サライ.jp

京都の春は、花見好きには堪えられない季節。
洛中洛外至る所に多彩な樹種がほころび、約1か月半にわたって桜花を堪能できる。
平安神宮、仁和寺、哲学の道、醍醐寺など花の名所は枚挙に暇がない。

今回紹介するのは、数ある名所の中でも樹種の多様さと本数で他所を圧倒する平野神社(京都市北区)。
桜の種類は約60種、計約400本にも上り、「桜ノ宮」の別称で呼ばれる。
3月中旬になると開花する「魁」は枝垂れ桜の一種で、この花が咲くと京都の花見の幕開けとも言われる。

ほかにも珍しい「寝覚」「胡蝶」「手弱女」など、風流な名を持つ桜が境内を埋める。それぞれの名の謂れを調べながら歩くのも一興だろう。

この神社の桜の歴史は平安中期、その名も花山天皇が境内に桜を植えたことに始まるという。観桜の歴史は平安時代からと言われ、奈良時代までは花見といえば梅であった。平野神社は、わが国の観桜の黎明期から桜とともにあったのだ。

4-3平野神社には桜のお守りが多数あり、ご利益も様々だ(写真/蛭子 真)。

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
9月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア