新着記事

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その2~

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その1~

江戸城・松の大廊下跡

「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実【にっぽん歴史夜話23】【にっぽん歴史夜話23】

明智光秀が葬られたとされる桔梗塚。今も荒深一族が管理している。

光秀ゆかりの地・岐阜県山県市発 明智光秀生存伝説|関ケ原合戦参陣で溺死した老光秀と墓地を守り続ける光秀の末裔

古今亭志ん輔

【第88回人形町らくだ亭】2月25日開催/古今亭志ん輔が『居残り佐平次』を演じます

シニアに聞いた「祖父母と孫の関係」|孫へ想いや言葉を伝えたいシニアは約8割

約8割のシニアが、お盆や年末年始以外も、孫と会うためのきっかけ作りを行なっている

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

サライの通販「らくだ屋通信販売部」商品

波佐見焼のおひつ2色セット|冷やご飯が、ふっくら炊き立てによみがえる

波佐見焼のおひつ2色セット

小高い山に囲まれた盆地に瓦屋根の静かな町並みが広がる長崎県波佐見町。この地で400年以上にわたって作られてきたのが「波佐見焼」である。成形、型起こし、釉薬、窯焼きなどの作業工程をそれぞれのスペシャリストが分業で行ない、大量生産を実現。江戸時代まで高価だった磁器を、高品質かつ手頃な価格の大衆食器として世に普及させた立役者だ。近年はそのシンプルでモダンなデザインが人気を呼び、国内外から注目が高まっている。

波佐見焼の窯元「敏彩窯」は、優れた機能性と生き生きとした筆づかいの絵柄で広く支持を集める工房だ。「日常生活の中で自然と使いたくなる、楽しい食卓を演出する器作り」を信条とする同社が、「残ったご飯や冷めてしまったご飯を簡単に温め直せないか」と考案したのが、このおひつである。

「本品の最大の特徴は、蓋の裏側。釉薬をかけずに焼き締めて吸水性を持たせ、ご飯をレンジで加熱したときに発生する湯気を吸収するようにしました。この工夫によりご飯がベタベタせず、ふっくら温まります」と、社長の小林晴敏氏。使い手の暮らしにとことん寄り添った、優しい器に脱帽!

波佐見焼のおひつ2色セット

蓋に薬味や漬物、ちょっとしたおかずを置くことができて便利。おひつには1合分のご飯が入る。

【今日の逸品】
波佐見焼のおひつ2色セット

敏彩窯
8,208円(消費税8%込み)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. マスクディスペンサー60|マスクを1枚ずつ取り出せる専用収納箱
  2. 柘植の仏像 RIYAK|天然木を精緻に仕上げた手のひらサイズの仏…
  3. 常滑焼黒土九十九急須|99個の茶漉し穴で、香り高いお茶を抽出でき…
  4. アルパカミニマフラー|ベビーアルパカの原毛を使用したマフラー。抜…
  5. 加重ブランケット『スラウン』|ほどよい圧力で包み込み、快眠に誘う…
PAGE TOP