新着記事

「桶狭間の戦い」異聞。たったひとりで出陣した信長を追った5人の側近たちの悲しきその後。【麒麟がくる 満喫リポート】

朝倉義景画像(心月寺蔵、福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館写真提供)

ユースケ・サンタマリア演じる朝倉義景は、作法・礼法にこだわり、細やかな気配りをする大大名だった!?【麒麟がくる 満喫リポート】

【夫婦の距離】役職定年×自粛生活。早朝サーフィンは現実逃避? ~その2

【夫婦の距離】役職定年と新型コロナのダブルパンチで存在感を失った夫。早朝サーフィンは現実逃避?~その2~

【夫婦の距離】役職定年×自粛生活。早朝サーフィンは現実逃避? ~その1

【夫婦の距離】役職定年と新型コロナのダブルパンチで存在感を失った夫。早朝サーフィンは現実逃避?~その1~

医療ジャーナリストが教える、がん治療の偽情報に惑わされないための処方箋

医療ジャーナリストが教える「やってはいけない がん治療 」

エイシンガのプラネタリウム

天文学者の自宅に作られた世界最古のプラネタリウム(オランダ)

弁護士・司法書士・税理士への報酬は高い?「相続」にかかる費用の実状

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その2~

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その1~

疲れがとれないのは加齢のせいではない!?|『疲れがとれない原因は副腎が9割』

いくら寝てもとれない疲れ。その原因は「副腎」が9割!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

親の終の棲家をどう選ぶ?|東京に戻ると冷静になれる――遠距離介護を成功させるコツ【前編】

取材・文/坂口鈴香

親の終の棲家をどう選ぶ?|東京に戻ると冷静になれる――遠距離介護を成功させるコツ【前編】

photoBさんによる写真ACからの写真

上野明美さん(仮名・59)は認知症になった母親、トキ子さん(仮名・91)の介護のため、東京と実家のある静岡を往復していた。その後父親の竜二さん(仮名・93)も腰を痛め、要介護に。両親の介護と更年期が重なり、一時期は「お先真っ暗」と絶望的になっていた上野さんだったが、3代目となったケアマネジャーに支えられて、遠距離介護生活にもリズムができてきた。決して楽な状況ではないながらも、落ち着いた時間も持てていたのだが――。
(「認知症になった母――遠距離介護がはじまった」から続きます)

上野さんの介護生活は後半戦に入った。

■遠距離介護後半戦、軸足を移す

今年に入ってトキ子さんの状態が悪化した。突然高熱を出したトキ子さんを病院に連れていったところ、がんが見つかったのだ。

「余命3か月と言われました。手術をして、高熱の原因となっていた胆管の詰まりを取り除いてもらいましたが、これ以上の治療はできないので自宅で過ごしてくださいと言われて、自宅に戻りました」

手術後、いったんは元気になったトキ子さんだったが、自宅に戻ったあとは次第に弱っているという。余命といわれた3か月も過ぎた。上野さんは、トキ子さんを自宅で看取りたいと考え、訪問診療をしてくれる医師を探しているところだ。

10年になろうとしている上野さんの遠距離介護も後半戦に入り、静岡に軸足を置くようになった。上野さんの兄(61)もフリーで働いているので、常にどちらかが両親のそばにいるように調整している。

「幸いフリーの仕事なので、比較的融通がききます。東京にいる間に仕事を集中的にこなすなど、何とかやりくりしてきました。とはいえ、どうしても調整できないときはオファーを断らざるを得ないことも多く、仕事もだんだん減ってきているのですが……。それでもこうした働き方ができるのは、実家が静岡というクルマで2時間半で帰れる距離だからです。クルマで行き来できる距離じゃないと、遠距離介護は無理だったと思います」

週末には渋滞で5、6時間かかることもあるので、週末に東京に戻るのは避けているという。飛行機や新幹線を使う遠距離介護に比べれば、負担は少ないとはいうものの、月に何度も往復するのは決して楽ではないはずだ。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 親の終の棲家をどう選ぶ?|「死によってすべてが終わるのではなく、新しいステージに移る」老人ホームの施設長はシスター【4】 親の終の棲家をどう選ぶ?|修道会が運営する施設ならではの看取りと…
  2. 親の終の棲家をどう選ぶ?|「あたしゃ、なーして、こげんところに入っとっとじゃろか?」老人ホームの施設長はシスター【3】 親の終の棲家をどう選ぶ?|「養護老人ホーム」とはどんなもの?入所…
  3. 親の終の棲家をどう選ぶ?|「自分を生かすために、一人ひとりふさわしい道がある」老人ホームの施設長はシスター【2】 親の終の棲家をどう選ぶ?|「自分を生かすために、一人ひとりふさわ…
  4. 親の終の棲家をどう選ぶ?|「結果としてここに導かれた」老人ホームの施設長はシスター【1】 親の終の棲家をどう選ぶ?|「結果としてここに導かれた」老人ホーム…
  5. 老後を自宅で過ごしたいなら|「いつでも連絡してください」というケアマネジャーを求めるのは間違い?【後編】 【老後を自宅で過ごしたいなら】「いつでも連絡してください」という…
PAGE TOP