新着記事

常滑焼の炭化焼成の急須と湯呑み2客組|コクがあり柔らかな味が楽しめる炭化焼成のセット

佐世保鎮守府関連の日本遺産を巡る特別な徒歩ツアー|長崎県佐世保・日本近代化の躍動を体感できる街【1】

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする? 両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【後編】

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする?|両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【後編】

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする? 両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする?|両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【前編】

同窓会で気になること第1位は「友人のおばさん化」!?

高校時代、あんなにキレイだったのに……|同窓会で気になったこと第1位は「友人のおばさん化」

八幡堀に沿って白壁の土蔵や旧家が立ち並び、往時の賑わいが偲ばれる

水運で潤う城下町を全国に残す|三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城【田中吉政編】

関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵

「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」】

岡山県産綿布の雪駄|素足に心地よい伝統の綿布を使用。普段着でさくさく歩きたい

黒くて丸いタイヤの選び方、考え方【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

タイヤは消耗品。黒くて丸いタイヤの選び方、考え方【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その2~

【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その2~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【娘のきもち】二度とこんな思いをしたくないと妊娠を怖がった。その気持ちを戻してくれたのも家族とのキャンプだった~その1~

取材・文/ふじのあやこ

【娘のきもち】アクティブな両親と落ち着いた兄。休日の度に家族で行くキャンプが大好きだった~その1~

近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中で、娘たちは親に対してどのような感情を持ち、接していたのか。本連載では娘目線で家族の時間を振り返ってもらい、関係性の変化を探っていきます。

「私が子供のことを乗り越えられたのも、兄がまたお店を始められたのも家族が支えてくれたから」と語るのは、唯さん(仮名・39歳)。彼女は現在、小学生の子供を育てながら、お兄さんの経営する飲食店の手伝いをしています。長い髪を後ろに一つに束ね、化粧気はあまりないものの目鼻立ちがハッキリしており、凛とした雰囲気を感じます。

休日の楽しみは家族でのキャンプ。アクティブな両親、面倒見のいい兄が大好きだった

唯さんは京都府出身で、両親と6歳上に兄のいる4人家族。両親はともに働いていたそうですが、休みの日にはよく遊びに連れて行ってもらっていたと言います。

「うちの両親はともにアクティブで、アウトドアが大好き。週末にはよくキャンプに出掛けていました。それに、物の収集癖があるのか、実家はマンションだったんですが、1つの部屋がキャンプグッズでいっぱいになっていましたね。最後には、父方の祖父母が近所に住んでいたこともあって、祖父母の家の物置まで両親のキャンプグッズで溢れていましたから」

両親は遊びに対してはとことん楽しむタイプ。しかし教育熱心とは言い難く、勉強を見てくれたのはいつもお兄さんだったそう。

「クラスにも5教科はまったくできないけど、図工とか音楽とか副教科が得意な子っていたじゃないですか。うちの両親は絶対にそんなタイプ。夏休みの宿題も頼んでないのに、牛乳パックを使って貯金箱を作るというのがあったんですが、一緒に作っていたのに最後には父親がひとりで作っていました。色んなところに引き出しがあるような、絶対に小学生が作るクオリティーじゃないものが出来上がってしまって。先生に怪しまれましたから(苦笑)。

そんな両親は、ドリルなどの勉強はちっとも見てくれない。勉強でわからないところがあると、兄が教えてくれていました。兄は当時地元でかっこいいと評判になっていたぐらいカッコよくて、それに優しかったから私は小さい頃から大好きでしたね。毎日ずっと兄の後ろにくっついていました」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その2~ 【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で…
  2. 【娘のきもち】幾つもの困難を経て生まれた8歳下の弟。母親の溺愛は日常の風景だった~その1~ 【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で…
  3. 【娘のきもち】両親に大きな庭付きの一軒家をプレゼント。今までもこれからも実家が安らぐ場所になるように~その2~ 【娘のきもち】両親に大きな庭付きの一軒家をプレゼント。今までもこ…
  4. 【娘のきもち配は過剰にしても、何かを押しつけたりは絶対にしない。小さい頃一度も寂しい思いをすることもなかった~その1~ 【娘のきもち】心配は過剰にしても、何かを押しつけたりは絶対にしな…
  5. 【娘のきもち】受精卵の異常で流産に。父は自分の病気のせいだと自分を責めて、彼に謝り続けた~その2~ 【娘のきもち】受精卵の異常で流産に。父は自身の病気のせいだと自分…
PAGE TOP