新着記事

もみじ盆栽|漆器の鉢植えのもみじで四季の移ろいを楽しむ

国宝 海磯鏡 唐または奈良時代・8世紀 東京国立博物館(法隆寺献納宝物)(通期展示)

正倉院宝物と法隆寺献納宝物が一堂に【御即位記念特別展 正倉院の世界―皇室がまもり伝えた美―】

イマドキ60代独身は「気楽」「自由」を背景に約半数が老後も「1人で過ごしたい」

結婚しない60代は「気楽」「自由」に、老後も1人で過ごしたい

【娘のきもち】母親の口癖は「早く自立して」。親子の絆の呪縛から解放されたきっかけは“保証人”~その2~

【娘のきもち】母親の口癖は「早く自立して」。親子の絆の呪縛から解放されたきっかけは“保証人”~その1~

楊洲周延著 千代田の大奥神田祭礼上覧 狆のくるひ(国立国会図書館アーカイブズ)

狆と呼んだ娘と結婚した日露戦争の英雄・秋山好古

腰痛・坐骨神経痛の改善はストレッチから!痛む部位別にわかる簡単ストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第28回】

腰痛・坐骨神経痛の改善はストレッチから! 痛む部位別にわかる簡単ストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第28回】

IMABARI コットンスヌード|無造作に巻いても形が決まる、暖かなコットン襟巻き

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その2~

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その1~

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

謎めいた双子の老婆役を演じた市原悦子|『八つ墓村』【面白すぎる日本映画 第27回】

八つ墓村
文・絵/牧野良幸

ドラマ『家政婦は見た!』の家政婦役やアニメ『まんが日本昔ばなし』の語りで親しまれてきた女優の市原悦子さんが1月に亡くなった。そこで今回は追悼の意を込めて、市原悦子さんが出演した映画『八つ墓村』を取り上げてみたい。

『八つ墓村』はご存知、1977年(昭和52年)に公開された横溝正史原作のミステリー映画だ。

といっても市原さんの役どころは連続殺人事件を目撃する家政婦ではない。謎につつまれた八つ墓村の旧家、多治見家を取り仕切る双子の老婆の姉、多治見小竹である。言わば“見られる側”の役どころだ。

双子の老婆という設定がいかにも謎めいていている。登場した瞬間から「絶対このおばあさんには何かある」と、一挙一動が気になる。主人公の辰也(萩原健一)の目の前で、小竹が病にふしている多治見家の当主、久弥(山崎努)に、薬を飲ませたとたんに死んでしまうのだからますます怪しい。医者は「興奮したせいでしょう」と言うけれど毒殺ではないのか?

当時、市原悦子にとって老婆役は老け役もいいところだ。それも怪しげな老婆ということでメイクが濃い。さらに双子だからいつも妹の小梅(山口仁奈子)と並んでいるわけで見分けがつきにくい。こうなると女優市原悦子の個性もキャラに隠れてしまうのではと危惧したけれど、観てみるとやっぱり市原悦子と思うのである。

初めて辰也を見たときの、

「血は争えんもんじゃなあ」

というセリフ。老婆にしてはどこか艶やかな声だ。しかし『まんが日本昔ばなし』でも魅了した語り口は多治見家が背負ってきた怨念を十分に感じさせる。

特徴のある目も健在だ。小竹の意味深な視線だけでも心動かされ、「やっぱり、このおばあさん……」とミステリーにハマっていくのである。

まあ真犯人が誰かということは伏せておくとしても、『八つ墓村』には双子の老婆のほかにキャラクターが立っている登場人物がいる。

それが28年前に村人を32人も殺した多治見要蔵(山崎努の二役)だ。懐中電灯を二本、ツノのように頭にくくりつけて、日本刀や猟銃で次々と村人を殺戮していくシーンは、公開当時に随分話題になったものだ。

ただこの『八つ墓村』が面白いのは、双子の老婆や多治見要蔵ばかりでなく、ほかの人物も個性的というところにある。

渥美清の金田一耕助は言うに及ばず、ショーケンこと萩原健一が演ずる辰也。さらにはその辰也を遺産相続人として八つ墓村に案内する美也子に小川真由美、多治見家の次女である春代に山本陽子とスクリーン映えする俳優が出演している。

とくに萩原健一はカッコいいなあと思う。辰也は事件に巻き込まれるものの、東京の空港で働く平凡な青年だ。それなのに八つ墓村に伝わる忌まわしい話を聞いても取り乱したりしない。ドラマ『太陽にほえろ!』のマカロニ刑事役で見せたワイルドさがある。

このように『八つ墓村』はただ怖いのではなく見ごたえのある映画だ。サスペンスを得意とした野村芳太郎監督の手腕もあるだろうが、やはり横溝正史の世界観が独特なのだろう。なかでも双子の老婆を創り出したことが秀逸だ。その意味で市原悦子の演ずる小竹は壮絶なラストシーンまで観客の眼を離さない。どうぞ観てみてください。

【今日の面白すぎる日本映画】
『八つ墓村』
製作年:1977年
製作・配給:松竹
キャスト/ 萩原健一、小川真由美、山崎努、渥美清、市原悦子、ほか
スタッフ/監督:野村芳太郎 脚本:橋本忍 原作:横溝正史 音楽:芥川 也寸志

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。著書に『僕の音盤青春記』『オーディオ小僧のいい音おかわり』(音楽出版社)などがある。ホームページ http://mackie.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー 「アメリカン・ニューシネマの洗礼を受けた」映画|『ダーティ・メリ…
  2. “男の憧れ俳優”松田優作主演! 男の血が騒ぐ映画|『蘇る金狼』【面白すぎる日本映画 第33回】 “男の憧れ俳優”松田優作主演! 男の血が騒ぐ映画|『蘇る金狼』【…
  3. 海底軍艦 東宝の誇る名優集結! オトナの特撮映画『海底軍艦』【面白すぎる日…
  4. 『あなたへ』 降旗康男監督と高倉健が組んだロードムービー『あなたへ』【面白すぎ…
  5. コミック雑誌なんかいらない! 人も社会もパワーがあった80年代と内田裕也の存在感『コミック雑誌…
PAGE TOP