サライ.jp

江戸切子 蓋ちょこ

「ガラスの醸し出す儚さにこそ魅力がある」とガラスへの熱い想いを語るのは、廣田硝子代表取締役社長の廣田達朗氏。明治32(1899)年創業よりガラス製品ひと筋に歩んできた同社は機械での大量生産が主流となるなかでも、「人の感性に訴える手になじむ“ぬくもり”ある製品を作りたい」と、手仕事への強いこだわりを貫いている。

本品は、江戸から脈々とその技が受け継がれてきた伝統工芸品「江戸切子」のグラスである。おもしろいのは、グラスに蓋が付いていること。枝豆やナッツなどの酒のつまみを入れたり、単独で小皿としても使える。

江戸切子は、透明なガラスに色の付いたガラスをかぶせ、職人が文様を刻み込んで仕上げるが、このちょこは、日本伝統の七宝文様の中に星形カットを入れ込んだ柄を全面に配したモダンなデザイン。「赤などの暖色は、寒色に比べて安定しにくく、ムラなく色を出すのが難しいのです。柄は伝統と現代の趣向を掛け合わせた、古き良き伝統の中に新しさを感じられる特別な意匠としました」と廣田氏。

眩い赤の輝きは、酒の席と時間を華やかに演出してくれる。

江戸切子 蓋ちょこ

伝統の江戸切子に蓋を付けた斬新さが魅力の一品。グラスの底や蓋にも一面七宝文様が施された圧巻の作りだ。

【今日の逸品】
江戸切子 蓋ちょこ

廣田硝子
21,600円(消費税8%込み)

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア