「あれ? なんていう漢字だったけ」と悩むことが多くなっていませんか? 少しだけ思い出す努力をしてみるものの、結局は「まあ、いいか」と諦めてしまって、記憶の衰えを実感することもあるのではないでしょうか? しかし、思い出すことが記憶力の鍛錬につながると言われています。

動画を見ながら漢字の読み書きをすることで、脳のトレーニングとなります。また、この記事を通じて、読むこと・書くこと・漢字の意味を深く知り、漢字の能力を高く保つことにお役立てください。

「脳トレ漢字」第82回は、「発条」をご紹介します。「発条仕掛け」や「発条秤」などの使い方で、耳にしたことがある言葉なのではないでしょうか。

脳トレ漢字の動画を見ながら“読んで書く”ことで、記憶力を鍛えながら、漢字への造詣を深めてみてください。

「発条」はなんと読む?

「発条」という漢字、読み方に心当たりはありますか?「はつじょう」とも読みますが……

正解は……
「ぜんまい」です。

『小学館デジタル大辞泉』では、「弾力性に富んだ帯状などの鋼を、渦巻き状に巻いたばね」と説明されています。巻き締めて、そのほどけようとする力を動力として利用する機械です。時計や玩具などに使われています。

また「発条」と書いて「ばね」とも読みます。この場合は、上記の意味に加え、「足腰などの弾力性」や比喩的な意味での「行動を起こすきっかけ」といった意味が含まれます。

「発条」の漢字の由来とは?

「発条」を構成する漢字を一文字ずつ見ていきましょう。「発」は「跳ねること」を意味し、「条」は「細長いもの」の意味で、弾力性のある線状の金属を表しています。

「発条(ぜんまい)」の語源は諸説ありますが、機械の渦巻き状の形状が、シダ植物の「ぜんまい」の芽に似ていることから名付けられたとされています。

ちなみに、シダ植物の「ぜんまい」は漢字で「薇」または「紫萁」と書きます。

「ばね」の由来は?

「ぜんまい」の由来は、その形が植物のぜんまいに似ているからだと確認しました。では、「発条」のもう一つの読み方である「ばね」はどうでしょうか。

この言葉は、「はねる(跳ねる)」の名詞形「はね(跳ね)」が変化したか、「はねる(跳ねる)」が「ばねる」と音変化して名詞化した語だと考えられています。「跳ねる」という語自体は「放す、離れる」などと関係するため、「ばね」は、「元々あった場所から急に移動するもの」という意味が原義とされています。

***

いかがでしたか? 今回の「発条」のご紹介は、皆さまの漢字知識を広げるのに少しはお役に立てたでしょうか? 漢字一文字ずつに込められた意味と読み方を結び付けると、忘れにくくなるのではないでしょうか。

来週もお楽しみに。

文/豊田莉子(京都メディアライン)
アニメーション/鈴木菜々絵(京都メディアライン)
HP:http://kyotomedialine.com
Facebook:https://www.facebook.com/kyotomedialine/

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
7月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品