桐の角火鉢セット

火鉢のある暮らしに憧れる。静かに熾(おこ)る炭火を眺め、ときにはスルメを炙ったりしながら酒を一献というのも、冬の暮らしとしてはなかなかよいものだ。
 
しかし、火鉢を導入するためには本体だけでなく、炭や灰、火箸(ひばし)、火熾し器など、もろもろの道具が必要だ。昔の道具を今の暮らしに持ち込むには、それなりの準備が必要になる。

紹介する本品は、火鉢に炭、灰はもちろん、炭火の管理に必要な用具が一揃いになったセットだ。これがあれば、届いた日から「火鉢のある暮らし」が実現する。製造元によると「本体に軽い桐を使うことで扱いやすく、コンパクトな作りで設置を楽にした」という。

火鉢に鉄瓶(てつびん)をかけておけば、いつでもお茶やコーヒーが淹れられる。また、災害で電気やガスの供給が停止しても、火鉢があれば当座の煮炊きはできる。家庭の中に炭火が常にあるというのは、何かと心強いものなのである。

製造元の増田屋は昭和10年(1935)に燃料店から創業、現在は炭や火鉢などを扱い、炭火の愉しみを提唱する。縁(へり)に湯吞みや酒の徳利(とっくり)などがのせられるので、炭火で暖を取りながら寛ぎのときが過ごせる。

職人が火鉢の型枠の桐をカットし、磨きをかけながら仕上げていく。
引き出しの内寸は幅約27×奥行き約27.5cm×高さ約6cm。火箸や灰ならしなどを入れておける。
夏場など火鉢を使わないときは、付属の蓋(ふた)を被(か)ぶせるとテーブルになる。外寸は約47×47cm。

桐の角火鉢セット

増田屋(日本)
85,800円(消費税込み)

関連記事

ランキング

サライ最新号
2023年
2月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店