新着記事

【子どもの自宅待機】子どものYouTube利用は7割・2人に1人が1日2時間未満の利用

新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(オーバーシュート)対策を阻む「困った人たち」について(前編)【異文化リテラシー レッスン3】

新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(オーバーシュート)対策を阻む「困った人たち」について(前編)【異文化リテラシー レッスン3】

今話題の“高級食パン”、 最も食べている都道府県は?|食パンの気になるあれこれを調査

“高級食パン”食べたことある人は5割以上⁉ 食パンの気になるあれこれ

もしお孫さんが「もの」ばかり要求するとしたら、心が満たされていないからです。【人生のおさらいをするために~児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

子どもの心は日々の食事で満たされる【人生のおさらいをするために~児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

新型コロナウイルスで外出自粛、巣ごもり消費で増えたもの、減ったもの

【ビジネスの極意】優秀な若手社員はなぜ退職するのか?

【ビジネスの極意】優秀な若手社員はなぜ退職するのか?

時代を超えて大きな説得力を持つ言葉の数々|『倉本聰の言葉 ドラマの中の名言』

時代を超えて大きな説得力を持つ「倉本聰の言葉 ドラマの中の名言」

【ASD(自閉症スペクトラム)と子育て実態調査】ASD理解ギャップ編|ASDに対する認知・理解の実態とそのギャップについて

その特性が正しく理解されていない「ASD(自閉症スペクトラム)」と子育ての実態

大人女子の半数が「イボに悩んだ」経験あり! 30歳以上の女性が選んだ対処法と理想の対策

(1)ビル・エヴァンス『自己との対話』(ヴァーヴ) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ) 録音:1963年2月6、9日、5月20日 最初の試みを「3台」で考えたところがじつに大胆。バラードの「ラウンド・ミッドナイト」などはピアノ3台では少々賑やかすぎる感じも受けますが、どうせやるなら狙いは明確に出そうということでしょう。なお、このアルバムはエヴァンス初のグラミー賞受賞作品となりました。

ビル・エヴァンスが3人いる!? 「自己との対話」という挑戦【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道48】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

逸品

注ぐだけで普段着ワインの風味が向上!画期的な酒器「BIRDY.デキャンタ」【見つけたニッポンの佳いモノがたり4】

文・写真/秋山都

日本の町工場における技術力の高さについては、メディアでもよく取り上げられている。いわく、最先端ロケットに使われる部品の金属成形や、アップル社の製品に使われる鏡面仕上げなど、日本の町工場が世界の技術を牽引しているのだとか。

今回ご紹介するのは、そんな職人の技術力が思いがけない商品に結晶したという、ある中小企業の物語だ。

主役となるのは、1951年に創業以来、半世紀以上に渡って自動車部品を作りつづけている横山興業(愛知県・豊田市)。その熟練した職人による研磨技術を活かして、バーテンダーが使うカクテルツールのファクトリーブランド「BIRDY.」(バーディ )を発表し、世界中のバーテンダーから高く評価されてきた。

2016年には新たにテーブルウェアのライン『BIRDY. TABLE』(バーディ テーブル)へとフィールドを広げ、家庭でも気軽に使える商品ラインが増えたが、そんなバーディからこのほど発表されたのが、ステンレス素材を使用した「BIRDY.デキャンタ」。ワインをデキャンタージュするための容器である。

デキャンタージュといえばまず浮かぶのはガラス製のデキャンタ。高級レストランで高価なワインを注文した時にソムリエにやってもらうもの、という印象だった。しかし、この「BIRDY.デキャンタ」は手入れの簡単なステンレス製で、イエ飲みをより楽しくしてくれるすぐれものなのだ。

BIRDY.デキャンタ(ステンレス製)メーカー希望小売価格18,144円(税込み)。

することといえば、飲む直前にデキャンタへグラス1~2杯分を注ぎ、10~20回スワリングする(手でくるくる回してワインに空気をなじませる)だけ。それだけでワインが飲み頃になり、香りが華やかになる劇的な変化が起きるのだ。

その秘密は、デキャンタの内側に職人の手作業で施されたミクロレベルの微細な凹凸。この凹凸によって、揺られるワインに副流が生まれ、より多くの空気に触れることで、短時間のうちにワインをまろやかにするのだという。

このデキャンタが力を発揮するのは、どちらかといえばデイリーな赤・白ワイン。専門家であるワイン&スピリッツ マーケティング・コーディネーターの岡真木さんは「1,000円以下のワイン(とくに渋みや酸味の豊かなカベルネ・ソーヴィニヨン)が2,000円クラスの晴れの日ワインに早変わり。空気との触れ合いで香味成分が際立ち、より複雑でまろやかな風味に」なると言う。

そして変化をとげるのはワインだけではない。山廃、生酛、熟成古酒など、香り・味わいが強い日本酒も、デキャンタージュすることで口当たりがやさしくなり、隠れていた芳香がたってくるのだ。

その味や香りはもちろんだが、ゆったりと変化を楽しむ時間がなにより豊かで楽しいだろう。デキャンタを片手にクルクル、春の宵を楽しんでいただきたい。

【BIRDY.デキャンタについてのお問い合わせ】
■電話/0565-58-5558(横山興業)
■オンラインショップ/ http://www.birdy.shop/

文・写真/秋山都
編集者・ライター。元『東京カレンダー』編集長。おいしいものと酒をこよなく愛し、主に“東京の右半分”をフィールドにコンテンツを発信。谷中・根津・千駄木の地域メディアであるrojiroji(ロジロジ)主宰。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 粋な自転車で東京の下町を走る!tokyobike(トーキョーバイ…
  2. プチギフトの新定番!? 贈られた側がリピート必至の「亀の子スポン…
  3. 財布に忍ばせたい手摺りのポチ袋!東京・谷中『いせ辰』の江戸千代紙…
  4. 炊き立てごはんにのっけていただく至福!東京『千駄木腰塚』のコンビ…
PAGE TOP