新着記事

ジビエ

日本のジビエを考える、そして食べる|地方が直面する問題と都市も注目する食材

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

アリ・シェフェール《フリデリク・ショパンの肖像》1847年 油彩、カンヴァス credit:Dordrechts Museum

“ピアノの詩人”の音楽と生涯をたどる【「ショパン―200年の肖像」展】

科学者が語る人生論|『138億年の人生論』

科学者が説く、トラブルに煩わされない「宇宙スケール」の考え方

山

紅葉が楽しめる!秋の登山・ハイキング人気スポットランキング

ねっとり里芋の焼きコロッケ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】栄養満点! ねっとり食感を生かした「里芋のグラタン&コロッケ」

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)獅子座~蠍座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

定年後は年金だけで暮らせますか?|リタイア後のイベントにかかるお金を知る【今からはじめるリタイアメントプランニング】

今からはじめるリタイアメントプランニング【1:リタイア後の暮らしをイメージ】

“人生100年時代”に向けて新たなステージへの準備を始めましょう~50代から考えるセカンドライフ~

人生100年時代には、50代は人生半ばの充実期といえます。これまでの生き方、仕事、生活を振り返りつつ、新たなステージに向けて、長く働き続けるための方法を探したり、ライフワークにつながる活動をみつけたりするのに、ちょうどいい時期ともいえるでしょう。50代から始める「リタイアメントプランニング」とは、従来のライフプランに捉われず、自分なりの、家庭ごとの今後のライフプランを長期的な視点で考えることなのです。

NPO 法人 日本FP 協会『今からはじめるリタイアメントプランニング~50代から考えるセカンドライフ~』はじめに、より抜粋・引用。

* * *

リタイア後の生き方とお金のことを考える【プランニング編】

安心して豊かなセカンドライフを送るためには、リタイアメントプランを早めに立てて、準備しておく必要があります。どのようにプランを立てて準備していけばよいか、一緒に考えていきましょう。

■リタイア後の暮らしをイメージ

リタイアまでの期間で可能な準備を検討する

50歳を過ぎると、ずっと先だと思っていた定年が身近なものとなり、誰しも戸惑いを覚えるものです。リタイア後の収入は、一般的に、現役時代に比べて大幅にダウンします。一方で平均寿命は延びていますから、リタイア後の生活は何十年にも及ぶことが予想されます。

リタイア時に資金の上乗せがあるとないとでは、その後の暮らしに大きな差が出ます。リタイアまでの期間でできることを検討し、今から準備を始めましょう。

どんな暮らしをしたいですか?

ライフデザイン(リタイア後の計画)をつくってみましょう

(C)2019 NPO法人 日本FP協会

リタイア後の暮らしにかかるお金は?

まずはリタイア後の暮らしを具体的にイメージし必要な生活費を試算するところから始めます。

現在の暮らしを維持していけば大丈夫なのか、もう少し貯蓄を増やさなくてはならないのかを確かめて、漠然とした不安を、具体的な問題点(金額)に落とし込んで、解決策を考えていきます。

生活費を見積もってみましょう

(C)2019 NPO法人 日本FP協会

■リタイア後のイベントにかかるお金

おもなイベントにかかる費用の目安を知る

人によってリタイア後のイベントは異なりますし、必要となる金額も違うはずです。以下のような一般的なイベントの種類と平均的な費用を知ったうえで、自分の場合はどのようなイベントにいくらぐらいお金をかけようと思うかを考えてみましょう。

以下に紹介するイベントの金額はあくまでも目安です。見積もるときの参考と考えてください。
イベントの金額イベントの金額2

(C)2019 NPO法人 日本FP協会

自分や家族の将来のイベントを書き出す

リタイア後の暮らしをイメージすることができたら、次はいよいよ、自分(または夫婦)の理想とする暮らし方や、やりたいことをリストアップします。60~65歳でリタイアしても、平均的にはあと20~30年は人生が続きます。自宅の住み替えやリフォーム、海外旅行、車の買い替えといった大きなイベントだけではなく、家庭菜園、市民マラソンへの参加といった趣味に関することまで、これからやってみたいことを思いつくままに書き出してみましょう。

イベントの金額を見積もってみる

次に、一つひとつのイベントについて大まかな予算を見積もります。インターネットや書籍などの資料で情報収集してもよいでしょう。同時に、リストにあげたイベントをいつごろ実行したいかを考え、ライフイベント表に書き込んでいきます。子どもの結婚や孫の誕生など、自分では時期を決められないことも多いのですが、あまり厳密に考えず、予定として記入してください。
上にあげた代表的なイベントの平均額を参考にするのもひとつの方法ですが、自分(または夫婦)の場合は、どの程度お金をかけようと思うかを冷静に考えてみてください。将来の希望についての優先順位をつけて、以下の例のように、順位の高いものから順番に考えていくとよいでしょう。
 

 

順位の高いものから順番に

ライフイベント表(記入例)(C)2019 NPO法人 日本FP協会

*本記事は2018年6月1日現在の法令・制度等に基づいて作成しています。

※本記事はNPO法人 日本FP協会発行のハンドブック「今からはじめるリタイアメントプランニング~50代から考えるセカンドライフ~」から転載したものです。ハンドブックに記載の書き込み表は、上記リンクよりダウンロードできます。

協力:NPO法人 日本FP協会 https://www.jafp.or.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】 要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費…
  2. リタイア後の住まいは【今からはじめるリタイアメントプランニング】 リタイア後の住まいをどうするか?さまざまな選択肢から考える【今か…
  3. なるべく長く働くには|リタイア後の健康保険は【今からはじめるリタイアメントプランニング】 退職後も支払いが続く「健康保険」3つの選択肢【今からはじめるリタ…
  4. 退職金を受け取る前に|セカンドライフで気になるイベントやお金のこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】 退職金を受け取る前にやるべきこと、やってはいけないこと【今からは…
  5. 今のうちに足元を固め、できることを始めよう|資産を運用する【今からはじめるリタイアメントプランニング】 老後の資金を増やす!|リスクを考えながら資産を運用するポイント【…
PAGE TOP