新着記事

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

“ながら視聴”でBGM化したテレビ。2人に1人が“聞き逃し”でストレス

新型コロナウイルスの影響で進路が変わる受験生多数!?|受験生への新型コロナウイルスの影響に関する調査

新型コロナの影響で進路が変わる? 入試を控える高校3年生の不安

ポークソテーシャリアピンソース

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化! 旬のにんにくの栄養を逃さない調理法

サンブロックアンブレラ|遮光、遮熱に優れたアウトドア仕様の日傘

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)牡羊座~蟹座編

【ビジネスの極意】IQが高い人が必ずしも成功するわけではない

【ビジネスの極意】IQが高い人が必ずしも成功するわけではない

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

サライプレミアム倶楽部

国立劇場の舞台裏をみんなで拝見!サライ読者と行く「歌舞伎鑑賞とバックステージツアー」を開催しました

文/小坂真吾(『サライ』編集長)

皆さんこんにちは。『サライ』編集長の小坂です。去る1月24日、東京・三宅坂の国立劇場にて、読者招待イベントを開催しました。今回はその模様を紹介いたします。

06

写真提供/国立劇場

ご存じ国立劇場は、昭和41年(1966)の開場。昨年50周年を迎え、10月から今年3月までの半年間、「50周年記念公演」と冠して、素晴らしいプログラムが組まれています。

この50周年にあたって、『サライ』は国立劇場とタイアップさせていただいており、その一環として、読者招待イベントが実現したというわけです。

その内容は、読者30名様を、1月の歌舞伎公演『しらぬい譚(ものがたり)』にご招待し、公演終了後に劇場の舞台裏(バックステージ)を見て回る、というもの。参加者は『サライ』誌面で募集し、多数の応募のなかから抽選させていただきました。

kbki003

『しらぬい譚(ものがたり)』は、幕末から明治にかけて36年間書き継がれた長編小説『白縫譚』を歌舞伎に仕立てたもので、国立劇場ではじつに40年ぶりの上演なのだそうです。私も観るのは初めてですし、あらすじもほとんど知らず観劇に臨みましたが、いやはや面白いのなんの!

N5DA9051

写真提供/国立劇場

N5DA9448

写真提供/国立劇場

N5DA9297

写真提供/国立劇場

宙乗りがあり、スモークが焚かれ、猫集団のダンスがあり、映画『スターウォーズ』のパロディがあり、とどめは役者がピコ太郎に扮してPPAPの替え歌があり。(ちなみに、私たちが観劇した前日には、ホンモノのピコ太郎が登場したそうです。ご本人のたっての希望だったとか)

面白いものは何でも取り入れるという、歌舞伎が本来もっている貪欲なパワーを、あらためて見せつけられました。

N5DA8481

写真提供/国立劇場

さらにいえばこのパワーは、江戸の町人たちのパワーでもあったと思います。いま、日本美術が、とくに「奇想」というキーワードで脚光を浴びていますが、北斎の「大浪」も国芳の「武者絵」も、こうしたエネルギーの沸騰から生まれてきたのではないかと、私の中で、北斎・国芳と歌舞伎がつながった瞬間でした。

もちろん、ご招待の読者の皆さんも、とても楽しんでおられました。

kbki011

さて、公演終了後はいよいよバックステージツアーです。

まず花道を歩いて本舞台へ上がり、床を円形に切った廻り舞台(盆)の上に。盆の直径は約20m。乗ったままぐるりと1周回していただきましたが、かなりのスピードでつい足を踏ん張ってしまいました。

kbki019

kbki035

盆(廻り舞台)に乗ってぐるりと一周。すごいのは、一周して元の位置に寸分のズレなく止まること。これがズレると、舞台装置全体がズレて芝居にならないそうです。左で手を広げているのが私。

舞台の上を見上げると、照明や幕など、おびただしい数の舞台装置が吊してあります。場面展開の際は、この幕を一瞬で落として舞台を覆うのです。

その後、階段を降りていわゆる「奈落」へ。国立劇場OBの方にご案内いただいたのですが、この方のお話がとても面白く、あっという間の1時間でした。そして、華やかな舞台の陰で、いわゆる「裏方」さんの働きがいかに大切かもよくわかりました。

kbki047

kbki051

国立劇場の50年は、たんに歌舞伎を上演し続けたというだけでなく、裏方さんを育て、技術を継承したという意味でも、とても意義深いと思います。

参加いただいた読者の皆様もご満足の様子でしたが、何より私自身が大満足。この仕事をしていて良かったと心から思える、幸せな1日でした。

*  *  *

国立劇場50周年記念公演は、3月まで続きます。2月は文楽公演で「近松名作集」(4日~20日上演)。なかでも『曽根崎心中』は絶対観るぞ、と思いながらチケットを買いそびれ、その間にほぼ完売してしまいましたが、バックステージツアー解散後、国立劇場のチケットセンターへ駆け込むと「さっき、キャンセルが出ました」とのこと。首尾よく1等席を購入できました。

「日本語で書かれたもっとも美しいテキスト」と、私が勝手に思っている近松門左衛門の名作。あとは、公演日にのっぴきならない仕事が入らないことを、祈るばかりです。

文/小坂真吾(『サライ』編集長)
撮影/矢口和也
協力・写真提供/国立劇場

※ 国立劇場50周年記念サイトもぜひご覧ください。
↓↓↓
https://www.ntj.jac.go.jp/50th/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【第89回人形町らくだ亭】4月16日開催/中止およびチケット払い…
  2. 【第89回人形町らくだ亭】4月16日開催/古典の名作『おせつ徳三…
  3. 古今亭志ん輔 【第88回人形町らくだ亭】2月25日開催/古今亭志ん輔が『居残り…
  4. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。 カタログギフト1万円相当が当たる!サライ12月号「シニア住宅特集…
  5. 主任を勤める五街道雲助(71歳)。昭和43年、十代目金原亭馬生に入門。軽い噺は師匠譲りの顔芸を交じえ、人情噺は締まった口調で演じ、いずれも一級品。 【第87回人形町らくだ亭】12月13日開催/五街道雲助が『夢金』…
PAGE TOP