新着記事

スタンダードの「供給源」|ブロードウェイ・ミュージカルとグレイト・アメリカン・ソングブック【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

ブロードウェイ・ミュージカルの名曲をジャズマンが演奏する理由【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

食の安全。自分の身を自分で守るためには|『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』

危険な食品添加物から自分の身を守る|『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』

お葬式の費用は半数が100万円から200万円以下

わからないことだらけのお葬式の費用|約5割が「一般葬」で100万円から200万円払っている!

自宅で焼酎パーティを開きたくなる美濃焼の焼酎サーバー

東京の伝統工芸の魅力を発信!『進化する粋 東京手仕事展』日本橋三越本店で開催中

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みずみずしい新生姜を使った甘酢漬け&豚バラ巻き

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みずみずしい新生姜を使った甘酢漬け&豚バラ巻き

【ビジネスの極意】なぜ部下は経営理念を理解できないのか?

【ビジネスの極意】なぜ部下は経営理念を理解できないのか?

ビジネスシーンの口臭に要注意!|「特に口臭が気になった相手」第1位は50代男性!

焦がさず焼けて煙らない!画期的な立体囲炉式炭火コンロ

ピアノサロン・クリストフォリのコンサート

ベルリンのトルコ人街にあるクラシックライブハウス、「ピアノサロン・クリストフォリ」で一期一会の音楽と出会う

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

江戸の人気浮世絵師たちが豪華饗宴!幻の平木コレクション名品展

取材・文/池田充枝

戦前の三大コレクションとして著名な「松方コレクション」「斎藤コレクション」「三原コレクション」のうち、斎藤・三原コレクションを日本に留めるべく実業家・平木信二氏が所有し、その後の蒐集などにより形成された浮世絵版画の一大コレクションが「平木コレクション」です。

浮世絵の創始と称される菱川師宣から橋口五葉や伊東深水らの近代版画に至るまで、歴史を辿ることができるように蒐集されているのが特徴です。約8,000点の所蔵作品には、重要文化財11点、重要美術品238点が含まれ、その質の高さは広く内外に知られています。

そんな平木コレクション選りすぐりの浮世絵の名品が一堂に会する展覧会「競演!江戸の人気浮世絵師たち」展が佐野美術館にて開かれています(~2017年7月2日)。

重要美術品 喜多川歌麿《芸者亀吉》〔寛政8年(1796)頃 公益財団法人 平木浮世絵財団蔵〕展示期間:6月9日(金)~7月2日(日)

本展では、平木コレクションの8,000点にのぼる所蔵品から厳選した重要美術品を含む90点を展示します。六大浮世絵師と呼ばれる、鈴木春信・鳥居清長・喜多川歌麿・東洲斎写楽・葛飾北斎・歌川広重の作品を中心に、4つのテーマ「美人画」「役者絵」「風景画」「花鳥画」で紹介します。

重要美術品 歌川国政《市川鰕蔵の暫》〔寛政8年(1796) 公益財団法人 平木浮世絵財団蔵〕

本展の見どころを、佐野美術館・広報グループの深沢香奈さんにうかがいました。

「“美人画”は、例えれば遊里の女性や評判の町娘のグラビア。美人画家として名高い、喜多川歌麿の《芸者亀吉》は大首絵(上半身を大きく配した構図の作)にすることにより、女性の表情をより豊かに見せています。下がり眉に愛嬌があり人物の内面まで見えてくるようです。

歌川国政は、歌舞伎ファンが高じて紺屋(染物屋)職人から転職した異色の絵師。その真骨頂が発揮されたのが《市川鰕蔵の暫》です。こちらも大首絵ですが、人物の横顔がアップで描かれた作品は珍しく、役者の彫りの深い顔が際立ち、見得を切る一瞬をみごとに切り取った傑作です。

6月17日には、実演「北斎の神奈川沖浪裏を摺る」を開催します。講師に江戸木版画摺師の三田村努氏を招き、伝統を今に伝える熟練の技を間近でご覧いただける貴重な機会です」

教科書で観た作品から、希少な逸品まで名品揃いの展覧会です。ぜひ足をお運びください。

【競演! 江戸の人気浮世絵師たち―平木コレクション名品展】
■会期:5月20日(土)~7月2日(日)会期中展示替えあり
■会場:佐野美術館
■住所:静岡県三島市中田町1-43
■電話番号:055-975-7278
■展覧会サイト:http://www.sanobi.or.jp/exhibition/ukiyo-e_hirakicollection_2017/
■開館時間:10時から17時まで(入館の受付は16時30分まで)
■休館日:木曜
■アクセス:JR三島駅南口より伊豆箱根登山鉄道線で「三島田町」駅下車徒歩約3分

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 源氏物語朝顔図(部分) 土佐光起筆 1幅 日本・江戸時代 17世紀 根津美術館蔵 知っておくと便利! 日本美術の定番の画題を、作品を見ながら学ぶ。…
  2. 重要美術品 藤原定信筆《石山切 (貫之集巻下断簡)》平安時代 12世紀 泉屋博古館蔵 かな文字がつくり出す美の世界【企画展 日本の書―和歌と詩のかたち…
  3. 本来の屏風は和室で座って眺めるもの。あえて低い位置に展示されているので、お座敷にいる気分で作品の鑑賞ができます。 80代になっても進化し続けた「若冲の美」|商人時代に描いた絵から…
  4. 《白紅梅織地朝顔麻葉模様浴衣》昭和時代 20世紀前半 東京都江戸東京博物館蔵 前期展示 ゆかた今昔物語【特別展 ゆかた 浴衣 YUKATA すずしさのデ…
  5. 重文「無学祖元坐像」鎌倉時代 円覚寺 師の息遣いをも伝える、頂相(ちんそう)彫刻に注目! 【円覚寺の至…
PAGE TOP