新着記事

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

知る人ぞ知るパンの名店!沖縄・宗像堂の天然酵母パン10選

文/編集部沖縄本島中部の宜野湾市にある『酵母パン 宗像堂』は、天然酵母パンづくりの先駆けとし…

【夕刊サライ/福澤朗】武夷岩茶を訪ねて(福澤朗の美味・料理コラム 第6回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

知られざる人気スポット!香港の離島「ラマ島」で過ごすのんびり休日

文・写真/りんみゆき(香港在住)香港(ホンコン)と聞くと、高層ビルが建ち並ぶ光景、またはショ…

あなたの猫は大丈夫?高齢シニア猫の「老い支度」に欠かせないこと

文/鈴木拓也日本人の平均寿命の伸びがしばしば話題となるが、飼い猫の寿命も伸びている。…

【夕刊サライ/パラダイス山元】ドイツ・ガッゲナウ:男のマロンを掻きむしられるほど極端なクルマに乗りに行く旅(パラダイス山元の旅行コラム 第6回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

競輪マニアだった坂口安吾の愛用のストップウォッチ【文士の逸品No.28】

◎No.28:坂口安吾のストップウォッチ文/矢島裕紀彦「一生涯(略)走りつづ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

逸品

世界限定257本!北斎ラベルの43年物モルトウイスキー

文/編集部

かの葛飾北斎の知られざる傑作《諸国瀧廻り 木曽路ノ奥阿弥陀ヶ瀧》をご存じだろうか。日本各地の名瀑を描いた揃物八図のうちの一点で、流れ落ちる前の川を丸く描き、瀧を白く抜いた技法は秀逸。宇宙船が飛び上がるようにも見えるその構図は、まさに衝撃的だ。

葛飾北斎《諸国瀧廻り 木曽路ノ奥阿弥陀ヶ瀧》を、東京伝統木版画工芸協同組合が数年かけて復刻したもの。木版を手がけたのは、安政年間創業の「高橋工房」。いくつもの版木を使って、色を重ね摺り上げる伝統技法を現代に伝える浮世絵の名工房だ。

そんな北斎の傑作をラベルに用いた特別なモルトウイスキーが、小学館の通販メディア『大人の逸品』にて発売された。(商品詳細はこちらから

今企画のために、世界的なウイスキー評論家として有名な山岡秀雄氏が厳選したウイスキーは、『スペイサイド・リージョン・モルト1973』。その名が示すとおり、スコッチウイスキーの産地として名高い英国スコットランド・スペイ川流域で1973年に蒸留された、じつに43年物という逸品中の逸品だ。

スペイ川は、スペイサイドウイスキー製造にとって母なる河川だ。

「スペイサイドのさる蒸留所で作られたモルト原酒を、シェリーを長期間熟成したアメリカンオークの樽で43年間熟成したものです。52・1%の度数が維持されていて、ナッツと果実の芳醇な香りが特徴です。著名な瓶詰め業者カールステン・エールリッヒ氏が手がけた、スペイサイド・リージョン・モルトの中でも、最高の傑作です」(山岡氏)

ウイスキー評論家・山岡秀雄氏。ウイスキーコレクターとして有名で、世界的なネットワークを持つ。海外のノージングコンテストで8回の優勝歴を誇る。著書にDVDBOOK『シングルモルトのある風景』(小学館)、翻訳書に『モルトウイスキー・コンパニオン』(共訳・小学館)など多数。

そもそものウイスキーの語源は、ゲール語で「命の水」という意味の“ウシュクベーハー”であったとされているが、まさにこの「命の水(Water of Life)」を象徴するような北斎の名瀑図をまとったこの北斎ラベルのモルトウイスキーは、新春を寿ぎつつ傾けるのにぴったりの、希少性の高い特別な一本である。

当然ながら数も限られ、世界限定257本のみとなっている。

【木曽路ノ奥阿弥陀ヶ瀧ラベル スペイサイド・リージョン・モルト1973】
内容量:700㎖
アルコール度数:52.1%
原材料:モルト
原産地:スコットランド(英国)
税込み価格 :4万8600円

※お求めはこちらから。
↓↓↓

http://goo.gl/qvXPrX

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP