取材・文/ふじのあやこ

家族の中には、血縁のない『義(理の)家族』という間柄がある。結婚相手の親族関係を指すことが一般的だが、離婚件数が増える現在では、親の再婚相手や、再婚相手の連れ子など、家族の関係は複雑化している。血のつながりがないからこそ生じる問題、そして新たに生まれるものも存在する。義家族との関係を実際に持つようになった当事者にインタビューして、そのときに感じた率直な思いを語ってもらう。

今回お話を伺った千香さん(仮名・38歳)は35歳のときに結婚して、現在は旦那さまと2人の子どもと暮らしています。千香さんの1人目の子どもは、現在の旦那さまと血縁はありません。千香さんの最初の結婚生活は1年にも満たないものでしたが、離婚したときには子どもを身籠っていた状態だったそう。2人目の子どもも結婚当初は望んでいなかったと言います。

「夫に2人の子どもの差を感じられるのが怖くて。子どものことは結婚のときにたくさん話し合って無理には作らない……となっていました。でも、色んなことがあって2人目を授かったのですが……」

小さい頃に父と死別。母の職業である美容師を目指した

千香さんは滋賀県出身で、両親と3歳上に姉のいる4人家族から、幼少期には母親と母方の祖父母と姉の5人家族へ。千香さんは大阪府生まれですが、父親は千香さんが小学校にあがる前に病気で亡くなり、そこからは母方の祖父母がいる滋賀県で、専門学校卒業までの期間を過ごします。

「父の記憶があまりなくて。私の中では父親として思い浮かべるのは祖父です。祖父は私が小学生の頃はまだ働いていて、年齢よりも若く見えました。運動会などで父親が参加するものは、すべて祖父が参加してくれていました。周りの父親よりは老けていたけど、冷やかされるほどではなかったし、祖父は運動神経が良くて背も高くてカッコ良かったから自慢でした。父には申し訳ないけど、祖父がいてくれたから父のいない寂しさをそこまで感じてはいなかった気がします」

結婚する前まで美容師をしていた母親の影響で、千香さんも美容学校に進学して美容師になります。勤めた美容院で知り合ったのが、2歳年上で先輩という立場だった最初の旦那さまだったとのこと。

「美容院は店長と店長の奥さん、そして従業員が3名ほどの小さな美容院で、最初の夫とはそこで知り合いました。大きなところでは働いたことがないからわからないですが、小さいところは結構早めにハサミを握らせてもらえるんです。店長の奥さんは子育ての合間にお店を手伝いに来ているという感じだったので、実質私を抜いて3名でお店を回していました。その忙しさもあって、2年だけでしたがすごく濃い2年でした。

彼にいろいろと教わる形で親密になっていき、そこから付き合いは10年に及びました」

【10年付き合って、結婚半年で離婚。次ページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品