新着記事

美意識

美意識が高い40代以上が憧れる女性芸能人TOP3は「天海祐希」「吉永小百合」「北川景子」

進学に関する保護者の意識調査

子供の進学に親はどこまで関与する?|保護者が我が子の進学先を選ぶポイントとは?

8号帆布のデイパックと薄マチショルダーバッグ|シンプルで使いやすい。質実剛健な帆布バッグ

(2)キース・ジャレット『ケルン・コンサート』

「都市」と共演するキース・ジャレットのソロ・ピアノ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道32】

不動産のプロ104人に聞いた、30年後に価値の落ちない物件とは|東京近郊のタワーマンションで一番価値が上がるエリアは!?

間違いだらけのタワマン選び|不動産のプロ100人に聞いた「価値が下がらないタワーマンションエリアランキング」(東京近郊編)

雇用保険、健康保険について【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

定年後の「雇用保険」「健康保険」、どうしたらいい?【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

エコ・ドライブ グローバル電波時計|僅かな光を動力にする「エコ・ドライブ」搭載。海外対応の電波時計ゆえ時刻合わせは不要

彩り野菜のホットサラダ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】秋の味覚、さつまいもを使ったレシピ 「さつまいものごまチーズ焼き」「彩り野菜のホットサラダ」

憧れの女性象として活躍した女優、八千草薫|『男はつらいよ 寅次郎夢枕』【面白すぎる日本映画 第36回】

憧れの女性像として活躍した女優、八千草薫|『男はつらいよ 寅次郎夢枕』【面白すぎる日本映画 第36回】

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/11~11/17)射手座~魚座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  2. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  3. 写真手前が「ラム串五本セット」1000円。レバー、ショルダー、ランプ、ネックの炭火串焼き。左上「よだれラム」800円。羊のすね肉をロール状にして麻マー辣ラーのタレに漬ける。“赤の泡”と好相性。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

狆と呼んだ娘と結婚した日露戦争の英雄・秋山好古

取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司

楊洲周延著 千代田の大奥神田祭礼上覧 狆のくるひ(国立国会図書館アーカイブズ)

楊洲周延著 千代田の大奥神田祭礼上覧 狆のくるひ(国立国会図書館アーカイブズ)

日露戦争を勝利に導いた将軍・秋山好古(よしふる、1859~1930年)は晩婚主義者で、36歳で結婚した時も「結婚が早すぎた」と周囲にこぼしていました(秋山好古大将記念刊行会刊「秋山好古」)。そんな秋山が結婚に踏み切った理由のひとつは、女中による盗難事件でした。

母親と二人暮らしの家で働く女中が、無くても困らぬ程度の小物をこっそり盗んでいたのです。さしたる証拠もないため、見逃していたのですが、ある時、母親の荷物から高額の金品が盗まれました。外から盗賊が入ったように足跡が残されていたものの、それが妙に小さかったので、すぐに女中の仕業とわかりました。

好古は女中を厳しく叱責し、警察に引き渡すと脅して追い出します。そしてその夜、酒を飲みながら、事件の顛末を同僚の塚本芳郎に打ち明けました。すると、塚本は意外にも好古を責め、「こんな事件に遭うのも、家庭をきちんと取り締まる主婦がいないからだ。こんなことでいつまでも母親に苦労を掛けるのは、親不孝である」と逆に説教をされて、仕方なく結婚を決意します。

好古が結婚相手に求めていたのは、自分の母親と仲良くしてくれる、という一点だけでした。結婚すると決めたとたん、たくさんの女性を紹介されますが、母親が一番気に入ったのが、旧旗本の佐久間家で、「お姫(ひい)さま」と大切に育てられた多美という女性でした。

着物姿の女性が多美、官邸で長男を交えた記念撮影

着物姿の女性が多美、官邸で長男を交えた記念撮影

多美は秋山家と縁があり、好古・真之(さねゆき)兄弟とは幼い頃から面識がありました。好古は子供時代、青っ洟を垂らした相当な悪ガキで、兄弟で悪戯ばかりしていました。佐久間家に遊びに行った時も、女中達にたいそう嫌われ、特に弟の真之は「獣(けだもの)」とあだ名をつけられるほどでした。

弟にあだ名を付けられてくやしかったのか、好古も佐久間家の多美に、「狆(ちん)」というあだ名をつけました。多美は好古より12歳も年下なので、秋山兄弟と遊ぶにはまだ幼く、狆と呼ばれても、よくわからなかったようです。まさか、自分を狆とからかった男の妻になるとは、予想もしていなかったでしょう。

残された写真では、多美は美しく、将軍に寄り添う清楚な印象を与えます。犬の狆とは似ても似つかない風貌で、姑との仲も良く、酒飲みの夫を支えました。

還暦祝いの秋山好古と多美

還暦祝いの秋山好古と多美

女中の盗難騒ぎに懲りて妻帯した、と言いふらす好古に静かに従い、多美は二男五女の母となりました。好古が戦死したという誤報を受けた時も、将軍の妻らしく、落ち着いて対処し、話題になりました。後年、身近な人には「生涯でこれほど驚いたことは、なかったわ」と打ち明けています。

好古は、愛犬家でしたが、将来の愛妻を「狆」と呼んだ罰があたったのか、犬で痛い目に遭います。日露戦争の最中、手柄を立てた部下の町野武馬に対し、「よくやった、何でもくれてやるぞ」と鷹揚に言ったところ、「では、犬をください」と返されたのです。愛犬を手放したくない好古は、大いに困ったと伝えられています。

富士裾野での演習中の秋山将軍

富士裾野での演習中の秋山将軍

日本学者バジル・ホール・チェンバレン(1850~1935年)は日本人と犬との付き合い方を観察し、狆を他の犬とは別格の動物として扱っている点を指摘し、「日本人の犬に対する認識は『狆と犬』だ」と書き残しています。確かに、狆は徳川将軍家が大切に飼育していた日本の固有種で、ペリー提督にも「国の宝」として贈呈されました。

秋山好古が幼い多美を狆と呼んだのは、愛嬌のある顔が似ていたのではなく、「可愛らしい小さな動物」という意味だったのかもしれません。好古と多美との間には、微笑ましいエピソードが多く残されています。愛情あふれる夫婦関係は昭和5年、好古が72歳で病没するまで続きました。

文/柿川鮎子
明治大学政経学部卒、新聞社を経てフリー。東京都動物愛護推進委員、東京都動物園ボランティア、愛玩動物飼養管理士1級。著書に『動物病院119番』(文春新書)、『犬の名医さん100人』(小学館ムック)、『極楽お不妊物語』(河出書房新社)ほか。

写真/木村圭司

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 古いペットフードにご注意、獣医さんがすすめる保管方法 古いペットフードにご注意! 獣医さんがすすめる正しい保管方法
  2. 単なる猟犬ではなかった伝説のマタギイヌ/人と犬の固い絆 単なる猟犬ではなかった伝説のマタギイヌ|人と犬の固い絆
  3. 獣医さんに聞く、なぜ秋にこそペットの健康診断なのか 獣医さんに聞く、なぜ秋にこそペットの健康診断が必要なのか?
  4. 動物と人がよりよく暮らせる、新しい文化を提案 動物と人がよりよく暮らせる、新しい文化を提案|ペットの保護シェル…
  5. 赤ちゃんを犬の子にして難を逃れようとした、不思議なおまじない 赤ちゃんを犬の子にして災いを避けた、不思議なおまじない「いんのこ…
PAGE TOP