新着記事

アルパカミニマフラー|ベビーアルパカの原毛を使用したマフラー。抜群の暖かさ

いまや常識「単数形のthey」をさらに正しく理解しよう|米語辞典から学ぶ新しい英語(1)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編30】

いまや常識「単数形のthey」をより正しく理解しよう|米語辞典から学ぶ新しい英語(1)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編30】

全国のドライバー「2019年あおり運転実態調査」

制限速度で走る、車線変更をした…「あおり運転」をされた理不尽なきっかけ

【ビジネスの極意】欧米式「モチベーション理論」が、なぜ日本社会でうまく機能しないのか?

【ビジネスの極意】欧米式「モチベーション理論」が、なぜ日本社会でうまく機能しないのか?

加重ブランケット『スラウン』|ほどよい圧力で包み込み、快眠に誘う“重たい毛布”

カクシゴトが引き金になる●●離婚とは…|離婚の原因いろいろ

「熟年離婚」「成田離婚」「マザコン離婚」|離婚の原因あれこれ

美意識

美意識が高い40代以上が憧れる女性芸能人TOP3は「天海祐希」「吉永小百合」「北川景子」

進学に関する保護者の意識調査

子供の進学に親はどこまで関与する?|保護者が我が子の進学先を選ぶポイントとは?

8号帆布のデイパックと薄マチショルダーバッグ|シンプルで使いやすい。質実剛健な帆布バッグ

(2)キース・ジャレット『ケルン・コンサート』

「都市」と共演するキース・ジャレットのソロ・ピアノ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道32】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  2. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  3. 写真手前が「ラム串五本セット」1000円。レバー、ショルダー、ランプ、ネックの炭火串焼き。左上「よだれラム」800円。羊のすね肉をロール状にして麻マー辣ラーのタレに漬ける。“赤の泡”と好相性。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

逸品

粋な自転車で東京の下町を走る!tokyobike(トーキョーバイク)のレンタサイクル【見つけたニッポンの佳いモノがたり5】

文・写真/秋山都

東京の「谷根千(谷中、根津、千駄木)」エリアを巡っていると、カメラを片手にこのあたりを散策する50代~70代によく出会う。「夏目漱石の“猫の家”はどこですか?」などと道を聞かれることも多く、しばしばご案内するのだが、そのたびに、このエリアは意外に広く、1日歩いても回りきれないのだが大丈夫かな?と心配になる。

GWも始まり、谷根千エリアが最大級に混み合うこの季節を効率よく楽しむなら、レンタサイクルがおすすめだ。

レンタルは1時間単位500円で、1日なら3,000円。ヘルメットも別途500円で貸してくれる。

「tokyobike(トーキョーバイク)」は東京など都市の街乗りに特化したスポーツ自転車。信号などで頻繁にストップせざることを得ないことを考慮して、スイスイと漕ぎ出せるようタイヤは細め。また路地など細い道も小回りがきくように小さめのホイールを採用するなど、一般のスポーツ自転車がスピードを追求しているのに比して、徹底的に街乗りの利便性にこだわっている。

その自転車を1日レンタルして谷根千や上野界隈をめぐることができるのが「Tokyobike Rentals Yanaka」で行っているレンタサイクルサービスだ。

まずはホームページで利用日と希望のモデルを選択し、あとは動きやすい服装でお店へ行くだけ。1日3,000円で10時~18時30分の間、自由に街を往来できる「足」を確保できるというわけだ。

レンタサイクルのステーションとなる「Tokyobike Rentals Yanaka」。築80年になる元酒屋をリノベーションした佇まいは谷中の風景にすっかり溶け込んでいる。

レンタル時にはこの「サコッシュ」と呼ばれるバッグを持たせてくれる。なかにはこの近辺の地図やメモができるノートが入っているので、現金や携帯電話を入れてタスキがけにしたら準備も万端。谷根千あたりをグルグルと巡るもよし、上野や浅草、蔵前まで足を伸ばすもよし。さあ今日はどこへ行こうかな。

最近話題のシングルオリジンの豆で淹れるコーヒーはONIBUS COFFEEのもの。

シンプルで使いやすい生活雑貨は海外からの観光客からも好評。

「街をもっと楽しんでほしい」というコンセプトのもとデザインされた店内には雑貨が置かれ、カフェも併設されている。この居心地のよい空間で、出発前にルートを相談したり、サイクリングを終えて少し疲れた身体をいたわるのもいいだろう。

新緑萌える東京を駆け抜けて、夕方に冷えたビールを一杯、なんて贅沢なひとときがここでは案外簡単に手に入る。

【tokyobike Rentals Yanaka】
■住所/東京都台東区谷中 4-2-39
■電話/03-5809-0980
■営業時間/10:00-19:00
■定休日/水曜
■アクセス/JR 日暮里駅から徒歩8分、千代田線千駄木駅から徒歩7分
※レンタサイクルの予約はサイトから>> https://www.tokyobikerentals.com

文・写真/秋山都
編集者・ライター。元『東京カレンダー』編集長。おいしいものと酒をこよなく愛し、主に“東京の右半分”をフィールドにコンテンツを発信。谷中・根津・千駄木の地域メディアであるrojiroji(ロジロジ)主宰。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 注ぐだけで普段着ワインの風味が向上!画期的な酒器「BIRDY.デ…
  2. プチギフトの新定番!? 贈られた側がリピート必至の「亀の子スポン…
  3. 財布に忍ばせたい手摺りのポチ袋!東京・谷中『いせ辰』の江戸千代紙…
  4. 炊き立てごはんにのっけていただく至福!東京『千駄木腰塚』のコンビ…
PAGE TOP