新着記事

戦国の光と影~前田利家のライバル・佐々成政の悲話【にっぽん歴史夜話6】

 文/砂原浩太朗(小説家)武田信玄と上杉謙信、宮本武蔵と佐々木小次郎など、歴史上には…

【夕刊サライ/福澤朗】講演後のビールとつまみが最高!(福澤朗の美味・料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

もし有名高校の野球ユニフォームの文字がこんなだったら…【イシグロ妄想研究所 vol.6】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)画像作成/澤田洋佑高校野球、甲子園の100…

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

『半分、青い。』ロケ地の“昭和レトロの町”で話題! 岐阜県“東美濃”へ出かけませんか?【シリーズ東美濃の魅力その3】[PR]

素朴な味わいで「うんま!」(うまい!)と人気を集める五平餅や、日本三大山城に数えられる岩村城などがあ…

【夕刊サライ/パラダイス山元】デンマーク:ヨーロッパ大陸最北端の岬で“餃子石”を拾い集める(パラダイス山元の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

おいしさ倍増!覚えておきたいビールの「ペアリング」3つのコツ

文/鈴木拓也ワインと相性のいい料理を組み合わせる「ペアリング」(マリアージュとも)が…

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

うつわ

  1. 和のうつわの根本を永平寺に尋ねる|食事をいただく禅の作法とは

    和食の原点は、中国より伝わった禅宗の精進料理にあるといわれる。豆腐・納豆・素麺等、生粋の日本食と今は思われている食文化もじつは禅院を経由して広まったようだ。和のうつわの根本を尋ねて永平寺を訪れた。大本山永平寺は、三方を山に囲…

  2. 暮らしを豊かにしてくれる良き「うつわ作家」6組8人の肖像

    暮らしを豊かにしてくれる、本当によいうつわを作る作家たちは、どのような想いで、うつわに取り組んでいる…

  3. 増え続けるうつわの整理に便利な「うつわの見直し」チェックシート

    いつの間にか増え続け、使わなくなったうつわはどうするべきか。うつわの見直しを長年、実践してきた阿部絢…

  4. 『鎌倉清雅堂』の「鎚起(ついき)」のうつわ|職人技が光る金属器の艶めき

    文・写真/鈴木拓也鎌倉の長谷寺や大仏のほど近くに店舗を構える『鎌倉清雅堂』は、「鎚起…

  5. 【サライ×らくコミュ連動企画】あなたの家のとっておきの「うつわ」を拝見!投稿発表

    『サライ』本誌5月号は「暮らしを変える『うつわ』選び」の大特集でした。これに合わせて、登録ユーザー1…

  6. 名器は城ひとつに値する!なぜ日本人はこれほど「陶器」に魅せられるのか

  7. 普段使いできるモダンな九谷焼のうつわ作家3人

  8. サライ2017年5月号|特集:暮らしを変える「うつわ」選び/もち麦で長生き

PAGE TOP