新着記事

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」郷土色溢れるお雑煮は、伝えていきたい究極の和食(コウケンテツの料理コラム 最終回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

【閲覧注意】カレー好きもカレー嫌いになるイヤな妄想画像10コ【イシグロ妄想研究所 vol.4】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)「カレーはどうもニガテで食べられない……」とい…

知られざる履きやすい下駄!東京浅草・高久の八ツ割下駄【メイドインニッポン紀行】

取材・文/編集部東京・浅草は新仲見世通りに店を構える高久は、創業80年の江戸小物・雑…

ヘルニア患者の長引く腰痛、原因は「トリガーポイント」だった【川口陽海の腰痛事件簿 第1回】

取材・文/わたなべあや腰痛トレーニング研究所の川口陽海(かわぐち・はるみ)さんは、自…

【名門校の青春食堂 第6回】早稲田中学校高等学校×メルシーのラーメン(東京・早稲田)

文/鈴木隆祐早稲田生に愛されてきたワセメシの代表選手『メルシー』のラーメン早…

なぜお金持ちは長生きする?健康と経済の共通点から導く「健康長寿の秘訣」とは【予防医学の最前線】

文/中村康宏「お金」と「健康」といえば、サライ世代の多くの人が気にかけている問題では…

【夕刊サライ/角田光代】エジプト:悠久の街と、私のなかの悠久(角田光代の旅行コラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

長崎・小値賀の2つの教会【長崎の潜伏キリシタン関連遺産を旅する 第2回】旧野首教会/小値賀教会

写真・文/石津祐介キリスト教が禁教とされた時代、頑なに信仰を貫いた潜伏キリシタン。その信仰の…

袖裾ゴム式作務衣|軽快な着心地で動きやすい夏の作務衣

これからの季節は、庭仕事など屋外での作業が増えてくる。そんなときの“作業着”のひとつとして、…

谷崎潤一郎がまとっていた絢爛豪華な長襦袢【文士の逸品No.21】

◎No.21:谷崎潤一郎の長襦袢文/矢島裕紀彦長襦袢と呼ぶには、余りにも絢爛…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

冬の日本の風物詩だった「竈猫(かまどねこ)」って何だ?【にゃんこサライ特別編8】[PR]

文/一乗谷かおり

「結構毛だらけ猫灰だらけ」といえば、ご存知、フーテンの寅さんの口上ですが、語呂がいいというだけで猫が灰だらけにされているわけではありません。かつては「灰だらけの猫」というのは、冬の風物詩のような存在だったのです。

まだ暖かい竈に入ろうとしている猫。

昔は今と違って便利な電化製の暖房機器はなく、暖をとるには焚火や囲炉裏、火鉢、竈の炭火くらいのものでした。

人間よりも寒がりの猫にとって、冬はとてもつらい季節です。幸運にもご主人の布団に潜りこんで寝ることができた猫はいいのですが、底冷えする冬の日本を乗り切るために猫が見つけた場所が竈など火の側でした。

猫は炭火がおきている竈などのできるだけ近くに陣取って体を暖め、人間が火の始末をして寝てしまった後は、少しでも暖まろうと竈の中に潜り込んで寝入ったのでした。当然ながら、朝、竈から這い出してくる猫の姿は灰だらけだったのです。

こうした灰だらけの猫のことを「竈猫(かまどねこ)」と呼んでいました。竈は「かまど」以外にも、地方によって「へっつい」と呼ばれることもあるため「へっついねこ」といった言い方もあります。

竈に出入りして身体中に灰をかぶったリアル竈猫。

■宮沢賢治のかま猫と郷土玩具

宮沢賢治の童話『猫の事務所』(1926年発表)の主人公は灰だらけの竈猫ですが、こちらは「かまねこ」と読ませています(出版された版によって、かま猫、釜猫、竈猫の表記があります)。

『猫の事務所』の中で賢治は、かま猫はいつも体が煤で汚く、鼻や耳は真黒になっていて、狸のような猫だから他の猫に嫌われると説明しています。かま猫としても汚れる竈に入りたくはないのですが、土用生まれだから皮膚が薄く、他の猫たちよりも寒がりで、夜中にくしゃみがでて仕方がないから竈に入らざるを得ないのだ、というのです。

筆者は子供の頃にこの小説を読んで、体質的な問題をどうすることもできず涙を浮かべるかま猫が不憫でなりませんでした。おとなになって、竈に入る猫が特別に皮膚が薄いというわけではなく、あくまで物語の設定であることがわかりましたが、子供心にはかわいそうなかま猫に共感した覚えがあります。

この童話が生まれた背景には、賢治が東北地方の出身であることが関係しているのではないでしょうか。昔は冬にはあちこちにいたと思われる竈猫ですが、日本の中でも特に寒い東北地方には、よりたくさんの竈猫が出現したはずです。

賢治の故郷である岩手県花巻には、江戸時代の享保年間(1716~1735)に作り始められたという「花巻人形」と呼ばれる郷土玩具の土人形が伝わっています。

花巻人形にはいろいろなモチーフがありますが、他の地方にはない「竈猫」も古くから作られてきました。特徴は、口の周りが黒いところ。

花巻の郷土玩具・花巻人形の「竈猫」。いずれも大正後期~昭和初期に作られたもの。口の周りが灰で黒くなっている様子がなんとも滑稽でかわいらしい。(花巻市博物館蔵)

同じ猫でも、他の花巻人形の猫のほとんどが口の周りが白いのに対し、竈猫だけは口の周りや鼻の頭が灰で黒くなっている様子が表されているのです。ごはんをもらうのを待つのか、ちんまりとお行儀よく座っているのですが、口髭や顎鬚を生やしたように黒くなっていて、なんともひょうきんでかわいらしい人形です。

■春は猫を丸洗いする季節

「竈猫」は俳句の世界では冬の季語にもなっています。

「何もかも 知つてをるなり かまど猫」
富安風生(1885~1979)

猫は家の中で一番快適な場所を見つけることができる名人です。夏にはひんやりとした玄関の床に寝そべっていたり、冬には陽の当たる窓辺や炬燵の中にいたり。昔の家の中では、竈が一番暖かい場所だということを猫は知っていました。

竈の中は暖かいというだけではなく、ひっそりと潜っていれば家人の話声が聞こえたり、家の中の様子が伺えたりしたことでしょう。誰もいないと思っても、竈の中には猫が潜んでいる。知りたいこと、知られたくないことまでも猫はなんでも知っている。そんな意味の俳句です。

火鉢に興味津々の子猫。竈猫は他にも「灰猫」「炬燵猫」「かじけ猫」(寒さで震える猫の意味)などと呼ばれました。

「竈猫」が冬の季語であるのに対して、春の季語になっているのが「猫洗う」です。冬の間、竈に潜りに潜って真っ黒になった猫。いくら汚いからといって、毎日洗われていたら猫もたまったものではありません。春になってもう潜らなくなったところで綺麗に洗ってもらうのです。

「猫洗ふ ざぶざぶ川や 春の雨」
小林一茶(1763~1828)

どうやら昔の猫は、川で丸洗いされていたようです。春先でまだ水も冷たかったはず。猫にとっては厳しい冬の終わりの最後の修行のようなものだったかもしれませんね。

春、灰だらけになった身体を丸洗いされ、ふてくされている猫。

物語の中に、俳句に、郷土玩具に描かれた竈猫。今では猫も竈に潜って灰だらけになり、部屋を汚して怒られることもなくなりました。炬燵もホットカーペットもストーブもエアコンもあります。

でも、なんといっても「猫は家族」という認識が深まっている今の時代、一番は飼い主さんの布団の中。宮沢賢治のかま猫も、飼い主さんがいて布団の中に入れてもらえたら、悲しい思いをしなくて済んだかもしれないと思うと、改めて灰だらけの竈猫に同情してしまうのです。

文/一乗谷かおり

※犬や猫に関する様々な情報を発信しているWebサイト「ペットゥモロー」にて、話題の自然派ペットフード「ブルーバッファロー」製品が抽選で当たるアンケートを実施中。下記特設サイトよりご応募ください!
↓↓↓
http://petomorrow.jp/tag/ブルーバッファロー

※ブルーバッファロー公式サイトはこちら>> http://bluebuffalo.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ
  2. 毛色がヒント!猫の性格を見極められる方法が実験で判明
  3. 猫好き文士にちなんだ猫まみれの写真展《大佛次郎×ねこ写真展201…
  4. 猫のヒゲを切るとどうなってしまうのか?猫博士に聞いてみた
  5. もう手を焼かない!愛猫を簡単にキャリーバッグに入れる方法
PAGE TOP