新着記事

【ビジネスの極意】欧米式「モチベーション理論」が、なぜ日本社会でうまく機能しないのか?

【ビジネスの極意】欧米式「モチベーション理論」が、なぜ日本社会でうまく機能しないのか?

加重ブランケット『スラウン』|ほどよい圧力で包み込み、快眠に誘う“重たい毛布”

カクシゴトが引き金になる●●離婚とは…|離婚の原因いろいろ

「熟年離婚」「成田離婚」「マザコン離婚」|離婚の原因あれこれ

美意識

美意識が高い40代以上が憧れる女性芸能人TOP3は「天海祐希」「吉永小百合」「北川景子」

進学に関する保護者の意識調査

子供の進学に親はどこまで関与する?|保護者が我が子の進学先を選ぶポイントとは?

8号帆布のデイパックと薄マチショルダーバッグ|シンプルで使いやすい。質実剛健な帆布バッグ

(2)キース・ジャレット『ケルン・コンサート』

「都市」と共演するキース・ジャレットのソロ・ピアノ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道32】

不動産のプロ104人に聞いた、30年後に価値の落ちない物件とは|東京近郊のタワーマンションで一番価値が上がるエリアは!?

間違いだらけのタワマン選び|不動産のプロ100人に聞いた「価値が下がらないタワーマンションエリアランキング」(東京近郊編)

雇用保険、健康保険について【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

定年後の「雇用保険」「健康保険」、どうしたらいい?【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

エコ・ドライブ グローバル電波時計|僅かな光を動力にする「エコ・ドライブ」搭載。海外対応の電波時計ゆえ時刻合わせは不要

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  2. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  3. 写真手前が「ラム串五本セット」1000円。レバー、ショルダー、ランプ、ネックの炭火串焼き。左上「よだれラム」800円。羊のすね肉をロール状にして麻マー辣ラーのタレに漬ける。“赤の泡”と好相性。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

美味

羽釜で炊いた香り高いご飯が格別! 沖縄「カヌチャリゾート」の和食店で味わう朝食

【私のお気に入り~第115回】
沖縄・名護市「カヌチャリゾート」

カヌチャ・リゾート3_s

沖縄県本島の東海岸に約80万坪という広大な敷地を有する「カヌチャリゾート」。

   

カヌチャ・リゾート2_s

敷地内のゴルフ場。

 

   
那覇空港から高速道路を使って約1時間半、米軍基地で問題になっている辺野古の先、美しい海をのぞむ広大な敷地に「カヌチャリゾート」があります。ゴルフコースを包み込むように宿泊施設のヴィラが点在していて、施設間の移動には循環バスのほかにカートとよばれる小型自動車が用意されていて、運転免許証があれば自分でハンドルを握りながら海にもプールにもレストランにも自由に出かけることができます。

沖縄には当地ならではの美味しい料理がたくさんありますが、沖縄に出かけていつも思うことは、ご飯(白米)がいまひとつ美味しいと感じられないことでした。沖縄の名物料理をいただいても、最後のご飯が美味しくないと、印象が際立ちません。

ところが、先日、「カヌチャリゾート」を訪れた際、初日の晩に日本料理店『神着(カヌチャ)』で味わった「筍めし」は、沖縄でいただいていることを忘れるほどの香り高いものでした。ご飯が美味しいと筍まで光るのですね。

カヌチャリゾート15;朝食1_s

戸外に用意した羽釜で米炊きをする『神着』の料理人。

    

翌日、同じ『神着』で朝ご飯を食べました。店に行く途中で、料理人が薪を使って羽釜で米を炊き上げる釜炊きに精を出している光景を目にしました。

この炊き立てご飯の、艶があって、甘い香りの漂う美味しさは格別です。味噌汁も香り高く、それでいて味噌味が強くなく、香の物も質の良いものを程よく盛り合わせていました。

カヌチャリゾート17;朝食3_s

羽釜で炊いたご飯が味わえる『神着』の朝食。

 

さらに、海苔やたまご、納豆は食べたい人のために別のテーブルに用意されています。盛りだくさんにならず、朝食に必要なものはきちんと並べられています。日本中の宿のお手本にしたいほどの朝御飯でした。

 

カヌチャ・リゾート4;龍宮1_s

沖縄のブランド豚「アグー豚」を使った『龍宮』の「薄切り豚肉のにんにくソース」。

    

2日目の夕食は『広東名菜 龍宮(りゅうきゅう)』で中華料理いただきました。前菜の「薄切り豚肉のにんにくソース」は「雲白肉(ウンパイロウ)」といって四川料理の定番メニューです。豚肉に沖縄固有の「アグ―豚」を使い、それに同じく薄く切った胡瓜(きゅうり)と辛味のにんにくソースが絡んで、食欲をかき立てる逸品でした。

総じて「カヌチャリゾート」の食事は、リゾートホテルの食事の概念を覆す美味しさといっても過言ではありません。真夏を外して、また訪れてみたい、私のお気に入りのリゾートになりました。

【カヌチャリゾート】
住所/沖縄県名護市字安部156-2
TEL/ホテル&ヴィラズ:0980-55-8880(代表)
https://www.kanucha.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 国内旅行ランキング 2019年夏休みの国内旅行予約ランキング|6年連続で沖縄が1位!…
  2. タンカン|冬の沖縄を代表するフルーツを楽しむ【沖縄ぬちぐすい紀行…
  3. 滋味深き琉球料理!冬の沖縄で味わいたい旬の味覚案内【冬の沖縄おと…
  4. 菜飯(セーファン)|宮廷料理の流れを組む首里の伝統料理【沖縄ぬち…
  5. 沖縄特産のスーパーフードやフルーツをたっぷり使ったスムージー【沖…
PAGE TOP