新着記事

焦がさず焼けて煙らない!画期的な立体囲炉式炭火コンロ

ピアノサロン・クリストフォリのコンサート

ベルリンのトルコ人街にあるクラシックライブハウス、「ピアノサロン・クリストフォリ」で一期一会の音楽と出会う

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母【前編】

アロハ オン ザ ガンジェズ ホテル

デジタルデトックスができる!世界のリトリートホテル6選

源氏物語朝顔図(部分) 土佐光起筆 1幅 日本・江戸時代 17世紀 根津美術館蔵

知っておくと便利! 日本美術の定番の画題を、作品を見ながら学ぶ。【企画展 はじめての古美術鑑賞―絵画のテーマ】

足裏が心地よいモダンな牛革草履で颯爽と街を歩いてみたら?

茶摘み体験

大人が満足する社会見学4選【静岡県】|ヤマハ楽器ミュージアム、電車の転車台体験、うなぎパイファクトリー、茶摘み

【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~

【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~

【家族のかたち】母子家庭でも寂しかった記憶は一切なし。一度した約束は最後まで守ってくれる母親だった~その1~

【家族のかたち】母子家庭でも寂しかった記憶は一切なし。一度した約束は最後まで守ってくれる母親だった~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【娘のきもち】ぽっちゃり体型からいじめの対象に。それでも1日も学校を休まなかった理由は「親に心配をかけたくないから」~その1~

取材・文/ふじのあやこ

【娘のきもち】ぽっちゃり体型からいじめの対象に。それでも1日も学校を休まなかった理由は「親に心配をかけたくないから」~その1~

近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中で、娘たちは親に対してどのような感情を持ち、接していたのか。本連載では娘目線で家族の時間を振り返ってもらい、関係性の変化を探っていきます。

「あの1枚の写真から父の、家族の優しさが伝わりました」と語るのは、愛さん(仮名・42歳)。彼女は現在、神奈川県で小学生になる子供を育てながら、飲食店で時短勤務をする兼業主婦です。上部がふんわりとセットされたショートヘアに、化粧気はないものの、きめ細かいきれいな肌が目を引きます。丁寧な言葉遣いでゆっくりと話すところから、優しそうな雰囲気を感じます。

幼少期からぽっちゃり体型。その体型は思春期にはいじめの対象に

愛さんは長野県出身で、両親と2歳上に姉のいる4人家族。父親はホテル勤務でセールスや営業の仕事をしており、母親は専業主婦。母親の趣味は料理で、その影響を受けて、作ることより食べることが大好きだったと言います。

「私は今でこそ普通体型なんですけど、小さい頃からずっと太っていたんですよ。母親はお菓子作りが大好きで週に1回は必ずクッキーや、ケーキを作ってくれていました。私と姉はそれを喜んで食べていて、体重を気にするようになった時にはすでに太っていましたね(苦笑)。小学生の時の組体操で、私よりも身長が高いのに体重のせいで自分が下で支えないといけなくて、すごく恥ずかしかった記憶が残っています……」

家族で父親だけスマートだったそうで、そんな父は2人娘をどうにか痩せさせようと奮闘。よく父親と姉妹の3人で近所のプールに通ったり、ウォーキングをしていたと語ります。

「近所にスイミングスクールがあり、週末は1回の金額で使用できたんですよ。そこによく泳ぎに行っていました。ビート板を手に持って、背中には発砲スチロールの浮くもの(スイムヘルパー)を付けてひたすらバタ足をやっていました。でも、全然痩せないんですよね。家に帰ったら母親のおいしい食事が待っているんですから。結局働き出すまで普通体型にはなれませんでしたね(苦笑)」

優しそうで明るい雰囲気を感じる愛さんですが、中学生活は暗かったそう。その理由はいじめられていたからだと言います。

「小さい頃から身長が高くて、今でこそ普通より少し大きいくらいなんですが、成長が早くて中学に入った時にはすでに160センチ弱ぐらいあったんです。そして、太っていた。あだ名が『ビッグ』だったんですよ……。そのあだ名は確実に悪意があるものだと感じていたのに、内向的な性格から反抗できずにニコニコしているしかなくて。そしたらその笑顔が気に入らなかったのか、クラスの女子のボス的な子に目をつけられて、直接的ないじめは受けていないんですが、聞こえるように悪口を言われたり、体育で2人組にならないといけない時に誰も組んでくれなかったり……。今思い出しても辛い過去ですね」

母親の影響でパティシエに。地元で就職して、ずっとここにいるつもりだった

それでも愛さんは学校を1日も休まず。三者面談で先生からある忠告をされた母親からいじめについて聞かれた時も認めなかったそう。親に相談しなかった理由を聞くと

「中学2年の三者面談の時に担任の男の先生が母親に『いつも学校では寂しそうです』と言ったんですよ。先生的にいじめられている形跡は見えないし、いつも一人ぼっちですとは言いにくかったから、そういう表現になったのかなとは思いますが、微妙な表現ですよね……。それを聞いた母親は2人きりになった時に『学校が辛いの?』と聞いてくれたんです。でもそこで『楽しい』と答えてしまったんですよね。なぜかって聞かれると、やっぱり1番は親に心配をかけたくなかったからですかね。幸いにも無視はあったけど、教科書を隠されたり、叩かれたりなどはなかったので。それに1日でも休んでしまったら気持ちが切れちゃって、学校に行けなくなるんじゃないかって怖さもありましたね。でも、いじめは3年のクラス替えで友人にも恵まれて解消したので。半年ほどの我慢でした」

その後高校生活でも友人に恵まれ、母親の影響から、地元の製菓の専門学校に進学。そして、地元のケーキ屋さんでパティシエとして働き出します。

「働き出してからスルスル痩せていきましたね。やっぱりお金を稼ぐことは大変で。職場は先輩と店長の3人で、時々店長の奥さんが手伝いに来てくれるようなアットホームな環境で人間関係も辛くなかったです。働いている時も実家から通っていました。都会に憧れはあったけど、不自由なぐらいの田舎ではなかったし、ずっと長野で生活をするつもりでした。

でも、25歳の時に初めて恋人ができるんですが、その人を追っかけて上京してしまって。そして慣れない職場で人間関係もうまくいかずにどん底の上京生活を送るハメになります。親には嘘をついて無理やりに上京したので、地元に帰りたくても帰れなかった。そんな時、父からの1枚の写真で救われたんです」

両親に伝えた上京の理由は真っ赤な嘘。嘘から始まった東京の生活は挫折ばかり……。地元に帰りたくなった気持ちを受け入れてくれたのは、父の遠回し過ぎる行動だった。【~その2~に続きます。】

取材・文/ふじのあやこ
情報誌・スポーツ誌の出版社2社を経て、フリーのライター・編集者・ウェブデザイナーとなる。趣味はスポーツ観戦で、野球、アイスホッケー観戦などで全国を行脚している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】一緒に暮らすことを強制する権利は誰にもない。家族バラバラで生活する距離感が私たち家族には合っていた~その2~ 【娘のきもち】一緒に暮らすことを強制する権利は誰にもない。家族バ…
  2. 【娘のきもち】仕事人間の父は家に居ないことが普通。転職により早めに帰宅するようになった時、接し方がわからなくなっていた~その1~ 【娘のきもち】仕事人間の父は家に居ないことが普通。転職により早め…
  3. 【娘のきもち】「病気になったのは、事故だと思え」病気を患い、両親に申し訳なく思う気持ちを父親は救ってくれた~その2~ 【娘のきもち】「病気になったのは、事故だと思え」病気を患い、両親…
  4. 【娘のきもち】一家の大黒柱・父親の言うことは絶対。期待に応えるため、2人の妹を持つ姉として頑張るしかなかった~その1~ 【娘のきもち】一家の大黒柱・父親の言うことは絶対。期待に応えるた…
  5. 【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けてくれたのは家族の危機だった~その2~ 【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び…
PAGE TOP