新着記事

認知症の高齢者の増加とともに深刻化しているゴミ屋敷問題! 最悪の事態を招く前にすべき対策とは…

認知症の高齢者の増加とともに深刻化している「ゴミ屋敷」問題|対処しないと起こる最悪の事態とは?

ナット・キング・コール『ザ・クリスマス・ソング』

「クリスマス・ジャズ」はなぜこんなに楽しいのか【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道33】

玉の輿婚

「玉の輿」に乗った女性たち、出会いの場はどこ?|3位は学校、2位は職場、1位は?

大賞と各部門賞の選考を終え、記念のカメラに収まる審査員のみなさん。「あったらいいな」の視点から、議論を戦わせた。

第18回 2019年 「サライ大賞」発表|読者が選んだ「サライ世代に優しい商品」

退職時・退職後の税金の申告は?【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

会社員でも要注意! 退職時・退職後に税金の申告が必要になる場合とは?【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

鶏肉とじゃがいものローズマリーグリル

【管理栄養士が教える減塩レシピ】春だけじゃない!秋も旬のじゃがいもを使った料理2品

副業

年収800万円以上のビジネスマンの約2割が副業している!|副業での年収は「100万円以上~499万円以下」が最多

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/18~11/24)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/18~11/24)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/18~11/24)牡羊座~蟹座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  2. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  3. 写真手前が「ラム串五本セット」1000円。レバー、ショルダー、ランプ、ネックの炭火串焼き。左上「よだれラム」800円。羊のすね肉をロール状にして麻マー辣ラーのタレに漬ける。“赤の泡”と好相性。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

クロマニョン人が残した洞窟壁画を最新技術で精密復元!「世界遺産 ラスコー展」

世界遺産に指定されているフランスの「ラスコー壁画」を最新テクノロジーを駆使して復元・展示する展覧会が、東京・上野の国立科学博物館で開催されています。(~2017年2月19日まで)

実物大で再現される壁画展示(イメージ)(C)SPL Lascaux international exhibition

実物大で再現される壁画展示(イメージ)(C)SPL Lascaux international exhibition

フランス南西部のラスコー洞窟に残された、2万年前のクロマニョン人が描いた壁画は、色彩の豊かさや技法、600頭ともいわれる描かれた動物の数と大きさなどが素晴らしく、1979年に世界遺産に登録されました。

洞窟は現在非公開ですが、フランス政府公認のもとに制作された展覧会が世界各国を巡回しており、各地で人気を博しています。

本展はその日本巡回展で、日本独自のコンテンツが加えられています。

実物大で再現される壁画「黒い牝ウシ」(C)SPL Lascaux international exhibition

実物大で再現される壁画「黒い牝ウシ」(C)SPL Lascaux international exhibition

本展の見どころを、国立科学博物館人類研究部人類研究グループ長の海部陽介さんにうかがいました。

「2万年前の人類の意外な凄さを、フランスの洞窟に描かれた壁画を通じて体感いただく展覧会です。当時の動物をモチーフにした絵の技術や迫力はもちろんのこと、意図的にデフォルメされた構図や、“トリ人間”が登場する謎の場面などをお楽しみください。

他にも驚くほど優美で繊細な動物の彫刻や、暗黒の洞窟に入るためのランプ、高度な手作業による石器などがフランスからやってきます。展示を通して作者のクロマニョン人の正体に思いを馳せるとともに、芸術の起源についてもぜひ考えていただきたいです」

1ミリ以下の精度で再現した実物大の洞窟は迫力満点。ぜひ会場でご見学ください。

【特別展「世界遺産 ラスコー展~クロマニョン人が残した洞窟壁画~」】
■会期/2016年11月1日(火)~2017年2月19日(日)
■会場/国立科学博物館
■住所/東京都台東区上野公園7-20
■電話番号/03・5777・8600(ハローダイヤル)
■料金/一般・大学生1600(1400)円 小・中・高校生600(500)円 ( )内は20名以上の団体料金 ※障がい者手帳所持者とその介護者1名は無料、金曜日限定のペア得ナイト券2000円あり(会場での当日販売のみ)
■開館時間/9時から17時まで、金曜日は20時まで(入館は閉館30分前まで)
■休館日/月曜日(ただし12月26日、1月2日、1月9日、2月13日は開館)、12月28日~1月1日、1月10日(火)
■アクセス/JR上野駅公園口より徒歩約5分、京成線京成上野駅より徒歩約10分、東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅より徒歩約10分

展覧会公式サイトはこちら

取材・文/池田充枝
1989年「サライ」の創刊時より歴史資料の調査や展覧会情報を中心にフリーランスで「サライ」の取材・執筆に携る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 重要文化財 佐竹本三十六歌仙絵 小大君(部分) 鎌倉時代 13世紀 奈良・大和文華館 【展示期間:11月6日~11月24日】 空前絶後! ばらばらになった幻の歌仙絵が京都に集結【[特別展] …
  2. 「黄瀬戸竹花入」 荒川豊蔵 昭和33年(1958) 愛知県陶磁美術館 (川崎音三氏寄贈) 昭和の陶芸家に見いだされて世に広まった、美濃焼の全貌に迫る【黄瀬…
  3. 《麗子肖像(麗子五歳之像)》1918年10月8日 東京国立近代美術館 制作年順に並べることで発見できる、岸田劉生の新たな魅力【没後90…
  4. 「円山・四条派」とは何か? その全貌に迫る【円山応挙から近代京都…
  5. 原三溪ポートレイト 提供:三溪園 明治時代から昭和初期の大コレクター・原三溪が夢見た幻の美術館を具…
PAGE TOP