サライ.jp

堀文子 太神楽柄ショール

縦糸は厳選の生糸で、絹の持つ光沢感とソフト感を醸す。横糸は細い部分と太い部分でムラをつけたスラブ糸で、風合い豊かな肌触り。耳はセルビッチ。

サライで15年にわたり「命といふもの」を連載した、日本画家の堀文子さん(1918~2019)。凜とした作風と、歳を重ねてもなお「今」を生きた画家の言葉に励まされた読者も多いことだろう。

サライ2月号の付録は、堀文子さんの作品『太神楽』が描かれた豆皿であるが、同じ絵柄をストールにあしらったのが本品である。昭和30年代の織機を使い、ゆっくりと織り上げた生地は「せせらぎ」と呼ばれ、絹の持つ柔らかな光沢感と綿の優しさを併せ持つ。

堀文子さんの名作が「せせらぎ」の川面に美しく映えるサライのオリジナル品。冬の装いを明るく照らす、特上の逸品だ。

堀文子 太神楽柄ショール

鮮やかな江戸椿が映える
京都の工房で絵付けした本店限定品。太神楽は江戸時代からの椿の品種。使い勝手のいい長さで、外出のお洒落が愉しめる。

【今日の逸品】
堀文子 太神楽柄ショール

yusamizu(日本)
19,800円(消費税込み)

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
7月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア