新着記事

幹が太い、マスカット・ベーリーAの見事な古木。「父が小学生の時の写真にすでに写っているから、樹齢は少なくとも80年以上」。その前に佇む岸平典子さん。 【日本ワイン生産者の肖像6】岸平典子さん(タケダワイナリー)|創業100年の歴史を持つ老舗で、日本ワインの王道を突き進む女性醸造家。 【娘のきもち】「医者になったことが一番の親孝行」稼げるようになった今もお金を一切受け取ってくれず……~その2~ 【娘のきもち】「医者になったことが一番の親孝行」稼げるようになった今も両親はお金を一切受け取ってくれず……~その2~ 【娘のきもち】お酒の力を借りて勉強の邪魔をしてくる父親。その姿が苦手だった~その1~ 【娘のきもち】中高一貫校に入ったことで勉強が好きに。お酒の力を借りて勉強の邪魔をしてくる父親が苦手だった~その1~ 履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方 本多忠勝像 「徳川四天王」家の幕末~そのとき、名将たちの子孫はどう動いたか【にっぽん歴史夜話13】 江戸切子のぐい呑み|珍しい琥珀色のクリスタルガラスに東西の刻みの技が共演 一生仕事を続ける時代、73歳女性も活躍するユーチューバーという職業[PR] 「ヤフオク!」で検索された「猫」を含むキーワードランキング 夏目漱石の小説「吾輩は猫である」初版本(明治40年発行)は12万円超で落札!|「ヤフオク!」で取引された意外な「猫」グッズ 高所恐怖症の人はクラクラしてしまいそうな天井座敷。 ベストな席は天井桟敷?|ベルリン・フィルハーモニーを現地で鑑賞する方法 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも⁉ 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも!?

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【娘のきもち】誰かに依存し続ける母親。その姿は頼りなく、自分がしっかりしなくてはと思わせられた~その1~

取材・文/ふじのあやこ

【娘のきもち】誰かに依存し続ける母親。その姿は頼りなく、自分がしっかりしなくては思い続けた~その1~

近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中で、娘たちは親に対してどのような感情を持ち、接していたのか。本連載では娘目線で家族の時間を振り返ってもらい、関係性の変化を探っていきます。

「あの2年間は決して犠牲になったとは思っていません」と語るのは、律子さん(仮名・35歳)。彼女は現在、埼玉県で6歳の子供を育てながら、週の半分は自宅でネイルサロンをひらいています。ショートボブの髪はふんわりとカールしており、アイシャドウやチークなどのオレンジ色がよく似合う、少し日に焼けた肌が印象的。ネイルには今流行りのくすみカラーが施されており、全体的にオシャレな雰囲気を感じました。話し方もハキハキしていて、好感を持てます。

ほんわかした母に細かい父。一度も夫婦ゲンカを見ることはなかった

律子さんは埼玉県出身で、両親と6歳上に兄のいる4人家族。空調機や電子システムを扱う会社の営業として働く父親と、8歳年下の専業主婦の母親の出会いはお見合い。母親は20代前半で結婚したそうで、少し頼りないところがあるそう。その分、父親は厳しかったと言います。

「母親は社会経験が少ししかなく、どこか世間知らずというか、おっとりしていました。怒られるのはほとんど父親からでしたね。小学校の頃は暗くなるまでに帰らないといけないルールがあったんですが、それを破ったら、母親には注意されないのに夜帰ってきた父親から怒られていました。母親が報告というか、告げ口していたんですよ」

忙しく仕事に追われる父親だったそうですが、ゴールデンウィークと年末には必ず家族旅行に連れて行ってくれていたそう。しかし、その旅行中はマナーについてよく怒られていた記憶が残っているとか。

「旅館に着くと、部屋で座卓にとりあえず座ろうとすると『そこは上座だから座ってはいけない』とか言われたり、旅行先なのに食事中は会話もご法度。平日より父親と長時間一緒なのが旅行くらいなので、旅行はまったくリラックスできていませんでした。兄は大学に進学した時から、学業が忙しいとの理由で家族旅行に参加しなくなって、父の小言を私が一点に引き受けている感じでしたね」

子供には厳しいイメージのあった父親ですが、母親には優しかったと言います。夫婦ゲンカは一度も見たことがないと律子さんは語ります。

「夫婦仲は本当に良かったですね。母は掃除が苦手で、新聞やチラシが部屋に散らばっていたり、洗濯ものを畳まずにずっと同じ場所に積まれていたり、とにかく部屋が汚いことが多かったんです。それに母は料理も不得意で……。仕事から帰ってきて、部屋が散らかっていても、ご飯が用意されていなかったとしても父は母を怒ったりはしなかった。そこから父がご飯を作ってくれることもありました。月に数回は母親が好きな洋菓子店でケーキを買って帰ってきていましたし。私たちの分ももちろんあるんですが、母親はモンブランが好きだったのでモンブランの割合が多かった記憶があります(笑)」

祖父が亡くなったことで家族のバランスが崩れ、母は実家から戻らないように

律子さんが中学生の頃に祖父が亡くなったことで、母親は祖母の家で過ごす時間が多くなったそう。家で家族が揃わない時間が増えていったと語ります。

「母の実家は家から2駅ほどで、祖父が病気で亡くなってから母は祖母の様子が気になるという理由で、祖母の家にほぼ毎日行くようになりました。私も中学の時は反抗期に入っていたこともあり、母親と口を聞くのもしんどかったので別に気にはしていなかったんです。ご飯が用意されていないことなんて、昔からよくあったし。私よりも父がダメージを受けているようでしたね。でも、私にはどうすることもできなかった。ただ母親の代わりに父のご飯を作るようになったのはこの頃からですね」

母親の実家暮らしはエスカレート。夜にも帰宅しないことが増えたものの、父親は静観を貫いていたよう。母親と祖母を引き離したのは、母親の兄だったと言います。

「その頃には兄はすでに社会人になり、家を出ていたので一軒家では父親との2人暮らし状態が続いていました。父は相変わらず何も行動しないし、私は母親と顔を合わせたら面倒くさいことになりそうだからと避けてしまっていて。

そんな姿に気付いてくれたのが母の兄、伯父でした。母親は3人兄妹の真ん中で兄と妹がいたんです。叔母のほうは地方に嫁いでいたんですが、伯父は東京にいて。詳しい話はわかりませんが、伯父の家に祖母が引き取られて、母親は自宅に帰ってきました。

最初はふさぎ込んでいた母親だったけど、徐々に元気を取り戻して家族の日常が戻ってきていました。でも、そんな時に祖母が転んでしまったことで足が不自由になり、伯父の嫁が同居を拒否するようになってしまって……」

薄々気づいていた親族の揉め事。祖母を引き取ることを了承した父親が助けを求めたのは律子さんだった。
~その2~に続きます。】

取材・文/ふじのあやこ
情報誌・スポーツ誌の出版社2社を経て、フリーのライター・編集者・ウェブデザイナーとなる。趣味はスポーツ観戦で、野球、アイスホッケー観戦などで全国を行脚している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】「医者になったことが一番の親孝行」稼げるようになった今もお金を一切受け取ってくれず……~その2~ 【娘のきもち】「医者になったことが一番の親孝行」稼げるようになっ…
  2. 【娘のきもち】お酒の力を借りて勉強の邪魔をしてくる父親。その姿が苦手だった~その1~ 【娘のきもち】中高一貫校に入ったことで勉強が好きに。お酒の力を借…
  3. 【娘のきもち】自分勝手な嘘から両親と疎遠に。兄が途切れた縁を繋いでくれた~その2~ 【娘のきもち】自分勝手な嘘から両親と疎遠に。兄が途切れた縁を繋い…
  4. 【娘のきもち】中学のいじめから内弁慶に。学生時代は反抗期もあり、両親にわがままを言い続けた~その1~ 【娘のきもち】中学でのいじめから内弁慶に。学生時代は反抗期もあり…
  5. 母の病気をきっかけにバラバラだった家族が団結。共通の思いは「一日での長く元気に過ごしてほしい」~その2~ 【娘のきもち】母の病気をきっかけにバラバラだった家族が団結。共通…
PAGE TOP