新着記事

オイルポット・ストーブ|見ているだけで心温まる鋳鉄製のアロマポット 【家族のかたち】父親と同じように離婚、そして子供と離れて暮らすように。当時の父親の気持ちが痛いほどわかるようになった~その2~ 【家族のかたち】父親と同じように離婚、そして子供と離れて暮らすように。当時の父親の気持ちが痛いほどわかるようになった~その2~ 【家族のかたち】両親の不仲、別居、そして離婚。離れて暮らす父親は会いたいといつも言ってくれていた~その1~ 【家族のかたち】両親の不仲、別居、そして離婚。離れて暮らす父親は会いたいといつも言ってくれていた~その1~ 甘えん坊の猫さんに試してみてくださいね 猫の運動不足&ストレス解消には「キャットアジリティー」が効果的【にゃんこサライ特別編】 造園家・小杉左岐さん(72歳)の朝めし自慢「60代に入ってから塩分と油分を控えた献立です」 倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|日本の伝統皮革・鹿革製のスニーカー Culture NIPPON シンポジウム2018 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」東京大会が行なわれました 角野栄子さん 角野栄子さん講演会「現在進行形で生きる」のお知らせ[PR] 親の終の棲家をどう選ぶ?| 有料老人ホーム、倒産したのに前払い金が戻らない⁉ 親の終の棲家をどう選ぶ?| 有料老人ホーム、倒産したのに前払い金が戻らない⁉ 腰丸めストレッチ 1日10回で反り腰を改善!イスに座ってできる簡単腰丸めストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第12回】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん
  2. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

謎めいた双子の老婆役を演じた市原悦子|『八つ墓村』【面白すぎる日本映画 第27回】

八つ墓村
文・絵/牧野良幸

ドラマ『家政婦は見た!』の家政婦役やアニメ『まんが日本昔ばなし』の語りで親しまれてきた女優の市原悦子さんが1月に亡くなった。そこで今回は追悼の意を込めて、市原悦子さんが出演した映画『八つ墓村』を取り上げてみたい。

『八つ墓村』はご存知、1977年(昭和52年)に公開された横溝正史原作のミステリー映画だ。

といっても市原さんの役どころは連続殺人事件を目撃する家政婦ではない。謎につつまれた八つ墓村の旧家、多治見家を取り仕切る双子の老婆の姉、多治見小竹である。言わば“見られる側”の役どころだ。

双子の老婆という設定がいかにも謎めいていている。登場した瞬間から「絶対このおばあさんには何かある」と、一挙一動が気になる。主人公の辰也(萩原健一)の目の前で、小竹が病にふしている多治見家の当主、久弥(山崎努)に、薬を飲ませたとたんに死んでしまうのだからますます怪しい。医者は「興奮したせいでしょう」と言うけれど毒殺ではないのか?

当時、市原悦子にとって老婆役は老け役もいいところだ。それも怪しげな老婆ということでメイクが濃い。さらに双子だからいつも妹の小梅(山口仁奈子)と並んでいるわけで見分けがつきにくい。こうなると女優市原悦子の個性もキャラに隠れてしまうのではと危惧したけれど、観てみるとやっぱり市原悦子と思うのである。

初めて辰也を見たときの、

「血は争えんもんじゃなあ」

というセリフ。老婆にしてはどこか艶やかな声だ。しかし『まんが日本昔ばなし』でも魅了した語り口は多治見家が背負ってきた怨念を十分に感じさせる。

特徴のある目も健在だ。小竹の意味深な視線だけでも心動かされ、「やっぱり、このおばあさん……」とミステリーにハマっていくのである。

まあ真犯人が誰かということは伏せておくとしても、『八つ墓村』には双子の老婆のほかにキャラクターが立っている登場人物がいる。

それが28年前に村人を32人も殺した多治見要蔵(山崎努の二役)だ。懐中電灯を二本、ツノのように頭にくくりつけて、日本刀や猟銃で次々と村人を殺戮していくシーンは、公開当時に随分話題になったものだ。

ただこの『八つ墓村』が面白いのは、双子の老婆や多治見要蔵ばかりでなく、ほかの人物も個性的というところにある。

渥美清の金田一耕助は言うに及ばず、ショーケンこと萩原健一が演ずる辰也。さらにはその辰也を遺産相続人として八つ墓村に案内する美也子に小川真由美、多治見家の次女である春代に山本陽子とスクリーン映えする俳優が出演している。

とくに萩原健一はカッコいいなあと思う。辰也は事件に巻き込まれるものの、東京の空港で働く平凡な青年だ。それなのに八つ墓村に伝わる忌まわしい話を聞いても取り乱したりしない。ドラマ『太陽にほえろ!』のマカロニ刑事役で見せたワイルドさがある。

このように『八つ墓村』はただ怖いのではなく見ごたえのある映画だ。サスペンスを得意とした野村芳太郎監督の手腕もあるだろうが、やはり横溝正史の世界観が独特なのだろう。なかでも双子の老婆を創り出したことが秀逸だ。その意味で市原悦子の演ずる小竹は壮絶なラストシーンまで観客の眼を離さない。どうぞ観てみてください。

【今日の面白すぎる日本映画】
『八つ墓村』
製作年:1977年
製作・配給:松竹
キャスト/ 萩原健一、小川真由美、山崎努、渥美清、市原悦子、ほか
スタッフ/監督:野村芳太郎 脚本:橋本忍 原作:横溝正史 音楽:芥川 也寸志

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。著書に『僕の音盤青春記』『オーディオ小僧のいい音おかわり』(音楽出版社)などがある。ホームページ http://mackie.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 面白かった80年代の洋画ランキング|3位スター・ウォーズ、2位はターミネーター、では1位は? 面白かった80年代の洋画ランキング|3位スター・ウォーズ、2位は…
  2. 秋刀魚の味 小津映画の中で魅力を発散した女優・岩下志麻|『秋刀魚の味』【面白…
  3. 忠臣蔵 年末の定番映画といえばこれ!『忠臣蔵』【面白すぎる日本映画 第2…
  4. 新幹線大爆破 世界に誇れるパニック映画 『新幹線大爆破』【面白すぎる日本映画 …
  5. 当時31歳の樹木希林が演じた老婆役が光る『寺内貫太郎一家』【面白…
PAGE TOP