漆のコーヒーカップ

写真=本朱

石川県輪島市で200年以上「木と漆」を生業としてきた桐本家のコーヒーカップ

石川県輪島市で200年以上、「木と漆」を生業としてきた桐本家。現在は「輪島キリモト」と商号を改め、伝統技法を守りつつ、今の暮らしに溶け込む漆器作りに挑戦している。

裾広がりのモダンなコーヒーカップは、家具デザイナー・小泉 誠さんのデザイン。新たな息吹を醸す本品にも、輪島の漆器の魅力を感じる。
「木地の状態のカップ側面や持ち手などに糊漆で綿布を貼り付けます。これは布着せという輪島塗の特徴的な技法のひとつ。木地の傷みやすい部分を布で強化し、耐久性を高めるのです。こうした補強を丁寧に施すことで、使い込んで傷んでも漆を塗り直せば真新しくなるので、気兼ねなく使っていただけます」と7代目の泰一さん。

コーヒーカップの仕立ては、漆と米糊、輪島産珪藻土の焼成粉末を混ぜて木地に塗り、乾いたら研いで漆を塗り重ねる本堅地技法を採用。漆塗りの終盤に、珪藻土の粉末を蒔いて漆を塗り重ねることで、表面に微細な凹凸を付ける技法である。これにより、金属のスプーンを使用しても傷つきにくくなるという。
「漆器は使って、洗って、拭くことを繰り返すと、艶が増して色みも明るくなります。漆器は美を生成する器なのです」(泰一さん)

漆のコーヒーカップ

上から本朱、黒
積み重ねが可能で、スペースを取らずに収納できる。本堅地技法で作られたコーヒーカップは、モダンな形となめらかな艶が特徴。

【今日の逸品】
漆のコーヒーカップ

輪島キリモト
27,500円(消費税込み)

関連記事

ランキング

サライ最新号
2023年
2月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店