新着記事

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

二巻-俺、つしま

「猫ってかわいいよね!」それだけでこの物語が生まれた!|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その2】

応永12年(1405)、尾張国守護職であった斯波義重が建てたのが清須城の始まり

出世か左遷か? 三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城 【福島正則編】

人生の節目で人とモノとの関係を考える『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

「断捨離」の生みの親が考える「人生100年時代」のシンプルな生き方|『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

国宝「十一面観音菩薩立像」平安時代・9世紀 奈良・室生寺蔵 撮影・三好和義

大和の古刹四寺から国宝・重文の仏像が一堂に【特別企画 大和奈良四寺のみほとけ】

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年間父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】門限は夏18時に、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

【娘のきもち】門限は夏18時で、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

「定年後に起業」は絶対NG!持続可能な老後収入のために今できること

文/鈴木拓也

毎年過去最高を更新する日本人の平均寿命。いずれ平均寿命は90歳、100歳に到達するだろうという予測もあり、定年後の人生は「余生」ではなくなりつつある。くわえて、人口構成の変化から、公的年金はあてにできなくなり、近いうちに定年を迎える世代にとって、「定年後は悠々自適に暮らす」という見通しが立ちにくくなっている。

では、どうすべきか? マスメディアがやや煽るように唱える、「現役のうちに〇千万円の貯金」を確保して、老後破綻を防ぐべきなのだろうか?

そうではなく、定年後も働き続けるという手段がベストだとアドバイスするのが、郡山史郎さん。郡山さんは、ソニーの顧問を2002年に退いたのち、2004年に人材紹介会社の(株)CEAFOMを設立した。これまで定年後の再就職希望者を含め、3,000人以上の求職者を見てきた実績を持っている。

4月に刊行された郡山さんの著書『定年前後の「やってはいけない」』(青春出版社)では、これほど人生が長くなり、社会保障が頼れない現代においては、「いま一生懸命働けば、老後は働かず、楽に過ごせる。そんな未来像は、ただの幻想に過ぎない」と喝破する。継続雇用制度のように定年後も何年か働ける仕組みはあるが、『定年後まで面倒を見切れない』のが、今まで雇ってきた会社の本音だ。

そこにしがみつくよりも、年の功を活かせるフィールドを新たに見つけ、活躍せんとすることを郡山さんはすすめる。

とはいえ、やみくもに再就職に動いてもダメで、「やってはいけない」事柄についても本書で述べている。例えば、絶対NGというのが、「求職活動中に給与の条件を徐々に下げる」こと。

「1000万円は難しそうだから、900万円でも構わない」などと100万円単位で下げていくパターンは、とてもよく目にするものだ。しかし、900万円という額も、第2ハーフの仕事としては異例の好待遇である。当然、そんな仕事は滅多に見つからない。100万円下げた程度では、まだ本人の希望額と企業の提示額のあいだに大きな格差が存在するのだ。

過去の実績と決別できない人は、半年あるいは1年ごとに希望年収を100万円ずつ下げていき、あっという間に数年が過ぎてしまう」
(本書65pより引用)

「第2ハーフ」とは、人生をサッカーの試合になぞらえての後半戦の呼び方。仮に、第1ハーフの現役時代に、ほかの社員の2倍、3倍の成果を出したとしても、定年退職した求職者は「ほとんど評価してもらえない」のが実情だという。そして、前職の年収にこだわって、可能性の乏しい就職先を探すより、現実路線の給与で決着し、(雇用側が敬遠する)仕事期間のブランクを作らないのが重要だとも。

とはいえ、なにも郡山さんは、薄給で一生働く覚悟を持てと言っているわけではない。月給20万円からスタートして、働きぶりが認められ、給与据え置きのまま週1日出勤でよくなり、4社と顧問契約してトータル80万円の月収を得ている例が本書で語られているが、才覚次第では前職以上に稼ぐチャンスもあるのだ。

上で述べたように、条件面でのこだわりは少なくする、ブランクは作らないという大原則の他に、「起業だけは『やってはいけない』」、「生活水準は上げるな」、「『定年前』の人脈は使わない」等々、定年後を考え始める世代が腑に落ちる内容が盛り込まれている。

働く理由はお金を稼ぐためというのもあるが、郡山さんは、第2ハーフで働き続けることの最大のメリットは、「誰かの役に立つという幸せだけを追求して働ける」点にあるという。

第1ハーフは不本意なことも含めて「やらなければならないこと」が多すぎるものだが、その肩の荷の大半が下りた状態で働くことは、とても楽しいものだという。

そうおっしゃる郡山さんは、1935年生まれの83歳ながら、経営者を務める元気なシニア。われわれもその生き方を見習っていきたいものである。

【今日の心の健康に良い1冊】
『定年前後の「やってはいけない」』
http://www.seishun.co.jp/book/19929/
(郡山史郎著、本体950円+税、青春出版社)

文/鈴木拓也
2016年に札幌の翻訳会社役員を退任後、函館へ移住しフリーライター兼翻訳者となる。江戸時代の随筆と現代ミステリ小説をこよなく愛する、健康オタクにして旅好き。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 人生の節目で人とモノとの関係を考える『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』 「断捨離」の生みの親が考える「人生100年時代」のシンプルな生き…
  2. 『定年後は「写真」に凝って仲間をつくろう』 「とにかく撮ってみる」から始めよう!|『定年後は「写真」に凝って…
  3. 『首都圏「道の駅」 ぶらり半日旅』 1000駅走破した達人が推奨する「道の駅めぐり」という愉しみ|『…
  4. 定年後を独立独歩で生きるための指針|『60歳の壁 定年制を打ち破れ』 定年後は独立独歩の仕事で生きる|『60歳の壁 定年制を打ち破れ』…
  5. 子どものような純粋な心で『万葉集』の本質に近づく|『中西進の万葉みらい塾』 小学生にもわかる『万葉集』の魅力|『中西進の万葉みらい塾』
PAGE TOP