新着記事

なぜか笑いがこみ上げる!? 日本画の巨匠・横山大観のユーモアを堪能《生誕150年 横山大観展》

取材・文/藤田麻希神々しい金地の屏風に、雲海から頂上をのぞかせる富士山が描かれます。シンプル…

誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ

取材・文/わたなべあや古来、猫を愛した作家はたくさんいます。たとえば、夏目漱石宅に迷…

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント

取材・文/わたなべあや春の日差しが温かく感じられる季節、外に出て体を動かしたくなりま…

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【相続事件簿09】父の死後に出会った恋人に頼る母……娘の相続はどうなるの?

あらゆるパターンの相続トラブルを目撃してきた相続問題の専門家・曽根惠子さんから、これまであった相続トラブルの実例と、その解決策をご紹介いただく当企画。

親のことはもとより、自分自身も“終活”を意識する年齢にさしかかっているサライ世代にとっては大切な知識である。後戻りできない骨肉の争いを避けるためにも、ぜひ読んでおいてほしい。

【相続事件簿09】父の死後、同棲中の男性が……娘の相続はどうなる?

今回の相談者は、三田紀子さん(仮名・56代・銀行勤務)だ。彼女の父親は15年前に亡くなり、母親(82歳)は一人暮しをしているという。

しかし、この12年間の母娘のコミュニケーションは、電話や近くのファミレスで会う程度。母と娘によくある、密接な関係ではないという。

「私の家は、母親の家から徒歩30分程度なので、いつでも行けるのですが、父が亡くなってから3年後に、母がある男性と同居を始めたのです。それで行きにくくなってしまって……」と語る。

相談者・紀子さんには6歳年上の兄がいる。IT関連企業を経営するやり手経営者で、父親の相続の時もかなり有利な条件で財産を譲り受けていたのを、横眼で見ていた。

「このときに、父の財産を巡って、母と意見が対立し、骨肉の争いになりました。父は遺言書を残していなかったのです。あのときの相続をめぐる争いはすごかったです……罵る兄、母は兄に向かって食器を投げつけて大乱闘……近所を巻き込む大騒ぎになりました。それが原因でかつての実家である、先祖代々の土地に住みにくくなり、売ることになりました。もちろん、そのお金の大半は兄が受け取っていました。兄はそのお金を元手に、沖縄で会社を立ち上げ、家族で移住してしまったんです。母とも私とも一切の連絡をとっていません」

その後、紀子さんは、父の死と実家の引っ越しなどで落ち込む母の面倒を見てきた。

「だからこそ、母の時は、私の方が多くもらいたいんです。息子2人を私立大学に出して、私達夫婦の老後費用はほとんど残っていません。母に対して“オマエはすぐに死ね”とまで言った兄に、母の財産を渡したくないというのが正直な気持ちです。でも、きっと兄は、地元の友だちも多いので、母が亡くなったら聞きつけて来ると思うんですよね。理論派で弁も立つから、私には絶対かなわない相手です。それがとても不安です」

不安要素は兄だけでなく、母親と交際し同棲中の男性もそうだという。相手の男性はお金に困っている様子がないとはいえ、母親が住むマンションに転がり込んできた同世代の男性だ。

「母親だから、娘には何でも言ってもらいたいと思うのですが、肝心な財産のことやこれからのことを母親の口から言うことはなく、私が聞いても、はぐらかしてしまい、教えてくれません。このままでは、通帳などの重要書類もどこに置いてあるかわからないので不安です。母の財産は3LDKのマンションと預貯金なのですが、その額がいくらかもわかららないのです」

それでは曽根惠子さんのアドバイスを見てみよう。

>>次ページ「父の死後、同棲中の男性が……娘の相続はどうなる?」

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【相続事件簿11】相続税額を知ってパニックに!急場をしのぐ秘策と…
  2. 【相続事件簿10】兄弟3人で実家を共有相続!問題先送りの代償は?…
  3. 【相続事件簿08】兄姉争いに嫌気してうっかり相続放棄!撤回できる…
  4. 【相続事件簿07】親子なのに…父が娘に財産を開示してくれない!
  5. 【相続事件簿06】親より子が先に逝く逆縁!未成年の孫が相続人にな…
PAGE TOP