新着記事

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキラー」の恐怖

取材・文/わたなべあや高血圧は、サイレントキラーの異名を持つ通り、これといった症状が…

【夕刊サライ/神取忍】自分の体で効果検証中! 最近はまった特製ドリンクとラドンガス吸入器(神取忍の健康・スポーツコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

“走る別荘”モーターホームの国産車「B.C.ヴァーノン」誕生の理由【魅惑のモーターホームライフ 第1回】

写真・文/柳澤史樹

気が向いたらいつでもエンジンをかけて出発。絶景の景色を見つけたらそこが今日の宿泊地。朝日を浴びながら目覚めたら、また次の絶景の地を目ざして出発。そんな夢のような生活を実現できるのが、「モーターホーム」です。

ヨーロッパで発祥、アメリカで驚異的に発展した、宿泊機能をもつ家車(いえぐるま)は、日本では「キャンピングカー」と呼ばれるのが一般的です。しかしモーターホームは、快適な生活と同様の機能やインテリアを備え、レジャーはもちろん、オフィスなど、あらゆる用途に使えるように製作されたものを指します。

これから数回にわたって、このモーターホームを普及すべく取り組んできたパイオニア「Mr.モーターホーム」こと戸川聰さん(80)に、モーターホームの魅力について伺っていきます。1回目の今回は、そもそも戸川さん自身がモーターホームに魅せられ、やがて独自の車種開発に関わるようになった経緯について伺います。

「Mr.モーターホーム」戸川聰さん

■モーターホームとの運命的な出会い

元は「カンツォーネ歌手」として社会人デビューしたという戸川さん。クラブやライブハウスを流しながら、歌と軽快なトークで人気者となり、高名なシャンソン歌手である石井好子さんに見込まれますが、ある女性と大恋愛の末、歌手の道を断念したというロマンチストです。

音楽の道を諦めた戸川さんはその後、有線放送や百科事典のセールスマンなど、持ち前のバイタリティでさまざまな仕事を経験。そんななか、外資系の会社でトップセールスを収めアメリカ旅行へ招待され、そこで初めてモーターホームに出会います。

ワイオミング州のグランドティトンという山をバックにモーターホームが佇む美しいその景色は、彼が青年時代に観たアメリカ映画「シェーン」のラストシーンの背景を想い出させました。

戸川さんは「この景観を日本でもつくり出したい!」と強く思い、モーターホームライフを日本に紹介することを思い立ったそうです。

グランド・ティトン国立公園

しかし時は1970年代半ば。まだ本格的なキャンプ用品店も日本に数店舗、RV車はおろかRVパーツもほとんどないという状況で、戸川さんは中古モーターホームを用意し、料理から運転までが入ったパッケージキャンプツアー 「小さな冒険の旅TREX」を主宰しながら、お客様の開拓に乗り出します。

ここまででも十分凄い運と手腕の持ち主である戸川さん。しかし彼の夢は、この程度で終わるようなものではなかったのです。

■日本に合ったオリジナルモーターホームを開発

その後、国内で順調にモーターホームファンを増やしていった戸川さん。しかしそれまで日本に入ってくるモーターホームは、インフラの整った北米環境の車両を日本で使うときの不便さを感じていたそうです。

そこで戸川さんは、独学で学んだ専門的知識を活かし、日本の環境にあったモーターホームを作ってしまうことにしました。

コンパクトボディーと居住性とを両立させるという開発コンセプトに徹底的にこだわり、二重窓や床・壁の厚さ、水タンクの大きさからシンクの寸法まで、細部まで精密にスケッチしたものをカナダのコーチビルダーに発注。そしてついに1993年、戸川さんのオリジナルモーターホーム「B.C.ヴァーノン」第1号が完成したのです。

シャシーはフォードE350

まるで家のような車内

運転席側の上部がベッド

後部にはキッチンやトイレ

デビューした「B.C.ヴァーノン」は人気車種となり、24年経ったいまでも、エンジンもすこぶる快調で、元気に活躍しているそうです。

B.C.ヴァーノン第1号車発売当時のパンフレット

戸川さんの「B.C.ヴァーノン」は、逐次改良を加えながらも、その後バリエーションが増加。2002年、諸事情により製造中止されるまで、実に338台が納車されました。

■モーターホームライフの普及に邁進

また、オーナーさんを中心に発足したモーターホームクラブ「T.A.S(トレール・アドベンチャー・スピリッツ)」は、毎月1回のミニキャンプ、そして年1回全国各地からオーナーが集まるラリーを開くなど、モーターホームライフの楽しさを普及しています。

また戸川さんは昨年、自身が世に送り出したB.C.ヴァーノンの整備が可能な「トレックス・ガーデン」をJR横浜線の相原駅そばにオープン。ビジネスパートナーの佐藤さんとともに、モーターホームライフの普及に邁進されています。

※ちなみに現在「トレックス・ガーデン」では、オーナーさんが乗ったB.C.ヴァーノンを、引退や新車乗り換えの際にここに託し、新しいオーナーさんを探しています。

トレックス・ガーデン

遊びココロあふれるオフィス

ビジネスパートナー佐藤さんと

それにしても、モーターホームの魅力はもちろんのこと、戸川さんの少年のような笑顔を前にお話を伺っていると、この人の情熱と魅力に、皆がワクワクして惹き込まれてきたんだろうなと思わされます。

今後はモーターホームの選び方や開発のこだわりなど、ひきつづきお伝えしていきます。冒険心、快適さ、そして何といっても自由な生き方をしてみたいという方にはお勧めです。

写真・文/柳澤史樹
フリーライター/ 自分史アドバイザー。歴史を楽しむ情報サイトや企業ファンサイトのマネージメント、ビジネスコンセプトやコピーの執筆、多数の著名人取材などの他、現在は一般社団法人 自分史活用推進協議会認定 自分史活用アドバイザーとして、個人の軌跡を残す「自分史」を活動の軸とする。2016年暮れ、地元横浜から相模原市緑区へ引越し、農的暮らしと執筆生活の両立へシフトチェンジ中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 背筋を伸ばして颯爽と暮らすためにホテルライクな家にする【人生後半…
  2. 趣味を楽しめ、いつでも人を呼べる家にする【人生後半を楽しむリフォ…
  3. アンティークと暮らす家の白いアイランドキッチン【余生を楽しむ住ま…
  4. 長雨の夏も終わり、実りの秋へ【少しずつ始める田舎暮らし 最終回】…
  5. 築100年以上の古民家をカフェ兼住まいに大改装【余生を楽しむ住ま…
PAGE TOP