新着記事

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|夏野菜の定番!旬のトマトの甘みと旨味を生かして減塩

【管理栄養士が教える減塩レシピ】夏野菜の定番!甘みと旨味を生かした旬のトマトの料理法

退職金を受け取る前に|セカンドライフで気になるイベントやお金のこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

退職金を受け取る前にやるべきこと、やってはいけないこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

「優しいリーダー」が注目される理由

【ビジネスの極意】「優しいリーダー」が注目される理由

牛革天然藍染めの小物|手染め感が味わい深い、阿波藍染の革小物

悲しげなクルーズカイーダの像

マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れた十字架のレクイエム(ブラジル)

バランス栄養食品

朝食のかわり?お菓子のかわり?|バランス栄養食品で人気は「カロリーメイト」と「SOYJOY」

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

本誌情報

みなさんのメールお待ちしております!【サライ読者サロン・駱駝倶楽部】(2018年1月号)

山口県の木村一雄さん(76歳)から届いた「大畠俄(おおばたけにわか)まつり」の一景。男神・女神の御輿で海に入ってもみ合う西日本有数の奇祭です。

*  *  *

11月号の特集「北斎を見よ」に誘われて、大阪展の会場へ足を運びました。イヤホンガイドに導かれて、数々の版画や肉筆画を見てまわりました。今までは、北斎は傑出した版画の絵師というイメージでしたが、会場の肉筆画を見て覆りました。その肉筆画の傑作の多くが北斎の晩年の作だということに驚きました。11月号『サライ』の表紙にもなっている、小布施の祭り屋台の天井画として描かれた二枚の『濤図』の迫力は大変なもので、渦の中に引き込まれそうな感覚になるほどでした。

娘のお栄の画号が葛飾応為というのは、北斎がいつもお栄を呼ぶのに「おーい」と言っていたからだとか、名前を何度も変えたり、転居を繰り返していたという「人間北斎」にも興味が湧きました。
(林 繁雄/大阪府・69歳)

*  *  *

編集の方にお詫びします。『サライ』11月号は記事、企画は度外視して付録のスケジュール手帳目当てに発売日に購入しました。昨年の手帳から使用し、来年もこの手帳と夏頃から決めておりました。退職はしたものの卓球、俳句、ウオーキング、大学講座、自治会、ボランティア等、手帳が離せない日々を送っております。

「職退きて今おもしろき萩の花」

毛利親雄/東京都・65歳)

*  *  *

10月号特集「歩けばわかる『応仁の乱』」を特別の思いをもって読みました。新聞の図書批評欄で呉座勇一著『応仁の乱』の記事を見て、本を購入し、7月にちょうど読み終え、興味と面白味を感じていましたので、『サライ』の記事が立体的に実感できました。できれば、応仁の乱の立役者的な存在であったという日野富子の木像がある上京区百々町の宝鏡寺も案内してほしかったです。
(橋本 実/高知県・92歳)

*  *  *

「なにはともあれ友とはやはりいいものだわ」と京都府の中川千里さん(74歳)から届いた自筆の絵手紙。友こそ人生の宝ですね。

*  *  *

「サライ名画館」を毎号楽しみにしている。植木等の『ニッポン無責任時代』(11月号)は実に懐かしかった。当時会社員だった自分も映画館のスクリーンに見入って、陽気なサラリーマンにあこがれたものだ。今の映画界には植木等のような軽妙で能天気な役者は見当たらない。一世を風靡した植木等に次ぐコメディアンを今か今かと私は心待ちにしている。
(蜂谷富成/岐阜県・68歳)

*  *  *

特集「これが私の『スタンダード』・先達に倣う『暮らしの流儀』」(9月号)を興味深く拝読しました。50年継続し習慣化した掃き掃除に集中するあまり瞑想状態になり、人生の原点に立ち返る庭師、愛用の備前焼で「料理は過程を愉しむべし」という料理家、パソコンを使わず手書きにこだわる「手職人」の著作家……。なかでも「ひとり呑みの醍醐味は、無心でメニューを組み立てること」という俳優の角野卓造さん。日頃の疲れや雑事から離れ、“無心”になることで、本来の“自分”を取り戻すことができるのでしょうか。奥深いそれぞれの方の流儀にたいへん感服いたしました!
(土居すみれ/埼玉県・57歳)

*  *  *

『サライ』は書店で立ち読みしたあとに、手元に置いておきたい時、(年に8冊ほど)購入しています。9月号の藤原正彦氏の「詩歌の品格」を中学生の孫にも読ませたく、購入しました。数学者である氏の文はウィットに富
んでいて、いつ読んでも引きつけられます。「結果が出なくても、苦悩した経験が生きる自信となる」という言葉は、氏が言うと重みがあります。私も「椰子の実」の歌詞が好きで、冒頭部分を知人に書にしてもらい、額に入れて思いをはせています。

特集「これが私の『スタンダード』」には、自分の哲学を持つことの大切さを改めて教えられ、参考になりました。
(大野道子/北海道・73歳)

*  *  *

本誌読者サロンへの投稿

メールに住所・氏名・年齢・(働いている方は)職業・電話番号を明記の上、メールアドレス serai@shogakukan.co.jp 宛てにお送りください。

お便りは、誌面の都合上、多少、割愛または補足させていただくことがあります。また、本欄及び編集部にお送りいただきましたお便りや絵・写真、文書、資料などは、お返しできません。ご了承ください。

メールを掲載させていただいた方には、こちらの「駱駝マーク入り携帯用両眼ルーペ」を差し上げます。レンズを目に当てて使うと、小さな文字がよく見えます。極薄で、レンズを持ち手に収納すればカード入れに入ります。

※この記事は『サライ』本誌2018年1月号より転載しました。年齢・肩書き等は掲載当時のものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. みなさんのメールお待ちしております!【サライ読者サロン・駱駝倶楽…
  2. みなさんのメールお待ちしております!【サライ読者サロン・駱駝倶楽…
  3. みなさんのメールお待ちしております!【サライ読者サロン・駱駝倶楽…
  4. みなさんのメールお待ちしております!【サライ読者サロン・駱駝倶楽…
PAGE TOP