新着記事

「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良にっぽん歴史夜話16】

「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良【にっぽん歴史夜話16】

秦始皇兵馬俑博物館に立つ始皇帝像(秦始皇彫像)

始皇帝の「キングダム」への想いを偲ぶ|「世界三大墳墓」秦始皇帝陵を囲む城壁跡を歩く(西安)

多彩な情報が詰まった焼酎の魅力が伝わる入門書|『本格焼酎マニアックBOOK』

焼酎について、どれぐらいのことを知っていますか?|『本格焼酎マニアックBOOK』

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けてくれたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】家族仲はよくていつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって~その1~

【娘のきもち】家族仲は良く、いつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって……~その1~

榎本武揚ら旧幕府軍が拠点とした五稜郭

戊辰戦争は「近代的な新政府軍vs古臭い旧幕府軍」ではなかった!【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー4】

重文「無学祖元坐像」鎌倉時代 円覚寺

師の息遣いをも伝える、頂相(ちんそう)彫刻に注目! 【円覚寺の至宝 鎌倉禅林の美】展

パーヴォ×パリ管「シベリウス交響曲全集」の明晰で力強くみずみずしい音楽【林田直樹の音盤ナビ】

さんまの梅しそ巻き

【管理栄養士が教える減塩レシピ】梅干しパワーで梅雨を乗り切る! 「うめびしお」の作り方

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その2~

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカーの夫を変えた妻の提案~その2~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

世界一美味しいご飯をわが家で炊く裏ワザ

文/鈴木拓也

「ご飯を炊く」というのが、「炊飯器のスイッチを入れる」とほぼ同義になって久しい。炊飯器の蒸気口から立ち昇る湯気を見て、かまどで炊いていた時代に思いをはせるということもまずないはず。

しかし、『世界一美味しいご飯をわが家で炊く』(青春出版社)という名の新書を紐解けば、釜や鍋でご飯を炊きたい気持ちを抑えられなくなるだろう。

本書の著者の柳原尚之さんは、近茶流(きんさりゅう)の嗣家。近茶流とは、江戸時代の文化文政期に興ったといわれる柳原家家伝の割烹道の流れを汲み、今は赤坂の柳原料理教室において継承されている。柳原さんは宗家の父とともに教室で指導にあたるほか、NHK『きょうの料理』などテレビの料理番組にも登場しているので、ご存知の方もいらっしゃるだろう。

本書の中で柳原さんは、「釜や鍋で炊くのは、むずかしくありません。むしろ、とても簡単。炊き方のコツを覚えてしまえば、炊飯器より短時間で、かつ手軽に美味しいご飯を炊くことができます」と述べ、しかも「炊きたてをひと口食べただけで、いままで食べていたご飯と比べて『味も香りも全然違う!』とびっくりするはずです」と、鍋炊きご飯を絶賛している。

ここまで敷居を下げられたら、もうチャレンジしない手はないだろう。では、具体的にどう炊くのだろうか? そのコツとは? 詳細は本書をご覧いただくとして、ここでは巻頭に掲載されている、さわりの部分を紹介したい。

1. 研いだ米を鍋に移す
米の品種と鍋・釜を選び、米を研いだら(これにも秘訣があり本書で詳しい説明がある)、鍋に米を移し、米の容量の1.2倍の水を入れ、十分に吸水させる。夏なら30分、冬なら1時間が目安。

2. 蓋をして強火にかける

3. 沸騰させる
沸騰してボコボコと音がしだしたら中火~弱火にして、沸騰状態を維持。

4. 表面の水分が少なくなったら……
表面の水分が少なくなって、鍋の縁がブツブツいうようになったら弱火に。蓋をさっと開けて確認してもよい。

5. 水気がなくなったら……
水気がなくなったら、一度火を強火にして、バチバチと乾いた音がしたら、そのまま10秒間保ち、火を止める。

6. 蒸らす
蓋を開けずに10分間蒸らしたら、ご飯の水分が均一になるように、天地をひっくり返す。

炊きたてのご飯を椀によそう際には、しゃもじをひっくり返さないように注意が必要だ。ひっくり返してしまうと、しゃもじと接していたところが上になり平たくなって、空気を含んで立っていた米が下になってしまう。そうでなく、しゃもじから滑らせるように椀によそうことで、ふわっとした面が上になり、おいしく見える。

大雑把に概略すれば上のようになるが、思ったほど面倒ではないことが分かる。こまごまとしたルールはあるが、熟練のテクニックを要するわけでもない。本書の手順・留意点を愚直に励行すれば、毎日の食卓がもっとおいしくなる。本書の後半は「世界一美味しい味噌汁をわが家で作る」となっているので、併せてマスターしておきたい。

【今日のおいしい1冊】
『世界一美味しいご飯をわが家で炊く』
http://www.seishun.co.jp/book/19582/
(柳原尚之著、本体980円+税、青春出版社)


文/鈴木拓也
2016年に札幌の翻訳会社役員を退任後、函館へ移住しフリーライター兼翻訳者となる。江戸時代の随筆と現代ミステリ小説をこよなく愛する、健康オタクにして旅好き。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 『首都圏「道の駅」 ぶらり半日旅』 1000駅走破した達人が推奨する「道の駅めぐり」という愉しみ|『…
  2. 子どものような純粋な心で『万葉集』の本質に近づく|『中西進の万葉みらい塾』 小学生にもわかる『万葉集』の魅力|『中西進の万葉みらい塾』
  3. 『心を整えルー―ティーが教えてくれた人生で大切なこと』 ルー大柴が説く、奥深いティー(茶)道の世界|『心を整えルー──テ…
  4. 失敗を恐れずに進むことが特効薬|『「感情の老化」を防ぐ本』 40代から始まる「感情の老化」を食い止める方法|『「感情の老化」…
  5. 一日一文 英知のことば 平成最後の日に読みたい名言|『一日一文 英知のことば』
PAGE TOP