだ。和のうつわの根本を尋ねて永平寺を訪れた。大本山永平寺は、三方を山に囲…

  2. 暮らしを豊かにしてくれる良き「うつわ作家」6組8人の肖像

    暮らしを豊かにしてくれる、本当によいうつわを作る作家たちは、どのような想いで、うつわに取り組んでいる…

  3. 増え続けるうつわの整理に便利な「うつわの見直し」チェックシート

    いつの間にか増え続け、使わなくなったうつわはどうするべきか。うつわの見直しを長年、実践してきた阿部絢…

  4. 『鎌倉清雅堂』の「鎚起(ついき)」のうつわ|職人技が光る金属器の艶めき

    文・写真/鈴木拓也鎌倉の長谷寺や大仏のほど近くに店舗を構える『鎌倉清雅堂』は、「鎚起…

  5. 【サライ×らくコミュ連動企画】あなたの家のとっておきの「うつわ」を拝見!投稿発表

    『サライ』本誌5月号は「暮らしを変える『うつわ』選び」の大特集でした。これに合わせて、登録ユーザー1…

  6. 名器は城ひとつに値する!なぜ日本人はこれほど「陶器」に魅せられるのか

  7. 普段使いできるモダンな九谷焼のうつわ作家3人

  8. サライ2017年5月号|特集:暮らしを変える「うつわ」選び/もち麦で長生き

PAGE TOP