新着記事

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サカナイフ|魚をさばくために生まれた特別なナイフ

魚の一尾ぐらいは手際よくおろせるようになりたい。そう思ってはみても、なかなか実践に踏み出せず…

知っていればちょっと威張れる!プロサッカー面白トリビア5連発

文/鈴木拓也いよいよ開幕した2018 FIFAワールドカップ ロシア大会。日本代表の…

【夕刊サライ/神取忍】毎日の心がけ、目線を上げて体を動かせば気持ちも前向きに!(神取忍の健康・スポーツコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

なんとそんな効果も!あなたが知らないビタミンCの7つの働き

文/緒方文大昨今の「アンチエイジングブーム」により、老化を防ぐ作用のある「抗酸化物質…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

鷲(ワシ)と鷹(タカ)の違いと究極の見分けポイント3つ


文/柿川鮎子

ワシやタカが悠々と空を飛ぶ姿を見ると、誰もが心を奪われます。王者の風格を備えた美しい姿は、最近、緑化が進み、小鳥やネズミが増えている都心でも観察することができるようになりました。皇居周辺では定期的にオオタカを観察することができます。

徳川家康もタカが大好きで、戦闘訓練と健康維持のために鷹狩を楽しんでいました(参照:「家康も大好き!江戸時代に「鷹狩り」が武士の間で流行った3つの理由」)。過去から現代まで、ワシ・タカ類は人々の心を捉えて離しません。

ところでこのワシとタカ、同じ猛禽類ですが、いったい何が違うのでしょうか? 野鳥観察の際、見た目でワシとタカをどう区別したらよいのでしょうか? 疑問に思っている人は多いでしょう。そこで今回は、ワシとタカの違いについて紹介します。

葛西臨海公園ではミサゴが魚を獲る姿を観察することができます

■基本的には大きさで区別しているだけ!

ワシとタカ、実は同じタカ目タカ科の同じ鳥の仲間ですが、大きい方をワシ、小さい方をタカとして区別しています。具体的に、オオワシとオオタカで大きさの違いを見てみましょう。

オオワシの雄は全長が88㎝、雌はそれより大きくて100㎝、翼開長は約200~250cm程度です。一方、オオタカは雄の全長が約50cm、雌の全長が約60cm、翼開長は約100~130cmぐらいと小型です。

空高く飛んでいても、その大きさの違いは歴然としています。まずは大きいのがワシ、小さいのがタカと覚えておいてください。

■小さいワシや、大きいタカもいて大混乱

大きさによる違いで呼び名を変えている、ワシとタカ。実はこの区別、一見するとわかりやすいのですが、例外がたくさんあります。

まず、タカより小さなワシが存在します。石垣島、西表島、与那国島などの八重山列島に生息する「カンムリワシ」は、体長は55㎝程度とオオタカの雌より小さいのです。小さくてもワシ、なぜそう呼ばれるようになったかというと、カンムリワシが生息している地域はカンムリワシより大きな猛禽類がいなかったから。八重山列島では一番大きいので、ワシになってしまいました。

逆に、「クマタカ」という体長70cm以上ある大きなタカもいます。体長55㎝のカンムリワシよりずっと大きいのに、タカの名前がつきました。大きいのにタカと呼ばれる理由については諸説ありますが、クマタカが生息している場所に関係しているという見方が一般的。クマタカは森の王者と呼ばれ、日本全国の森林に生息しており、高い樹木のてっぺんに止まっていると、大きな木々や、背景の山々に埋もれて小さく見えます。

また、生息地がオオワシなど他のもっと大きなワシ類のいる地域と重なり、比較すると小さく見えるので、タカと名付けられたという説もあります。結局、大きいか小さいかは、その土地で見た人々の主観であると言えるのかもしれません。

■ワシとタカ、見分ける3つの究極ポイント

「大きいのがワシ、小さいのがタカ、でも例外はたくさんある」ということでは、納得できない人がいるかもしれません。そんな人のために、ワシとタカの違いについて、わかりやすく見た目の差、もっとも注目すべき3点をあげてみましょう。

(1)タカは尾が扇状に広がっているものが多いのですが、ワシの尾は直線状で、外側には広がっていません。

(2)タカには独特の鷹斑(たかふ)と呼ばれる模様がありますが、ワシは入っていません。

(3)ワシは羽ばたいて飛ぶように見えますが、タカはめったに羽ばたかず、気流に乗って飛びます。

以上、大きさの違いプラスこの3点で、ワシとタカの違いを見分けていただけます。納得いただけましたでしょうか。

ついでに、日本ではワシとタカ以外にも、トビ(トンビ)やハヤブサといった猛禽類を観察することができます。トビはピーヒョロロと独特の鳴き声で空中に円を描くように飛ぶのが最大の特徴で、ワシとタカの中間ぐらいの身体の大きさ。ハヤブサはタカより小型で、体長30~50㎝程度です。

大きさ順にワシ・トビ・タカ・ハヤブサの順となります。私は試験勉強の語呂合わせで「儂(わし)が飛び(トビ)たか(タカ)ったのはハヤブサ」と覚えました。

正面から見ると愛らしい目は、人の10倍の視力をもつと言われています

実は2012年から鳥の分類が変わり、ハヤブサが、タカよりもインコの仲間へと変わってしまいました。インコ好きにとっては仲間が加わり、ひときわ可愛らしく感じられるから不思議です。このハヤブサは、現在、井の頭自然文化園にて飼育展示されています。ぜひ実物を観察してみて下さい。

文/柿川鮎子
明治大学政経学部卒、新聞社を経てフリー。東京都動物愛護推進委員、東京都動物園ボランティア、愛玩動物飼養管理士1級。著書に『動物病院119番』(文春新書)、『犬の名医さん100人』(小学館ムック)、『極楽お不妊物語』(河出書房新社)ほか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 大自然の桃源郷「カカドゥ国立公園」で野鳥観察を堪能する【オースト…
  2. 達人が教える「野鳥観察がもっと楽しくなる」2つの提案
  3. インコとオウムの3つの違いとは?簡単に見分ける方法
  4. 野鳥観察は都心で楽しめる!覚えておきたい3種の野鳥とは
PAGE TOP