新着記事

インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サカナイフ|魚をさばくために生まれた特別なナイフ

魚の一尾ぐらいは手際よくおろせるようになりたい。そう思ってはみても、なかなか実践に踏み出せず…

知っていればちょっと威張れる!プロサッカー面白トリビア5連発

文/鈴木拓也いよいよ開幕した2018 FIFAワールドカップ ロシア大会。日本代表の…

【夕刊サライ/神取忍】毎日の心がけ、目線を上げて体を動かせば気持ちも前向きに!(神取忍の健康・スポーツコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

猫のつく古書店ばかり大集合!古本市「猫ノフルホン市」東京・雑司ヶ谷で開催

味わいのある猫ノフルホン市の案内ハガキ。

文/一乗谷かおり

「猫」を店名に冠したお店ばかりが集まって開かれるユニークな古本市がある。その名も「猫ノフルホン市」。猫好きなら興味を引かれずにはいられないタイトルだろう。

今年(2017年)の開催は、6月10日(土)~25日(日)の約2週間。会場となるのは東京・雑司ヶ谷の住宅街にひっそりと佇む雑貨と古書の店「旅猫雑貨店」だ。

店主の金子佳代子さんに話を伺った。

「ご覧の通りの小さな店舗で開催する小さな古本市なんですが、今年で4回目になります」

きっかけは、各地の古本イベントに参加する古本商の「駄々猫舎」さんの思い付きだった。屋号に「猫」とつく古本屋さんばかりで、古本イベントができないかとあちこちに声をかけたところ、10店舗ほどが名乗りを上げた。

4年目となる今年も、東京、神奈川、岩手、京都、大阪、愛媛などから11店舗ほどの書店が、それぞれ70~100冊ほどの本を出品。普段は民芸品や郷土玩具などであふれかえる雑貨店が、古本屋に変身する。

猫ノフルホン市の会場となる旅猫雑貨店と、代表の金子佳代子さん。

猫の古本市といっても、基本的には古本屋さんが集まって行なう市なので、猫の本に限らず、様々なジャンルの古書がところ狭しと並べられる。それぞれの店に個性があって、昭和レトロなカバーの古本中心の出店もあれば、少女漫画雑誌の付録を出す店もある。普段、アンテナを張っていないタイプの本との出会いもあるのが、古本市の魅力だ。

そしてもちろん、猫本も。

「店名に猫がつく店ばかりですので、出品される本ももちろん、猫好きの店主のセレクトになります。絵本や小説、実用書など、様々な猫本が集まります。民芸品などの猫雑貨もいつもより多く取り揃えています」

普段は郷土玩具や民芸雑貨であふれる店内も、年に一度の猫ノフルホン市の期間中は古本で埋め尽くされる。

古本市の際には、猫本コーナーが特設される。昨年のレパートリーを見せていただくと、猫の本には常日頃、目を光らせているつもりの筆者も、こんなにもたくさん猫本があるのかと驚くほど。掘り出し物を見つけることもできそうだ。今年はどんな本が各地から届けられるのか、金子さんも今からわくわくしているそう。


読書離れといわれて久しい昨今。ウェブや電子書籍が席巻し、紙の本を買う人も少なくなってきている中で、こうした味わい深い、本への愛に満ちた古本市が、回を重ねるごとにじわじわと注目を集めている。

「本って素敵だな、楽しいなと思っていただけるような古本市にしたいですね」


ノスタルジックな猫の図案の案内ハガキにも、心が躍る。ハガキは、出店者のひとりであり、辞典編纂者で「古書錆猫」代表の後藤沙希さんが手がける。猫好きで、猫の屋号を持つ古本屋主たちが手を取り合って作り上げる、愛すべき古本市なのだ。

今年の初日となる6月10日(土)には、猫毛フェルトで「眠り猫」を作るワークショップも開催される(要予約)。愛猫の毛で作るボール(猫好きの間では「自分玉」と呼ばれる)よりワンステップ上の愛猫グッズを作りたい向きにもおすすめのワークショップだ。

今年は近くの雑司ヶ谷鬼子母神周辺で古本メインのフリーマーケット「鬼子母神通り みちくさ市」も開催される(6月18日開催)。猫ノフルホン市とみちくさ市をハシゴすれば、“猫愛”と“本愛”に浸る散歩を楽しむことができそうだ。

懐かしい猫本、気になる猫本、珍しい猫本…数ある古書の中から、お気に入りの猫本を見つけてみよう。

【第肆回 猫ノフルホン市】
■場所:旅猫雑貨店(東京都豊島区雑司ヶ谷2-22-17、電話 03-6907-7715)
■日程:6月10日(土)~6月25日(日)※月曜・火曜休み
■開催時間:12時~19時
■アクセス:東京メトロ副都心線雑司ヶ谷駅から徒歩約5分。都電荒川線鬼子母神前停留所から徒歩約6分。

※肆は四の大字

文/一乗谷かおり

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. なってからでは遅い!猫の歯周病予防に必要な「歯磨き習慣」導入のコ…
  2. 誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ
  3. 毛色がヒント!猫の性格を見極められる方法が実験で判明
  4. 猫好き文士にちなんだ猫まみれの写真展《大佛次郎×ねこ写真展201…
  5. 猫のヒゲを切るとどうなってしまうのか?猫博士に聞いてみた
PAGE TOP