武田討伐から数か月後の天正10年(1582)6月、信長は毛利氏と戦っていた秀吉からの援軍要請を受け、その道中で京都の本能寺に宿泊しました。この時、本能寺には森乱のほかに、信長が招いた客人や使用人なども複数いたそうです。

その晩、外の騒々しさに目を覚ますと、大量の軍勢が本能寺を取り囲んでいました。森乱は、明智光秀が謀反を起こしたということを大急ぎで信長に伝え、信長を守るために必死に戦ったそうです。しかし、用意周到な明智軍になす術もありませんでした。

そして、森乱は信長とともに、18年という短い生涯に幕を閉じたのです。

本能寺で討ち死にする森乱(『豊臣勲功記』より)

信長に愛された森乱

眉目秀麗で非常に頭が良かったとされ、森乱に関する逸話は数多く存在します。最も有名なものの中に、「森乱が信長の切り終わった爪を探した」という逸話があります。当時、爪や髪などは呪術に使われることもあり、信長が切った爪の数が足りないことを心配して、必死に探したという逸話です。

このような逸話が複数残されていることから、非常に真面目で忠誠心の強い人物であったことがわかります。信長は細かいことによく気が付き、献身的に自分を支えてくれる森乱のことを、大変信頼していたのではないでしょうか?

安土城跡にある伝森蘭丸邸跡(滋賀県近江八幡市)

まとめ

15歳という若さで信長の小姓となり、最期まで信長を支え続けた森乱。他者を思いやれる、心優しい人物であったと考えることができます。非常に優秀でありながら儚く散っていった森乱の生涯は、今日もなお、多くの人々を惹きつけてやまないのです。

※表記の年代と出来事には、諸説あります。

文/とよだまほ(京都メディアライン)
HP: http://kyotomedialine.com FB

引用・参考図書/
『朝日日本歴史人物事典』(朝日新聞出版)
『日本大百科全書』(小学館)

1 2

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
1月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店