新着記事

水晶彫りの酒器|水晶のような小窓からのぞく美酒を愛でつつ一献

活用しないともったいない! 自治体独自のサービスや「ふるさと納税」で離れて暮らす親を見守ろう

活用しないともったいない「見守りサービス」! 「自治体独自の活動」や「ふるさと納税」で離れて暮らす親を見守る方法

獣医さんに聞く、なぜ秋にこそペットの健康診断なのか

獣医さんに聞く、なぜ秋にこそペットの健康診断が必要なのか?

現代人の3人に1人が孤独死しやすい?

現代人の3人に1人が可能性あり!孤独死しやすい人の共通点とは?

尾戸焼の酒器セット|酒を愛する土佐人たちの宴を盛り上げる伝統の酒器

アクセサリーソケットを活用

車内でアロマテラピーから炊飯までできる、アクセサリーソケット活用術【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

ダイエット

「食事制限ダイエット」で目標を達成した人が明かす成功の秘訣

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

イニシャル入りロックグラス|いつもの一杯を極上の一杯にするマイグラス

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【娘のきもち】両親はともに小学校教諭。教育者の子供として、しっかりしなくてはという思いが小さい頃からあった~その1~

取材・文/ふじのあやこ

【娘のきもち】両親はともに小学校教諭。教育者の子供として、しっかりしなくてはという思いが小さい頃からあった~その1~

近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中で、娘たちは親に対してどのような感情を持ち、接していたのか。本連載では娘目線で家族の時間を振り返ってもらい、関係性の変化を探っていきます。

「私がこの仕事に誇りを持って取り組めているのは、両親の影響が大きいですね」と語るのは、梢さん(仮名・36歳)。彼女は現在、都内の企業で働く障害者のサポートスタッフをしています。鎖骨まである長い髪に、キメの細かい色白の肌が印象的な女性です。お話を聞いている間ずっと姿勢を崩すことなく、話し方の丁寧さから、育ちの良さを感じさせます。

両親ともに学校の先生。その子供はちゃんとしないといけないという思いが常にあった

梢さんは北海道出身で両親と2歳と5歳下に妹のいる5人家族。家には父方の祖母と曽祖母も同居していたと言います。

「私の家系は、女性は長生きするんですが、男性は早世することが多く、祖父は30歳の時に亡くなったと聞いています。だから祖父には一度も会ったことはありません。ひいおばあちゃんは100歳で亡くなったんですが、最後まで元気でした。私は小さい頃から祖母も曽祖母も大好きで、2人は同じ部屋にいたので、よくその部屋に行って遊んでもらっていましたね」

梢さんの両親はともに小学校の先生。学校の先生というと、自分の子にも勉強を強いるイメージがありますが、梢さんの家は違ったそう。しかし逆にちゃんとしなければという思いが強かったと当時を振り返ります。

「両親ともに先生なのに、その子供が勉強できないなんてことになったら、親が恥をかくんじゃないかなって思っていたんです。そんな思いから勉強は自分から進んでやっていました。しっかりしなければと思った理由はもうひとつあって、それは3姉妹の長女だったから。両親から『お姉ちゃんなんだから』と何かを我慢させられた記憶もないんですが、一番下の妹とは5歳も離れていたので、自分が忙しい両親に代わって面倒を見なくてはと常に思っていましたね」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】毒親からの歪んだ愛情。家族が歪みに気づくまで20年…
  2. 【娘のきもち】毒親からの歪んだ愛情。家族が歪みに気づくまで20年…
  3. 【娘のきもち】甘え下手な姉と両親の間にできた長年の確執。和解のき…
  4. 【娘のきもち】甘え下手な姉と両親の間にできた長年の確執。和解のき…
  5. 【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を解放してほしい」と両…
PAGE TOP