新着記事

おこもり生活に役立つアプリ「radiko」の使い方【スマホ基本のき 第20回】

生活費が足りない、借金返済の場合は嘘をつく、親にお金を借りる理由

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

毎日出勤しても仕事が無い…「社内失業者」にならないために必要なこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

“ながら視聴”でBGM化したテレビ。2人に1人が“聞き逃し”でストレス

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その1~

取材・文/ふじのあやこ

家族の中には、血縁のない『義(理の)家族』という間柄がある。結婚相手の親族関係を指すことが一般的だが、離婚件数が増える現在では、親の再婚相手や、再婚相手の連れ子など、家族の関係は複雑化している。血のつながりがないからこそ生じる問題、そして新たに生まれるものも存在する。義家族との関係を実際に持つようになった当事者にインタビューして、その時に感じた率直な思いを語ってもらう。

両親から「女は結婚が一番の幸せ」と刷り込まれ、仕事にハマるまでそれが正しいと思っていた

今回お話を伺った、彩子さん(仮名・42歳)は、38歳の時に結婚。現在は働きながら、都内で夫との2人暮らしをしている兼業主婦です。2人の馴れ初めは職場の先輩後輩で、夫のほうが年齢は8つ下とのこと。義実家は彩子さんに対して、結婚当初から冷たい態度だったと言います。

「理由は私がかなりの年上だからです。夫にはお姉さんがいて、年齢は私の4つ下。結婚の報告に行った時も、あからさまな反対こそしないものの、年齢のことをチクチク聞かれました。今も少し前に親族で集まった時、聞こえるように『わざわざあんな年上をもらわなくても……』と聞こえてきたのが忘れられません」

彩子さんは山梨県出身で、両親と3歳下に妹のいる4人家族。勉強などには無関心な両親だったものの、28歳を超えた辺りから、帰省の度に結婚の催促を受けていたそうです。

「父親は建築関係の職人で、昔堅気な人。そして母親は専業主婦で、言い方が悪いかも知れませんが、狭い世界でしか生きてこなかった人です。両親とも女性の幸せは結婚にあるといった考えの持ち主で、勉強にうるさくなかったのも、そこまで成績が悪くなかったこともありますが、家庭に入れば関係ないと思っていたんじゃないかな。実際に私自身も男性経験がほとんどない時から、いつかは結婚して幸せになるとずっと思っていました。一種の刷り込みみたいなものでしたね……」

その考えが覆ったのは働きだしてから。多忙な仕事だったものの、彩子さんは楽しかったと振り返ります。

「仕事は、編集職に就きました。業務委託で、お給料もとても安かったけど、昔から本を読むことが好きで出版に興味があったんです。就職活動で受けた出版社は全滅して、ようやく輸入雑貨を扱う企業に内定が決まったんですが、たまたま知り合いから声をかけてもらって。激務で寝る間もないほど働きまくっていましたが、それでも楽しかったんですよね」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【義家族との間】義父亡き後、ゴミ屋敷化した義実家。義両親の持ちマ…
  2. 【義家族との間】義父亡き後、ゴミ屋敷化した義実家。義両親の持ちマ…
  3. 【義家族との間】義妹の子どもの面倒をなぜ私が?コロナ禍の学校休校…
  4. 【義家族との間】義妹の子どもの面倒をなぜ私が?コロナ禍の学校休校…
  5. 【義家族との間】コロナ禍で逃げ場がない。30代に離婚ではなく家庭…
PAGE TOP