新着記事

IMABARI コットンスヌード|無造作に巻いても形が決まる、暖かなコットン襟巻き

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その2~

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その1~

ドレッシング利用者は9割弱。「週に2~3回」がボリュームゾーン

チャーハン? 刺身? 漬け物? サラダだけじゃないドレッシングの意外な利用法

電話に出られない時に知っておきたい3つの対応方法【スマホ基本のき 第1回】

サライ・オリジナル手帳カバーとペンケース|付録の手帳が装着できる革製カバーとペンケース

ラグビー ワールドカップで学ぼう!(2) 国歌から知る出場国の歴史(前編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編27 】

ラグビー ワールドカップで学ぼう!(2) 国歌から知る出場国の歴史(前編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編27】

レトルト食品を利用して料理をする人は全体の9割弱

男性は「カレー」、女性は「パスタソース」が人気! みんなが「レトルト食品」を買う理由

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

老後は笑顔で「平気で生きていく」|『おじいさんになったね』

南伸坊『おじいさんになったね』に学ぶ「平気で生きていく」ということ

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

大正期の若き洋画家たちを支えた男!北山清太郎の情熱の軌跡「ペール北山の夢」展

わが国初のアニメーション作家のひとりでもある「ペール北山」こと北山清太郎(1888-1945)という人物を手がかりに、大正期の日本における西洋美術への熱狂ぶりを体感できる異色の展覧会が、東京駅にある東京ステーションギャラリーで開催されています。(~11月6日まで)

萬鉄五郎《女の顔(ボアの女)》〔1912(大正1)年 岩手県立美術館蔵〕

萬鉄五郎《女の顔(ボアの女)》〔1912(大正1)年 岩手県立美術館蔵〕

明治末から大正初期にかけて、日本では、印象派からポスト印象派、未来派、キュビスム、20世紀のアヴァンギャルドまでのヨーロッパ美術への関心が一気に高まりました。

そんな中、登場した人物が、北山清太郎です。北山は、美術雑誌『現代の洋画』を編集・刊行して西洋美術を紹介していったり、岸田劉生や木村荘八ら若き洋画家たちの活動を支援したり、雑誌等を通じて同時代の画家たちに活動の場を提供したりするなどして、当時の日本洋画界の発展に努めました。

そして後には、日本におけるアニメーション草創期の重要な担い手ともなりました。

動き出す!絵画展・北山清太郎

自宅にてアニメーション原画制作中の北山清太郎(大正8年頃)

『現代の洋画』第2号〔和歌山県立近代美術館蔵〕

『現代の洋画』第2号〔和歌山県立近代美術館蔵〕

本展では、日本の洋画の裾野を広げた知られざるパトロン・北山清太郎という人物を手がかりに、モネ、ゴッホ、ピカソなど当時憧れの対象となった西洋美術の名作、それに影響を受けて展開された日本の作家による油彩、彫刻など約130点と資料類を展示。もって大正期の日本における西洋美術への熱狂と、近代日本美術の動向を概観します。

フィンセント・ファン・ゴッホ《雪原で薪を集める人々》〔1884年 吉野石膏株式会社蔵(山形美術館に寄託)〕

フィンセント・ファン・ゴッホ《雪原で薪を集める人々》〔1884年 吉野石膏株式会社蔵(山形美術館に寄託)〕

本展の見どころを、東京ステーションギャラリーの学芸室長、田中晴子さんにうかがいました。

「明治末から大正初期にかけ、日本の美術界には、西洋美術の情報を欲する動き、それに応じて新しい絵画を作り出す動きがありました。

新しく生まれる絵画を歓迎し、支えた存在として、北山清太郎がいます。画家たちはゴッホを支えたパリの画材商ペール・タンギー(ペール=おやじ)になぞらえて、彼を“ペール北山”と呼びました。

本展は、激動期に注目を浴びた萬鉄五郎や岸田劉生、木村荘八といった作家たちによる作品や、西洋美術の大家による作品と併せて、約130点を展示いたします」

草創期の日本アニメの貴重な映像も観ることができます。ぜひ会場にてご覧ください。

動き出す!絵画 ペール北山の夢 -モネ、ゴッホ、ピカソらと大正の若き洋画家たち-
■会期/2016年9月17日(土)~11月6日(日)会期中一部展示替えあり
■会場/東京ステーションギャラリー
■住所/東京都千代田区丸の内1-9-1
■電話番号/03・3212・2485
■料金/一般1000(800)円 高校・大学生800(600)円 ( )内は20名以上の団体料金 ※中学生以下無料、障がい者手帳所持者は100円引(介護者1名は無料)
■開館時間/10時から18時まで、金曜日は20時まで(入館は閉館30分前まで)
■休館日/月曜日(ただし9月19日、10月10日は開館)、9月20日(火)、10月11日(火)
■アクセス/JR東京駅丸の内北口改札前(東京駅丸の内赤煉瓦駅舎内)

取材・文/池田充枝
1989年「サライ」の創刊時より歴史資料の調査や展覧会情報を中心にフリーランスで「サライ」の取材・執筆に携る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 《麗子肖像(麗子五歳之像)》1918年10月8日 東京国立近代美術館 制作年順に並べることで発見できる、岸田劉生の新たな魅力【没後90…
  2. 「円山・四条派」とは何か? その全貌に迫る【円山応挙から近代京都…
  3. 原三溪ポートレイト 提供:三溪園 明治時代から昭和初期の大コレクター・原三溪が夢見た幻の美術館を具…
  4. 大津絵 猫と鼠 1幅 江戸時代 町田市立博物館蔵 ほっこり癒やされる日本美術が大集合!【特別展 日本の素朴絵― ゆ…
  5. 妖女襖絵 京都の夏を涼しくする、妖女と幽霊・妖怪たち【高台寺・百鬼夜行展と…
PAGE TOP