新着記事

インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サカナイフ|魚をさばくために生まれた特別なナイフ

魚の一尾ぐらいは手際よくおろせるようになりたい。そう思ってはみても、なかなか実践に踏み出せず…

知っていればちょっと威張れる!プロサッカー面白トリビア5連発

文/鈴木拓也いよいよ開幕した2018 FIFAワールドカップ ロシア大会。日本代表の…

【夕刊サライ/神取忍】毎日の心がけ、目線を上げて体を動かせば気持ちも前向きに!(神取忍の健康・スポーツコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

家康も大好き!江戸時代に「鷹狩り」が武士の間で流行った3つの理由

文/柿川鮎子

鷹狩りの歴史は古く、日本では西暦355年、仁徳天皇の時代に大陸から鷹が輸入され、朝廷を中心に公家の遊びとして親しまれました。しかし、もっとも盛んになったのは江戸時代です。徳川家康が鷹を独占した後、三代将軍家光と八代将軍吉宗の時代には鷹場を設置し、鷹狩りの法律を定めて幕府自ら管理するようになりました。

では、もともと朝廷の遊びであった鷹狩りが、江戸時代に武士たちの間で盛んになったのはなぜでしょうか? じつは主な理由は3つあります。順番にご紹介しましょう。

■1:鷹狩りが戦の練習として最適だったから

徳川幕府による全国統治で戦乱の時代がひとまず終わり、武士達は戦いの実践を体験できなくなります。とはいえ、武士であるからには万が一の実践に備えて戦闘訓練を積み、戦いの腕を磨いておかねばなりません。

鷹狩りは猟の目的のために少人数を自分の意のまま、素早く動かします。どのように号令を出すか、隊をどのように動かせば最も効率的か。獲物を敵に見立てて戦う実践的な訓練の場でした。

敵の動きを封じるための効率的な配陣は何か、地形や地面の状態を見ながら瞬時に判断を下すのはとても難しく、鷹狩りは戦いのシミュレーションとして役立っていました。

■2:鷹狩りと称して領地視察を行ったから

もうひとつ重要だったのが領地視察です。組織が巨大化すると、現場の実態がつかみにくくなるのはいつの時代も同じこと。武士たちにとっては、鷹狩りと称しながら領地を視察することで、その実態把握が可能になったのです。

とはいえ、将軍家が鷹狩りをする場所は決まっていて、鳥見番と呼ばれる役人が鷹狩りに関する管理監督を厳重に行ったため、徳川将軍にとって鷹狩りをしながらの領地視察は難しかったようです。

ちなみにこの鳥見番、普段はあまり活躍の場がない役目だったせいか、鷹狩りとなると大声で狩り場から人を追い払うため、人々から嫌われていたとのこと。

■3:健康維持に役立ったから

徳川家康は、鷹狩りが健康維持のためにも役に立つと考えていました。将軍家の公式な記録である『徳川実紀』によると、

「鷹狩は遊娯の為のみにあらず(中略)山野を奔駆(ほんく)し、身体を労働して、兼(かね)て軍務を調達し給は(たまわ)んとの盛慮(せいりょ)にて」

と書かれています。山野を駆け回って運動することが健康維持に役立つと考えた家康は、鷹狩りに励み、生涯で千回以上もの鷹狩りをしました。

家康は人質であった今川時代にも、鷹狩りを好んで行っていました。今川の家臣・孕石元泰(はらみいし・もとやす)は、家康の鷹が元泰の屋敷内に迷い込んだ時、「人質の分際で鷹狩りとは生意気な」と嫌みを言います。家康はそれを長い間恨んで、後年、高天神城の戦いで人質となった元泰に切腹を言い渡します。大好きな鷹狩りを咎められたのがよほど気にいらなかったのでしょうか。

家康が井伊虎松と会ったのも鷹狩りの最中だったと新井白石の藩翰譜に記されています。

家康は天下統一を成し遂げた後、鷹狩りに使う鷹の売買を禁止しました。鷹はすべて徳川の独占となり、鷹狩りは権威の象徴となりました。以降、明治時代に入っても天皇家に美しい鷹が奉献される様子が描かれています。

以上、今回は江戸時代に武士たちの間で盛んになった理由についてお伝えしました。

ちなみに海外では現在でも、鷹狩りはステータスの高い趣味で、中東では王族の高貴な遊びとして外交にも役立っています。アブダビとトバイには鷹専門の動物病院まであるんですよ。

文/柿川鮎子
明治大学政経学部卒、新聞社を経てフリー。東京都動物愛護推進委員、東京都動物園ボランティア、愛玩動物飼養管理士1級。著書に『動物病院119番』(文春新書)、『犬の名医さん100人』(小学館ムック)、『極楽お不妊物語』(河出書房新社)ほか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 007は鳥類学者だった!ジェームズ・ボンド博士の数奇なる人生
  2. 鳥の名前を調べるコツ!プロが教える「野鳥の見わけ方」3ポイント
  3. 日本人が大好きな夏の野鳥「ツバメ」の魅力と観察のススメ
  4. ふくろうを飼うなら絶対必要となる3つの条件とは?
  5. 大自然の桃源郷「カカドゥ国立公園」で野鳥観察を堪能する【オースト…
PAGE TOP