新着記事

「姓→名」へ変更は必要?「名→姓」ローマ字表記は、実はとても日本的【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編15】

「姓→名」へ変更は必要?「名→姓」ローマ字表記は、実はとても日本的【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編15】

7位:ANA機体工場見学【東京都】

行ってみたい「工場見学」ランキングTOP10|人気スポットは、「お菓子」「ビール」「飛行機」

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

西京漬けは焼いて食す。魚の旨みと味噌床の旨みが溶け合う。手前は食用菊の酢漬け。西京焼きには、酸味のあるあしらいが合う。

「鯛の西京漬け」と「鯛の松前漬け」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【娘のきもち】「ここ(田舎)にいても仕事はない。外に出て行け」という教育方針を持っていた父。好きなことを自由にさせてくれた~その1~

取材・文/ふじのあやこ

【娘のきもち】男女関係なく「ここ(田舎)に残っていても仕事はない。外に出て行け」という教育方針を持っていた父。好きなことを自由にさせてくれた~その1~

近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中で、娘たちは親に対してどのような感情を持ち、接していたのか。本連載では娘目線で家族の時間を振り返ってもらい、関係性の変化を探っていきます。

「両親は小さい頃から私を一個人として対等に見てくれていました。押さえつけられたことは一度もありません」と語るのは、正美さん(仮名・43歳)。彼女は現在、資格を生かしてフリーランスでさまざまな仕事を請け負っています。ハキハキと話し、質問の回答もわかりやすく説明してくれるところから、頭の回転が速い人という印象を受けました。

両親、祖父母ともに仕事がメインの家。小さい頃は祖母の家によく預けられていた

正美さんは島根県出身で、両親との3人家族。両親の結婚は早く、若い時の子供だと自身のことを語ります。

「両親は同い年で、2人とも東京で働いている時に出会い、21歳の時に結婚。私は23歳の時の子供で、友人の中でも若い両親でした。父親はずっと外で働いていたんですが、55歳の時に脱サラして、それからは自宅で今も機械設計やCADの仕事をしています。父の仕事柄、自宅にはパソコンがたくさんありますね。母親は主婦業をメインにたまにパートをしているくらいです」

小さい頃は母方の祖母のところによく預けられていたと言います。

「55歳で脱サラした父親ですが、私が高校生の時ぐらいまではずっと忙しくしていて、顔を合わすことさえありませんでしたね。母親もパートに出かけていたので、小さい頃は家から3キロくらいの距離にある母方の祖父母の家によく預けられていました。当時は祖母も農業の他にも仕事をしていたので、家に預けられていただけなんですけどね。祖母は仕事をしている傍ら、手芸が趣味で、新聞に載ったこともあるくらい得意だったんです。小学校低学年ぐらいまでは一緒に作っていた記憶が残っています」

「田舎にずっといてはいけない」という父親の教育方針の下、市外の高校を受験。家族で勉学をバックアップしてくれた

正美さんは勉強が得意で、成績も常に学校の上位だったそう。勉強に関して両親、祖父母ともに何かを言われたこともなかったとのことですが、学校の先生の一言がきっかけで上位の高校を目指すことになります。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年父親と会わなかった~その2~ 【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった…
  2. 【娘のきもち】門限は夏18時に、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~ 【娘のきもち】門限は夏18時で、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限…
  3. 【娘のきもち】一緒に暮らすことを強制する権利は誰にもない。家族バラバラで生活する距離感が私たち家族には合っていた~その2~ 【娘のきもち】一緒に暮らすことを強制する権利は誰にもない。家族バ…
  4. 【娘のきもち】仕事人間の父は家に居ないことが普通。転職により早めに帰宅するようになった時、接し方がわからなくなっていた~その1~ 【娘のきもち】仕事人間の父は家に居ないことが普通。転職により早め…
  5. 【娘のきもち】「病気になったのは、事故だと思え」病気を患い、両親に申し訳なく思う気持ちを父親は救ってくれた~その2~ 【娘のきもち】「病気になったのは、事故だと思え」病気を患い、両親…
PAGE TOP