新着記事

関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵

「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」】

岡山県産綿布の雪駄|素足に心地よい伝統の綿布を使用。普段着でさくさく歩きたい

黒くて丸いタイヤの選び方、考え方【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

タイヤは消耗品。黒くて丸いタイヤの選び方、考え方【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その2~

【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その2~

【娘のきもち】幾つもの困難を経て生まれた8歳下の弟。母親の溺愛は日常の風景だった~その1~

【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その1~

法律改正でどう変わる?国家資格制度の導入が決まった動物の看護師さん

法律改正でどう変わる?|国家資格制度の導入が決まった動物の看護師さん

チチャロン・サンド全体の味をぴりっと引き締める、オレンジ色のトウガラシソースを添えて

「世界一の朝食」実は〇〇の残りものだった?|ペルーで愛される「チチャロン」

遠州先染織のしじら小あじろ作務衣|涼しい着心地で使うほどに風合いが増す

シューベルト:ピアノ・ソナタ集Vol.2

シューベルトの名作をフォルテピアノ独特の味わいで楽しむ【林田直樹の音盤ナビ】

【最後の恋】オクテ同士のアラカンカップルが、男女の関係になったのは、彼女のリードから~その2~

【最後の恋】妻以外の女性と関係が進んだのは、自分の話を真剣に聞いてくれる“奥ゆかしい昭和の女”だったから~その2~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

クロマニョン人が残した洞窟壁画を最新技術で精密復元!「世界遺産 ラスコー展」

世界遺産に指定されているフランスの「ラスコー壁画」を最新テクノロジーを駆使して復元・展示する展覧会が、東京・上野の国立科学博物館で開催されています。(~2017年2月19日まで)

実物大で再現される壁画展示(イメージ)(C)SPL Lascaux international exhibition

実物大で再現される壁画展示(イメージ)(C)SPL Lascaux international exhibition

フランス南西部のラスコー洞窟に残された、2万年前のクロマニョン人が描いた壁画は、色彩の豊かさや技法、600頭ともいわれる描かれた動物の数と大きさなどが素晴らしく、1979年に世界遺産に登録されました。

洞窟は現在非公開ですが、フランス政府公認のもとに制作された展覧会が世界各国を巡回しており、各地で人気を博しています。

本展はその日本巡回展で、日本独自のコンテンツが加えられています。

実物大で再現される壁画「黒い牝ウシ」(C)SPL Lascaux international exhibition

実物大で再現される壁画「黒い牝ウシ」(C)SPL Lascaux international exhibition

本展の見どころを、国立科学博物館人類研究部人類研究グループ長の海部陽介さんにうかがいました。

「2万年前の人類の意外な凄さを、フランスの洞窟に描かれた壁画を通じて体感いただく展覧会です。当時の動物をモチーフにした絵の技術や迫力はもちろんのこと、意図的にデフォルメされた構図や、“トリ人間”が登場する謎の場面などをお楽しみください。

他にも驚くほど優美で繊細な動物の彫刻や、暗黒の洞窟に入るためのランプ、高度な手作業による石器などがフランスからやってきます。展示を通して作者のクロマニョン人の正体に思いを馳せるとともに、芸術の起源についてもぜひ考えていただきたいです」

1ミリ以下の精度で再現した実物大の洞窟は迫力満点。ぜひ会場でご見学ください。

【特別展「世界遺産 ラスコー展~クロマニョン人が残した洞窟壁画~」】
■会期/2016年11月1日(火)~2017年2月19日(日)
■会場/国立科学博物館
■住所/東京都台東区上野公園7-20
■電話番号/03・5777・8600(ハローダイヤル)
■料金/一般・大学生1600(1400)円 小・中・高校生600(500)円 ( )内は20名以上の団体料金 ※障がい者手帳所持者とその介護者1名は無料、金曜日限定のペア得ナイト券2000円あり(会場での当日販売のみ)
■開館時間/9時から17時まで、金曜日は20時まで(入館は閉館30分前まで)
■休館日/月曜日(ただし12月26日、1月2日、1月9日、2月13日は開館)、12月28日~1月1日、1月10日(火)
■アクセス/JR上野駅公園口より徒歩約5分、京成線京成上野駅より徒歩約10分、東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅より徒歩約10分

展覧会公式サイトはこちら

取材・文/池田充枝
1989年「サライ」の創刊時より歴史資料の調査や展覧会情報を中心にフリーランスで「サライ」の取材・執筆に携る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵 「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流…
  2. 「西洋スパラ術 外国ヨリ来ルスパラ」1887年(明治20)国立歴史民俗博物館蔵 ※展示期間:7月6日(土)~28日(日) 江戸時代から東京オリンピックまで日本の「スポーツ」の歴史を紐解く…
  3. 「平成狸合戦ぽんぽこ」セル付き背景画  (C) 1994 畑事務所・Studio Ghibli・NH 「アルプスの少女ハイジ」「平成狸合戦ぽんぽこ」日本アニメ革新者の…
  4. 松方幸次郎 写真提供:川崎重工業株式会社 この男がいなければ国立西洋美術館はなかった!? 松方コレクション…
  5. 中国陶磁を代表する唐三彩の名品【唐三彩―シルクロードの至宝】
PAGE TOP