サライ.jp

鉄瓶 籐巻き

岩手県奥州市水沢地区は、奥州藤原氏の時代より鋳物産地として知られた里だ。そこで古来培われてきた鉄器鋳造技術の結晶とも言うべき製品が、この端正な南部鉄器の鉄瓶である。

鋳物の原理は単純である。砂を上型と下型に造形し、鉄瓶内部を空洞にするための中子を入れたら、溶けた銑鉄を流し込む。基本はそれだけ。だが、砂型作りや溶けた銑鉄の成分と火力調整、流し込むタイミングなど、それぞれの作業に高度で繊細な職人技を要する。本品の鋳造を手がけた水沢鍛造工芸社では、炉でどろどろに溶けた銑鉄を男たちが大きな柄杓で受け止め、気合いの声とともに砂型まで運ぶ光景に出会える。そこには南部鉄器900年の伝統が確かに息づいている。

鋳物の鉄瓶で沸かした湯は、どこかまろやかな味に感じられる。そしてまたどっしりとした厚手の鋳物は、蓄熱性にも優れ、湯も冷めにくい。

武家や茶人が愛した古来の鉄瓶をただ写すのでなく、現代の若者や外国人の心の琴線にも触れる意匠を目指したという本品。

伝統に磨きあげられた重厚にして質朴たる佇まいは、本物の証である。

鉄瓶 籐巻き

溶けた銑鉄を砂型に流し込んでいく鋳込み作業は、タイミングを色で見るなど、匠の勘と経験を要する。

【今日の逸品】
鉄瓶 籐巻き

水沢鍛造工芸社
22,680円(消費税8%込み)

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア