新着記事

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

おこもり生活に役立つアプリ「radiko」の使い方【スマホ基本のき 第20回】

生活費が足りない、借金返済の場合は嘘をつく、親にお金を借りる理由

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

毎日出勤しても仕事が無い…「社内失業者」にならないために必要なこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシングルマザーを選択した理由~その1~

取材・文/ふじのあやこ

近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中で、娘たちは親に対してどのような感情を持ち、接していたのか。本連載では娘目線で家族の時間を振り返ってもらい、関係性の変化を探っていきます。

「子供ができてから母親の気持ちがやっと理解できたような気がします」と語るのは、理佐さん(仮名・40歳)。彼女は現在、都心よりの埼玉にある家で母親と8歳になる娘と暮らしながら、事務所に在籍してフリーランスとして結婚式場などでヘアメイクを行う仕事をしています。スラッとした長身で、明るい茶色の髪はツヤツヤ。ゆっくりと笑顔で話す仕草は好感が持て、接客業で培った愛想の良さを感じさせます。

離婚後に穏やかになる両親。離婚前の無言の空間が辛かった

理佐さんは栃木県出身で、両親との3人家族。覚えている家族団らんに会話があったイメージは一切なし。食事の時間はとても寂しいものだったそう。

「薄っすらと覚えている食卓は、テレビの音だけが流れ、3人で黙々と食事をしていた、だけでした。テレビは父親の趣味で野球中継などがかかっていた気がします。私はまったく興味がなかったので、それも含めて食事の時間はちっとも楽しくなかったことを覚えていますね」

他に小さい頃の両親の印象を聞いた時、「家族はバラバラになってからのほうがうまくいっていた」と言います。家族はバラバラ、それは両親の離婚を指しています。

「私が中学卒業間際に両親は離婚しました。私の受験が終わるまで両親は待っていてくれただけなので、離婚はそれよりもずっと前に決まっていたんじゃないかな。父親はいつからかは覚えていませんが、週に1度会うか会わないかの関係になっていました。でもそれを寂しいとはあまり思っていなかったから、父親の居場所を母親に尋ねたことはないと思います。それに父親がいないほうが母親は明るかった。両親のことを嫌いだと思ったことは一度もないけど、3人でいる空間は好きじゃなかったのかもしれませんね。

離婚してからも父親は月に数回家に来ていました。離婚したとは聞かされていたので、別れていたことは確実なんですが、離婚前と何ら変わらない距離感でしたね。それに、前にはなかった、両親が仲良さそうに話すところも何度か見かけたことがあります。今振り返ると、両親ともどっちつかずの関係の時が一番しんどくて、さっぱりしたことで友人みたいな関係になっていたんじゃないかな」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった…
  2. 【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった…
  3. 【娘のきもち】40歳を超えても子ども扱いする親。原因は親の依存で…
  4. 【娘のきもち】40歳を超えても子ども扱いする親。原因は親の依存で…
  5. 【娘のきもち】自分が正しいという前提で話す母親が嫌い。コロナ禍の…
PAGE TOP