新着記事

ダイエット

「食事制限ダイエット」で目標を達成した人が明かす成功の秘訣

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

イニシャル入りロックグラス|いつもの一杯を極上の一杯にするマイグラス

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

【家事に関するアンケート調査】普段行う家事で女性より男性の方が上位なのは「ゴミだし・分別」「風呂掃除」など。

30代から50代の女性の6割以上が日常の家事を負担に感じている

オーダースーツ

経営者はなぜ「オーダースーツ」を着るのか?

BLACK LAGOONラベル シングルモルト・ウイスキー|9月19日12:00 発売開始!

マイルス・デイヴィス『クッキン』

「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道24】

シニアライダーの8割以上がバイクマナーに自信アリ!!|シニアライダーに関する実態調査

シニアライダーは孤独を好む!? 約9割はソロツーリング派

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

江戸の人気浮世絵師たちが豪華饗宴!幻の平木コレクション名品展

取材・文/池田充枝

戦前の三大コレクションとして著名な「松方コレクション」「斎藤コレクション」「三原コレクション」のうち、斎藤・三原コレクションを日本に留めるべく実業家・平木信二氏が所有し、その後の蒐集などにより形成された浮世絵版画の一大コレクションが「平木コレクション」です。

浮世絵の創始と称される菱川師宣から橋口五葉や伊東深水らの近代版画に至るまで、歴史を辿ることができるように蒐集されているのが特徴です。約8,000点の所蔵作品には、重要文化財11点、重要美術品238点が含まれ、その質の高さは広く内外に知られています。

そんな平木コレクション選りすぐりの浮世絵の名品が一堂に会する展覧会「競演!江戸の人気浮世絵師たち」展が佐野美術館にて開かれています(~2017年7月2日)。

重要美術品 喜多川歌麿《芸者亀吉》〔寛政8年(1796)頃 公益財団法人 平木浮世絵財団蔵〕展示期間:6月9日(金)~7月2日(日)

本展では、平木コレクションの8,000点にのぼる所蔵品から厳選した重要美術品を含む90点を展示します。六大浮世絵師と呼ばれる、鈴木春信・鳥居清長・喜多川歌麿・東洲斎写楽・葛飾北斎・歌川広重の作品を中心に、4つのテーマ「美人画」「役者絵」「風景画」「花鳥画」で紹介します。

重要美術品 歌川国政《市川鰕蔵の暫》〔寛政8年(1796) 公益財団法人 平木浮世絵財団蔵〕

本展の見どころを、佐野美術館・広報グループの深沢香奈さんにうかがいました。

「“美人画”は、例えれば遊里の女性や評判の町娘のグラビア。美人画家として名高い、喜多川歌麿の《芸者亀吉》は大首絵(上半身を大きく配した構図の作)にすることにより、女性の表情をより豊かに見せています。下がり眉に愛嬌があり人物の内面まで見えてくるようです。

歌川国政は、歌舞伎ファンが高じて紺屋(染物屋)職人から転職した異色の絵師。その真骨頂が発揮されたのが《市川鰕蔵の暫》です。こちらも大首絵ですが、人物の横顔がアップで描かれた作品は珍しく、役者の彫りの深い顔が際立ち、見得を切る一瞬をみごとに切り取った傑作です。

6月17日には、実演「北斎の神奈川沖浪裏を摺る」を開催します。講師に江戸木版画摺師の三田村努氏を招き、伝統を今に伝える熟練の技を間近でご覧いただける貴重な機会です」

教科書で観た作品から、希少な逸品まで名品揃いの展覧会です。ぜひ足をお運びください。

【競演! 江戸の人気浮世絵師たち―平木コレクション名品展】
■会期:5月20日(土)~7月2日(日)会期中展示替えあり
■会場:佐野美術館
■住所:静岡県三島市中田町1-43
■電話番号:055-975-7278
■展覧会サイト:http://www.sanobi.or.jp/exhibition/ukiyo-e_hirakicollection_2017/
■開館時間:10時から17時まで(入館の受付は16時30分まで)
■休館日:木曜
■アクセス:JR三島駅南口より伊豆箱根登山鉄道線で「三島田町」駅下車徒歩約3分

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「円山・四条派」とは何か? その全貌に迫る【円山応挙から近代京都…
  2. 原三溪ポートレイト 提供:三溪園 明治時代から昭和初期の大コレクター・原三溪が夢見た幻の美術館を具…
  3. 大津絵 猫と鼠 1幅 江戸時代 町田市立博物館蔵 ほっこり癒やされる日本美術が大集合!【特別展 日本の素朴絵― ゆ…
  4. 妖女襖絵 京都の夏を涼しくする、妖女と幽霊・妖怪たち【高台寺・百鬼夜行展と…
  5. 関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵 「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流…
PAGE TOP