新着記事

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

喜ばれるお持たせは高級デパ地下で!「GINZA SIX」 秋の「手土産スイーツ」10選

実りの秋がやってきた。デパ地下には、旬の食材をふんだんに使ったフードやスイーツが勢ぞろいだ。…

見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博展

取材・文/池田充枝新しい日本画を世界に認知させ、真に国際性をもった芸術にすべく幅広い…

もし「がん」の宣告を受けたら? まず、これだけはしておこう

文/鈴木拓也日本では、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡する。これは、…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・1|アポロ、挑戦の軌跡

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

南部鉄器のごはん鍋|蓄熱性と気密性の高い鉄器で新米をおいしく炊き上げる

昭和50年(1975)、国から伝統工芸品第1号の指定を受けたのが、岩手県の南部鉄器だ。17世…

【娘のきもち】娘の離婚にも気丈に振る舞う父。辛い経験を過去のものにできたのは父の言葉だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】今まで放任だったのに、専門学校に進みたい私を許さなかった父。父親は会話が成立しない人なんだと認識した学生時代を過ごし~その1~

取材・文/ふじのあやこ 近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中…

ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…

取材・文/池田充枝孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つゴルゴ13。本名、…

5分でわかる!いまさら聞けない「年金制度」基本のキ

文/中村康宏日本の社会保障制度の中核をなす「医療」と「年金」。医療費増加が社会問題になる…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

【学年誌が伝えた子ども文化史】昭和45年、華々しく開幕した大阪万博

学年誌の記事で振り返る昭和のニュースと流行!

1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる学年別学習雑誌「小学五年生」「小学六年生」が小学館から創刊された。翌年には「小学四年生」、1924年には、後に「小学一年生」「小学二年生」「小学三年生」となる「セウガク一年生」「セウガク二年生」「せうがく三年生」が相次いで創刊され、小学生を対象とした学年別の総合雑誌「学年誌」のラインナップが誕生した。

子どものための総合情報誌として、ニュース、イベント、芸能、スポーツ、流行、ファッション、ホビーなど、あらゆる情報を発信し続けた「学年誌」。そんな「学年誌」が一番輝いていた昭和の膨大なバックナンバーから、時代ごと、テーマごとに記事を厳選して構成した『学年誌が伝えた子ども文化史「昭和40~49年編」「昭和50~64年編」「昭和30~39年編」』(小学館)の3冊が刊行された。本記事はその中から、サライ読者にグッとくるトピックスを厳選してお届けする!

* * *

日本万国博覧会1(昭和45年・1970年)

『学年誌が伝えた子ども文化史(昭和40~49年編)』より

国内外あわせて個性豊かな116館が参加 大人気のパビリオン

「人類の進歩と調和」をテーマに華々しく開幕した大阪万博。人気のパビリオンには長蛇の列ができ、展示はもちろん、無料で入手できるパンフレットの収集にも余念がなかった。

「小学五年生」1970年4月号

アメリカ館、ソ連館、日本館が人気ベスト3

大阪万博には日本を含め77か国が参加。多くの企業、研究者、建築家、芸術家らの創造力が集結した国内外のパビリオンが建ち並んでいた。

人気があったパビリオンは、リニアモーターカーの模型が展示されていた日本館、「月の石」が大人気展示だったアメリカ館、110mと万博一の高さの建物で、宇宙開発についての展示が目を引くソ連館などだった。

日本企業が手がけたパビリオンも数多く登場。50年後の日本を最新技術によって体感できる三菱未来館。万博一の長さ40mのエスカレーターも印象的で、パイロット体験ができた日立グループ館。黒川紀章が手がけ、その見た目から「万博のゴジラ」とも呼ばれた東芝IHI館など、個性あふれるパビリオンが建ち並んだ。

一方、怪獣のような柱につりさげられた奇抜な建物に注目が集まったオーストラリア館、鏡張りの美しい建物のカナダ館、35000個もの電球に光が灯る「光の木」が話題となったスイス館など、海外パビリオンも人気を集めた。その独創的な建物群は見る者を圧倒する迫力だった。

各国のパビリオンをめぐることで、まだ縁遠かった外国の雰囲気も味わえた。ビルマ(現ミャンマー)など、今はない国名の展示館も。「小学五年生」1970年4月号

※本記事は『学年誌が伝えた子ども文化史 昭和40~49年編』より抜粋・転載したものです。

[ワンダーライフスペシャル]
学年誌が伝えた子ども文化史●昭和40~49年編 定価本体1200円+税(ISBN 9784091066107)

amazon

●昭和50~64年編 定価本体1200円+税(ISBN 9784091066152)

amazon

●昭和30~39年編 定価本体1200円+税(ISBN 9784091066183

amazon

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【学年誌が伝えた子ども文化史】昭和45年の小学生による「ぼくらの…
  2. 【学年誌が伝えた子ども文化史】クラスメイトもみんな興味津々。大阪…
PAGE TOP