新着記事

専門家と歩く江戸城特別ツアー、江戸時代の幻の菓子に参加者驚く!

家康が作った江戸城をCGで完全再現したサライ・ムック『サライの江戸 江戸城と大奥』の発売にあ…

ほとんどの日本人が知らない「老眼」最新治療トレーニング

文/鈴木拓也多くの人が40~50代にかけて老眼にかかる。そして、大半の人は「年だから…

シチリア料理の定番中の定番!本格「イワシのパスタ」の作り方

取材・文/わたなべあやイタリア南部、地中海に囲まれたシチリア島。オリーブオイルやワイ…

ダイナミックすぎる『オメガパーク』で体重約1トンの巨大野生動物に出会う

文・写真/藤木 香(カナダ在住ライター)いつかこの目で本物のカリブー(トナカイ)を見…

キリシタン大名・高山右近と加賀前田家との意外な深イイ関係とは【にっぽん歴史夜話5】

 文/砂原浩太朗(小説家)キリシタン大名として著名な高山右近(たかやま・うこん、1552~1…

【夕刊サライ/福澤朗】カレーに合う日本酒!? 知る人ぞ知る「貴醸酒」に脱帽(福澤朗の美味・料理コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

軽症うつ病の治療にも効果的な「不眠解消」の具体的方法【名医に聞く健康の秘訣】

取材・文/わたなべあや人生、どうしても壁にぶち当たることがあります。離婚や介護、過労…

白洲次郎夫妻の旧邸「武相荘」を味わい尽くす写真イベント《Art of Life(日常の美)》

終戦直後、GHQとの折衝を担った実業家・白洲次郎と、日本の美意識を探究しつづけた稀代の随筆家…

【夕刊サライ/パラダイス山元】突き抜けた、極端なことだらけの生まれ故郷への旅(パラダイス山元の旅行コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

虫歯がない自慢の人ほど危険!歯周病を防ぐ5つの習慣とは

口内環境が健康寿命を左右する、ということをご存じだろうか。口は、食べ物の入口であるが、病気の入口にもなりうる。全身の健康を左右する「歯周病」の原因と予防法を知り、健康維持のために日常生活を見直したい。

そこで今回は、歯科医の野本秀材さん(サクラパーク野本歯科院長)指導のもと、【歯周病を防ぐ5つの習慣】についてご紹介しよう。

■1:鏡を見て歯ぐきをチェックする

自分で磨き残しを見つけることは難しいが、歯ぐきの状態はひと目でわかる。歯ぐきが赤い場合は歯肉炎が疑われる。歯肉炎が進行すると歯周病に移行し、骨が溶けるために歯ぐきが下がってくる。毎日鏡を見てチェックすることが、いちばんの予防策だ。

●健康な歯ぐき

歯と歯ぐきの境目が三角形に引き締まり、薄いピンク色。

●歯周病の歯ぐき

歯と歯ぐきの境目が丸みを帯びて腫れ、赤黒い。

■2:毎食後、5分以上歯磨きをする

最低でも1日3回、食事の後には歯磨きするのは必須 。歯の表裏、歯ぐきとの境目を磨き、すべての歯間をケアすると、少なくとも5分はかかるはずだ。磨き方は歯の部位によって異なるので磨き分けること(下写真参照)。

●前歯や犬歯

歯ブラシを45度の角度で歯と歯ぐきの間に当て、細かく動かす。

●奥歯の表面

歯垢がつきやすい奥歯の溝は、上から歯ブラシを当て、前後に動かす。

●前歯の裏側

下の前歯の裏は、歯ブラシのかかと部分を当て、掻き出すように磨く。

■3:自分に合った歯ブラシと歯間ブラシを選ぶ

50歳以上は歯間ブラシを必ず併用することをすすめる。自分に合った歯ブラシ・歯間ブラシでないと効果が半減、歯や歯ぐきを傷つける原因になる。なかなか自分ではわからないので、歯科医に相談するのが最善。

歯間ブラシはさまざまな種類があるので、自分の歯間に合わせて選ぶことが肝要。

歯ブラシが届きにくい奥歯の間は、L字形の歯間ブラシが使いやすい。

■4:だらだら間食をしない

食事の後は口内が一気に酸性に傾くが、唾液は弱アルカリ性なのでやがて中和される。しかし、頻繁に間食をすると、ずっと酸性の状態が続くため、虫歯や歯周病、酸蝕症の原因になる。

口の中のpHが5.5以下になると、歯の表面にあるエナメル質が溶け始める。酸度の強い食品を頻繁に口にする人は要注意。

■5:3~6か月ごとに歯科検診を受ける

歯科検診で大切なのは、汚れを除去してもらうだけでなく、適切に磨けているか、磨き残しはないかをチェックしてもらうこと。痛くなってからではなく、何でもないときに行くからこそ、歯科検診の意味がある。

歯垢が硬くなった歯石は歯周ポケットの中に付着する。歯石ができやすい場所を知り、普段から丁寧に磨くことが大切。

*  *  *

以上、【歯周病を防ぐ5つの習慣】をご紹介した。指導いただいた歯科医の野本さんは、自覚しにくい歯周病を初期段階で発見するには「とにかく鏡を見ること」と話す。

「歯を磨いたら、歯と歯ぐきの境目がちゃんと三角形になっているか、ピンク色かを見てください。丸みを帯びて赤黒く腫れていたら、歯周病のサインです」

その他、歯周病を防ぐための生活習慣を挙げてもらった。

「基本は毎食後の歯磨きです。“歯を磨かなくても虫歯になったことがない”と自慢する人がいますが、そういう人のほうが、歯周病になりやすいものです。高齢者に多いのは、歯根部のう蝕(虫歯)です。歯肉が退縮して下がり露出した歯根部は象牙質でできているため軟らかく、虫歯になって割れやすい。歯周病を防いでいれば、歯根が露出することはありません」

また歯磨きは、世界的に問題視され始めた「酸蝕症(さんしょくしょう)」対策としても有効だという。

「酸蝕症とは、強い酸によって歯の表面が溶けてしまう病気で、清涼飲料水などによる糖分や、酸の強い食品の摂り過ぎが主な原因です。逆流性食道炎の人なども、胃液による酸の影響で罹りやすい。歯磨きが有効な予防手段です」

食後にどうしても磨く時間がない場合は、水でよく口をすすぐだけでもずいぶん違うそうだ。

次回は口内を健康に保つ重要な役割を果たしている“唾液”を増やす唾液腺マッサージ】の方法をご紹介する。合わせてお読みいただきたい。

【今回の案内人】野本秀材さん サクラパーク野本歯科院長。昭和31年、東京生まれ。日本口腔インプラント学会専門医。歯と口腔全体をひとつの器官として捉え、統括的な診療活動に努める。予防歯科学分野にも造詣が深い。

※この記事は『サライ』本誌2016年11月号「大人の歯磨き基本のき」より転載しました。記事内の肩書き等は取材時のものです(取材・文/大津恭子、撮影/福田栄美子、イラスト/岩井勝之)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 認知症と歯周病との意外な関連性が明らかに【名医に聞く健康の秘訣】…
  2. いますぐチェック!忍び寄る魔の「歯周病」自己チェック9項目
PAGE TOP