新着記事

【夕刊サライ/神取忍】神取流いじめ撲滅運動~思いを声に出す大切さを伝えたい(神取忍の健康・スポーツコラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

富士山ぐい呑み|職人技で磨き込まれた富士山シルエットの酒器

金属加工の本場、新潟県燕市から届いた、ぐい呑みセット。錆びにくく熱に強い「18‐8ステンレス…

超合金魂|「超電磁マシーン ボルテスⅤ」「無敵鋼人ダイターン3」「闘将ダイモス」が新シリーズでついに登場!

文/安藤政弘ダイキャスト(亜鉛合金)を使った手にずっしりくる重量感、テレビから抜け出たかのよ…

豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】

 文/砂原浩太朗(小説家)豊臣秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ)。戦国女性のなか…

「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大名所

写真・文/鈴木拓也奥津軽のJR五所川原駅で、1両編成の津軽鉄道に乗り換えて約20分。吉幾三に…

たてスラブ作務衣|肌ざわりよくサラリとした着心地の伝統ウェア

動きやすく体を締め付けず、作業着から部屋着まで万能に使えることから、サライ世代に人気の作務衣…

「糖質制限」は体を壊す?医学的見地から見た効果と副作用

文/中村康宏近年、ダイエットや糖尿病の治療法として「ケトジェニック・ダイエット」が注…

三菱/エクリプス クロス|ブランド復活を狙った、斬新な意匠が評判の高性能な小型SUV【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)荒地などでの走行性能に優れた車づくりに定評のある三菱自動車…

世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

かつのう3点セット|シンプルで奥深い木製パズルで脳を刺激

「かつのう」とは、脳へ適度な刺激を与えながら楽しく取り組めるパズルシリーズの名称だ。その中か…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

子どもだけの旅行|何歳からOK?初体験の年齢は男女共「18~19歳」が1位

夏休みといえば、家族で旅行や祖父母の家に遊びに行ったりと、家族で出かける機会も多くなる。しかし、共働きの家庭も増え、子どもも塾や習い事、部活にと何かと忙しく、親と子どもの休みを合わせるのもなかなか大変だ。そこで“経験にもなる”として、子どもだけで旅行に行かせる家庭もあるだろう。

オンライン総合旅行サービス「エアトリ」が、10代~70代の男女362名を対象に「子どもだけの旅行」に関する調査を実施した。実際、みんなは何歳から子どもだけで旅行に行かせているのか? 調査結果を基に紹介する。

約6割が「子どもだけの旅行」を経験

今回の調査では、実家、親戚の家、サマースクールなどの除く「旅行」を対象としている。つまり、孫だけで祖父母宅に行くのは含まれない。

それを踏まえ、まず「子どもだけで旅行に行かせたことはあるか」との問いに、過半数が「はい」(59.6%)と回答。中でも「国内・海外両方」(28.3%)と回答した人が最も多く、約3.5人に1人は子どもだけで国内と海外旅行に行かせていることが分かった。

「子どもだけの旅行」初体験の年齢は男女共「18~19歳」が最多

子どもだけで旅行に行かせたことがある人に、初めて旅行に行かせたのは何歳か聞いた。すると国内旅行では息子・娘ともに「18歳~19歳」が最も多く、約9割が10代の内に子どもだけの国内旅行を経験させていた。特に、息子においては、半数が15歳までに子どもだけでの国内旅行を経験している。

海外旅行では、息子は「20歳以上」が最も多い回答だったのに対し、娘は「18歳~19歳」と娘の方が子どもだけでの海外旅行経験が早く、10代までに子どもだけの海外旅行を経験する割合は娘の方が息子に比べ多いことが分かった。

何歳からOK? 父親と母親で考えに差も!

では、まだ子どもだけの旅行に行かせたことがない人は、何歳ぐらいで行かせようと思っているのか。

お父さん目線の回答とお母さん目線の回答を比較したところ、お母さんの方が早い段階で子どもだけの旅行に行かせてもいいと考える人が多いことが分かる。特に娘の海外旅行においては「10歳未満」から「14歳~15歳」の割合の合計が、お父さんは「18.7%」なのに対しお母さんは「25.2%」と6.5%もの差が出ている。

子どもだけで行かせたい!1番人気は「北海道」

次いで、アンケートでは子どもだけで行かせたい国内の旅行先を複数回答で聞いている・すると、1位「北海道」(57.7%)、2位「沖縄県」(45.0%)、3位「京都府」(28.2%)と、北海道と沖縄県が圧倒的な人気を示す結果に。

【北海道を選んだ理由】
自然が多いから(50代女性)、大自然を体験させたい(60代男性)旅行の定番なので安心(30代男性)

【沖縄を選んだ理由】
せっかくなので飛行機に乗せたいから(30代女性)、歴史を学べる場所だから(40代女性)
などの声に代表されるよう、大自然を満喫し、多くのことを学び・感じてもらいたいと思う親が多いようだ。

海外なら「台湾」「アメリカ本土」「ハワイ」

同じく海外ならどこに行ってもらいたいかも聞いている。結果は、1位「台湾」(32.9%)、2位「アメリカ本土」(31.8%)、3位「ハワイ」(31.5%)となった。

【台湾を選んだ理由】
比較的旅行者も多く安心感があるから(40代女性)、近距離で比較的治安が良く、親日国であるため(50代男性)

【アメリカ本土を選んだ理由】
自分が行って価値観が大分かわったから(20代女性)、英語環境とのびのびした国だから(40代女性)

国内のように人気が集中するというよりは、意見がバラけた。国内よりも、さらに“安全面”が重視されている印象だ。

子どもだけで旅行に行かせるとなると、“事故・事件に巻き込まれないか”“羽目を外さないか”など、心配事も多くなる。しかし、親と一緒じゃないからこそ得られる経験は、きっと子どもの精神的な成長に影響するに違いない。最近は、添乗員が同行する子ども限定のツアーなどもある。せっかくの長期休暇、子どもだけのひと夏の冒険を体験させるのもいいかもしれない。

参考/「子どもだけの旅行」に関するアンケート調査

文/鳥居優美

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP