新着記事

ポータブル蓄電池|自然災害による停電に備える 電気を備蓄する大容量蓄電池

葛飾応為「吉原格子先之図」太田記念美術館蔵

この世に一枚の肉筆浮世絵の名品が勢ぞろい【肉筆浮世絵名品展 ―歌麿・北斎・応為】

圧巻のコショウコーナー。何とも言えない爽やかな香りがショップ内に立ち込めて居心地がいい。皆ここでしばし足をとめて、真剣な面持ちでボックス内をのぞき込む。

料理好きがふらり集う、ドイツグルメ王監修のスパイスショップ「シューベック」(ミュンヘン)

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その2~

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その1~

吾妻山の定番カット、菜の花と富士山

JR東海道線二宮駅から歩いて行ける!|湘南の絶景、菜の花満開の吾妻山から富士山を見る(神奈川県二宮町)

初めて大河ドラマの主人公になる明智光秀(長谷川博己)。脱「信長史観」のドラマの展開が気になってしょうがない。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】明智光秀が主役の本格戦国大河 オープンセットに持ち込まれた岩の総量が半端ない

堀文子 太神楽柄ショール|孤高の日本画家、堀文子の代表作を描いたストール

『太平記』以来の大河登板の池端俊策さん。『麒麟がくる』も早くも「伝説の大河」の再来と期待が高まる。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】脚本家・池端俊策氏インタビュー「描きたかったのは、従来のイメージとは異なる光秀と信長」

2020年「開運×絶景スポットランキング」|3位 箱根神社(神奈川県)、2位 高屋神社(香川県)、1位は?

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【相続事件簿06】親より子が先に逝く逆縁!未成年の孫が相続人になるとき

あらゆるパターンの相続トラブルを目撃してきた相続問題の専門家・曽根惠子さんから、これまであった相続トラブルの実例と、その解決策をご紹介いただく当企画。

親のことはもとより、自分自身も“終活”を意識する年齢にさしかかっているサライ世代にとっては大切な知識である。後戻りできない骨肉の争いを避けるためにも、ぜひ読んでおいてほしい。

【相続事件簿06】未成年の孫が相続人の場合はどうしたらいいのか?

今回の相談者は、86歳の父親を亡くして相続手続きを進めることになった田中康太さん(63歳・男性)。康太さんは3兄弟の長男。ただし父親より先立つこと10年前に、末弟の三男が49歳で亡くなっている。

亡くなった父親は、3兄弟の中でも、とりわけて末っ子の三男には目をかけていた。

「神様に愛される人は、早くに亡くなってしまうというのは本当なんですね。亡くなった弟は、親思いで優しかった。ガンが見つかったときも、父親は貯金の大半を使って、さまざまな治療を試みましたが、半年も経たずに死んでしまったんです」(康太さん)

そんな父親の主たる遺産は、評価額2000万円の埼玉県内にある自宅と預金2000万円で、合わせて4000万円になる。しかし父親にはもうひとつ所有不動産があった。三男家族が住んでいるマンションだ。

「弟家族が住むマンションには父親の名義もあることがわかりました。このマンションは父親が半分お金を出し、半分は弟がローンを借りて購入していました。当然、弟が亡くなってからも弟家族(妻と2人の子ども)はそのマンションに住んでいます。

ちなみにもう半分の名義は、弟の妻です。弟が亡くなったときに、彼女が弟から相続しました。ローンも残っていましたが生命保険で完済されました。いまは返済がないので、不安なく生活できているようです。」

マンションの評価額は1500万円なので、父親の持ち分は半分の750万円となる。よって父親の相続財産の総計は4750万円となる。

相続人は、母親(83歳)、長男の康太さん、次男の弟さん、そして亡くなった三男の子供2人(代襲相続人)の5人となる。この場合、相続税の基礎控除は6000万円となるので、申告は必要ない。

もし父親が遺言書を残していたら、それが優先されるのだが、遺言書はなかった。そこで相続人全員で分割協議をする必要が出てきた。

協議の結果、自宅と預金の半分の1000万円は母親が、康太さんと次男が各500万円、三男の子がマンションを2分の1ずつ相続することで話し合いはついた。しかし、ここで問題が生じた。三男の2人の子どもの年齢が、息子が19歳、娘が15歳と、いずれも未成年だったのだ。

分割の合意はできているので、すぐにでも遺産分割協議書を作り、財産の名義変えもしていきたいところだったが、未成年者の場合は、本人が遺産分割協議をすることはできない。

原則として、親が相続人でない場合は、親が子どもの代理人になることができるが、弟の子どもは2人とも未成年。母親が代理人になれるのは1人のみと法律で決まっているため、もう1人の代理人は、家庭裁判所に特別代理人の選任を申請する必要がある。

特別代理人は親族でも、他人でも構わないが、家庭裁判所への書類申請の費用や手間がかかり、時間も必要となる。

さて、こんなケースではどうするべきだろうか。

>>次ページ「未成年の孫が相続人の場合はどうしたらいいのか?」

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. シニア 「車の運転」「振り込め詐欺対策」「財産の承継」シニア2000名の…
  2. 「争族」を避けたいなら、遺言書は書いておこう|『子どもを幸せにする遺言書』 「争族」を避けたいなら、遺言書は書いておこう|『子どもを幸せにす…
  3. 【相続事件簿11】相続税額を知ってパニックに!急場をしのぐ秘策と…
  4. 【相続事件簿10】兄弟3人で実家を共有相続!問題先送りの代償は?…
  5. 【相続事件簿09】父の死後に出会った恋人に頼る母……娘の相続はど…
PAGE TOP