新着記事

太公望(たいこうぼう)~元祖・軍師の実像をさぐる【中国歴史夜話 8】

太公望(たいこうぼう)~元祖・軍師の実像をさぐる【中国歴史夜話 8】

病気もなく、美しい形状の収穫直前の洗馬のぶどう。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その2~

「自分なりの栽培法をみつけるまではチャレンジの連続でした」と語る。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その1~

ふとした瞬間に気づく「オバ見え」! 8割以上の女性が「見た目年齢」が気になる!

Google カレンダーがちょっと便利になる使い方【スマホ基本のき 第12回】

御城印発祥の松本城

お城めぐりの記念に「御城印」を集める! はじめての「御城印」ガイド

40代~50代女性1,015人の第二の人生でしたいこととは…?

40代~50代女性1,015人が考える「第二の人生でしたいこと」

食事を楽しみ健康寿命を延ばす、舌のエクササイズ

食事を楽しみ健康寿命を延ばす「舌のエクササイズ」

人情に厚くスジを通した生き方の役『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

人情に厚くスジを通した生き方の役柄が俳優・梅宮辰夫への信望に『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』が選ぶ、“本当に使える”商品発表!

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』だからわかる! 本当に買うべき「料理」「掃除」「整理収納」アイテム9選

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【相続事件簿09】父の死後に出会った恋人に頼る母……娘の相続はどうなるの?

あらゆるパターンの相続トラブルを目撃してきた相続問題の専門家・曽根惠子さんから、これまであった相続トラブルの実例と、その解決策をご紹介いただく当企画。

親のことはもとより、自分自身も“終活”を意識する年齢にさしかかっているサライ世代にとっては大切な知識である。後戻りできない骨肉の争いを避けるためにも、ぜひ読んでおいてほしい。

【相続事件簿09】父の死後、同棲中の男性が……娘の相続はどうなる?

今回の相談者は、三田紀子さん(仮名・56代・銀行勤務)だ。彼女の父親は15年前に亡くなり、母親(82歳)は一人暮しをしているという。

しかし、この12年間の母娘のコミュニケーションは、電話や近くのファミレスで会う程度。母と娘によくある、密接な関係ではないという。

「私の家は、母親の家から徒歩30分程度なので、いつでも行けるのですが、父が亡くなってから3年後に、母がある男性と同居を始めたのです。それで行きにくくなってしまって……」と語る。

相談者・紀子さんには6歳年上の兄がいる。IT関連企業を経営するやり手経営者で、父親の相続の時もかなり有利な条件で財産を譲り受けていたのを、横眼で見ていた。

「このときに、父の財産を巡って、母と意見が対立し、骨肉の争いになりました。父は遺言書を残していなかったのです。あのときの相続をめぐる争いはすごかったです……罵る兄、母は兄に向かって食器を投げつけて大乱闘……近所を巻き込む大騒ぎになりました。それが原因でかつての実家である、先祖代々の土地に住みにくくなり、売ることになりました。もちろん、そのお金の大半は兄が受け取っていました。兄はそのお金を元手に、沖縄で会社を立ち上げ、家族で移住してしまったんです。母とも私とも一切の連絡をとっていません」

その後、紀子さんは、父の死と実家の引っ越しなどで落ち込む母の面倒を見てきた。

「だからこそ、母の時は、私の方が多くもらいたいんです。息子2人を私立大学に出して、私達夫婦の老後費用はほとんど残っていません。母に対して“オマエはすぐに死ね”とまで言った兄に、母の財産を渡したくないというのが正直な気持ちです。でも、きっと兄は、地元の友だちも多いので、母が亡くなったら聞きつけて来ると思うんですよね。理論派で弁も立つから、私には絶対かなわない相手です。それがとても不安です」

不安要素は兄だけでなく、母親と交際し同棲中の男性もそうだという。相手の男性はお金に困っている様子がないとはいえ、母親が住むマンションに転がり込んできた同世代の男性だ。

「母親だから、娘には何でも言ってもらいたいと思うのですが、肝心な財産のことやこれからのことを母親の口から言うことはなく、私が聞いても、はぐらかしてしまい、教えてくれません。このままでは、通帳などの重要書類もどこに置いてあるかわからないので不安です。母の財産は3LDKのマンションと預貯金なのですが、その額がいくらかもわかららないのです」

それでは曽根惠子さんのアドバイスを見てみよう。

>>次ページ「父の死後、同棲中の男性が……娘の相続はどうなる?」

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【相続事件簿11】相続税額を知ってパニックに!急場をしのぐ秘策と…
  2. 【相続事件簿10】兄弟3人で実家を共有相続!問題先送りの代償は?…
  3. 【相続事件簿08】兄姉争いに嫌気してうっかり相続放棄!撤回できる…
  4. 【相続事件簿07】親子なのに…父が娘に財産を開示してくれない!
  5. 【相続事件簿06】親より子が先に逝く逆縁!未成年の孫が相続人にな…
PAGE TOP