幕末から明治・大正・昭和の初めを生きた渋沢栄一。彼の足跡は実業界だけでなく、民間外交・教育・福祉と多方面に広がる。91年の多彩な生涯を追う。

明治政府の「改正掛」として新生日本の姿を描く

大蔵省時代の栄一。度量衡、戸籍法、郵便制度、貨幣制度など、近代化に必要な制度の調査・立案にあたった。渋沢史料館蔵

渋沢栄一は2〜3年フランスに滞在する予定だった。しかし徳川幕府が崩壊。急遽帰国し、静岡に蟄居していた慶喜の元へ戻った。

井上馨(1835~1915)。栄一とともに一旦、大蔵省を辞したが、復帰後外務大臣、内務大臣などを歴任。渋沢史料館蔵

栄一は静岡藩の財政再建を任された。すぐに銀行と商社を兼ね合わせた「商法会所」を立ち上げた。成果を上げたが、明治新政府に出仕することになった。

栄一は出仕の条件として、政府に「改正掛(がかり)」の設置を求めた。有能な若手を集め、新しい国造りのプランを作成するためだ。

渋沢史料館館長・井上潤さんは語る。

「いまでいうプロジェクト・チームです。テーマごとにエキスパートを呼んで企画を考える。省庁横断で絶えず12人くらいが集まっていた。郵便制度を確立した前島密も栄一が声をかけたひとり。いま私たちの生活基盤となっているものは、ほとんどがこの時期に計画されました。わずか2年間で200件もの企画を立案しています」

錦絵『開化進歩日用双六』より「郵便配達」と「蒸汽車」。文明開化を進める基幹産業のほとんどは「改正掛」が立案した。とりわけ流通の要となる鉄道・海運の整備は急務だった。渋沢史料館蔵

栄一は、大蔵省で国家予算にもかかわるようになる。上司は大蔵大輔(大蔵省次官)の井上馨。栄一がバンクの訳語「銀行」を定着させたのも大蔵省時代のことだ。

世界遺産の富岡製糸場。大蔵省時代の栄一が伊藤博文とともに創立。栄一は事務主任を務め、尾高惇忠が初代場長に就任した。写真提供/富岡市

大蔵省を去り実業家に転身

国家予算に対するふたりの考えは「入るを計って出ずるを為す」だ。

「まだバランスシート(貸借対照表)のない時代、実に斬新な考えです。栄一はこれもパリで学んだのでしょう」と井上さん。

ところが大久保利通らはそれを無視して、軍備増強を主張した。ついに井上は失望し、大輔を辞任。栄一は、「それなら私も」と大蔵省を去り、民間の立場で世の中を支える決意をする。

※この記事は『サライ』本誌2021年2月号より転載しました。

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
8月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品