新着記事

大判おあげのゆず胡椒風味うどん

【管理栄養士が教える減塩レシピ】食欲のない夏の救世主!麺の種類別塩分比較と減塩レシピ

退職金・企業年金・私的年金も忘れずに。セカンドライフの収支もチェック【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後にもらえるお金はいくら!?|年金だけでなく、退職金・企業年金・私的年金の受け取れる総額を知る【今からはじめるリタイアメントプランニング】

【ビジネスの極意】管理職の仕事とは何か?

【ビジネスの極意】管理職の仕事とは何か?

常滑焼の炭化焼成の急須と湯呑み2客組|コクがあり柔らかな味が楽しめる炭化焼成のセット

佐世保鎮守府関連の日本遺産を巡る特別な徒歩ツアー|長崎県佐世保・日本近代化の躍動を体感できる街【1】

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする? 両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【後編】

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする?|両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【後編】

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする? 両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする?|両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【前編】

同窓会で気になること第1位は「友人のおばさん化」!?

高校時代、あんなにキレイだったのに……|同窓会で気になったこと第1位は「友人のおばさん化」

八幡堀に沿って白壁の土蔵や旧家が立ち並び、往時の賑わいが偲ばれる

水運で潤う城下町を全国に残す|三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城【田中吉政編】

関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵

「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【娘のきもち】両親はともに小学校教諭。教育者の子供として、しっかりしなくてはという思いが小さい頃からあった~その1~

取材・文/ふじのあやこ

【娘のきもち】両親はともに小学校教諭。教育者の子供として、しっかりしなくてはという思いが小さい頃からあった~その1~

近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中で、娘たちは親に対してどのような感情を持ち、接していたのか。本連載では娘目線で家族の時間を振り返ってもらい、関係性の変化を探っていきます。

「私がこの仕事に誇りを持って取り組めているのは、両親の影響が大きいですね」と語るのは、梢さん(仮名・36歳)。彼女は現在、都内の企業で働く障害者のサポートスタッフをしています。鎖骨まである長い髪に、キメの細かい色白の肌が印象的な女性です。お話を聞いている間ずっと姿勢を崩すことなく、話し方の丁寧さから、育ちの良さを感じさせます。

両親ともに学校の先生。その子供はちゃんとしないといけないという思いが常にあった

梢さんは北海道出身で両親と2歳と5歳下に妹のいる5人家族。家には父方の祖母と曽祖母も同居していたと言います。

「私の家系は、女性は長生きするんですが、男性は早世することが多く、祖父は30歳の時に亡くなったと聞いています。だから祖父には一度も会ったことはありません。ひいおばあちゃんは100歳で亡くなったんですが、最後まで元気でした。私は小さい頃から祖母も曽祖母も大好きで、2人は同じ部屋にいたので、よくその部屋に行って遊んでもらっていましたね」

梢さんの両親はともに小学校の先生。学校の先生というと、自分の子にも勉強を強いるイメージがありますが、梢さんの家は違ったそう。しかし逆にちゃんとしなければという思いが強かったと当時を振り返ります。

「両親ともに先生なのに、その子供が勉強できないなんてことになったら、親が恥をかくんじゃないかなって思っていたんです。そんな思いから勉強は自分から進んでやっていました。しっかりしなければと思った理由はもうひとつあって、それは3姉妹の長女だったから。両親から『お姉ちゃんなんだから』と何かを我慢させられた記憶もないんですが、一番下の妹とは5歳も離れていたので、自分が忙しい両親に代わって面倒を見なくてはと常に思っていましたね」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その2~ 【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で…
  2. 【娘のきもち】幾つもの困難を経て生まれた8歳下の弟。母親の溺愛は日常の風景だった~その1~ 【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で…
  3. 【娘のきもち】両親に大きな庭付きの一軒家をプレゼント。今までもこれからも実家が安らぐ場所になるように~その2~ 【娘のきもち】両親に大きな庭付きの一軒家をプレゼント。今までもこ…
  4. 【娘のきもち配は過剰にしても、何かを押しつけたりは絶対にしない。小さい頃一度も寂しい思いをすることもなかった~その1~ 【娘のきもち】心配は過剰にしても、何かを押しつけたりは絶対にしな…
  5. 【娘のきもち】受精卵の異常で流産に。父は自分の病気のせいだと自分を責めて、彼に謝り続けた~その2~ 【娘のきもち】受精卵の異常で流産に。父は自身の病気のせいだと自分…
PAGE TOP